【白河だるま市2019】日程と時間は?駐車場や臨時列車は?

スポンサードリンク

年間15万個のだるまを生産する福島県白河市。

福をよぶ白河だるまの顔は、きりっとしています。

願い事をして、だるまに片目を入れ、
目標に向かって全力をつくすのは、
実現できる可能性もあがりそうですね。

だるま、手に入れて幸せになりたいですね!

白河だるま市は、これまでとり行われていた「花市」において、
松平定信公により、財政難であった白河藩の再建と町の発展を望んで、
縁起物のだるまを絵師に画かせて販売した。

というのが起源とされているそうです。

また、約700軒にも及ぶ白河だるまを売り出す露店が、
市内の目抜き通りの約1.5kmの会場内に並ぶそうです。

【白河だるま市】日程や時間は?

毎年、建国記念の日に開催されています。

地元の方にとっては、2月11日は「建国記念の日」というより、
「だるま市の日」。

2019年2月11日(月・祝)
時間:9時~19時30分

場所は、JR白河駅前の目抜き通り。

天神町、中町、本町と伸びています。

だるまを売っているのは赤いテントの露店です。

【白河だるま市】アクセス方法と駐車場について

現地へのアクセスは次のようになっています。

電車

JR東北本線白河駅、すぐ

東北自動車道白河ICから国道4号を経由し、
県道37号を白河駅方面へ車で5km

駐車場

指定の駐車場は以下の通りです。

・白河中央中学校校庭
〒961-0901 福島県白河市明戸72-5

”福島県白河市明戸72-5”

・白河信用金庫西支店
〒961-0972 福島県白河市立石96

”福島県白河市立石96”

・白河合同庁舎
〒961-0971 福島県白河市昭和町269

”福島県白河市昭和町269”

・JRAウインズ新白河
〒961-8061 福島県西白河郡西郷村小田倉字前山50

”福島県西白河郡西郷村小田倉字前山50”

・JA夢みなみしらかわ
〒961-0091 福島県白河市弥次郎窪29-1

”福島県白河市弥次郎窪29-1”

・白河厚生総合病院
〒961-0005 福島県白河市豊地上弥次郎2-1

”福島県白河市豊地上弥次郎2-1”

・白河病院
〒961-0092 福島県白河市六反山10-1

”福島県白河市六反山10-1”

また臨時駐車場も用意されます

白河駅北側駅臨時駐車場(収容台数:500台)

城山公園臨時駐車場(収容台数:100台)

なお、JR白河駅~白河病院前バス停の間は、
シャトルバスも運行されます。

開始時間の9時から11時位までは大丈夫ですが、
昼過ぎからどんどん混雑。

押し合いへし合いで周りの人みんなと接触している状態になります。

当然駐車場、周辺道路も大混雑になりますので、
お出かけになる時間によっては、
公共交通機関を利用された方がよいかもしれません。

なお、夕方4時、5時になっても人は減りません。

【白河だるま市】臨時列車について

スポンサードリンク

JR東北本線「白河駅」のすぐ近くで開催されるイベントなので、
当日は電車と徒歩で出かけるのが無難です。

例年、「白河だるま市」の開催にあわせ、
臨時列車「白河だるま市号」が運行されるので、
出かける際に便利です。

運転区間は、郡山~白河白河~郡山の往復。

全車自由席です。

最後に

最後にお役立ち情報を書いておきます。

1)白河だるまの由来

江戸時代、小峰城の大手門そばでは小正月(1月14日)に
花市が開かれ造花やだるまが売られていました。

1783年、時の城主松平定信(まつだいらさだのぶ)は、
この日に縁起のいいだるまをもっと作らせて売り出し、
藩(はん)の民の繁栄(はんえい)をはかろうと考えたんです。

お抱え絵師、谷文晁(たにぶんちょう)が作り上げたのが、
髭(ひげ)や眉(まゆ)に縁起物満載の白河だるま。

造花より人気が出て、市ではだるまが中心に売られるようになりました。

230年を超える歴史を持つ白河だるま、
白河だるま市という名前になったのは昭和38年からだそうです。

2)縁起のいい顔つき

白河だるまは表情も福々しいですが、
パーツは鶴や亀、松竹梅でできているんですよ。

  • 眉毛(まゆげ):鶴
  • びんひげ(頬ひげ):梅
  • ひげ(鼻ひげ):亀
  • あごひげ:松
  • 顔の下:竹

*干支だるまなど縁起パーツの無いだるまもあります。
*小さい達磨は顔の福パーツは省略されます。

3)だるまの選び方

だるまは目的に応じて選びましょう。

願望成就(がんぼうじょうじゅ)全てに効くオールマイティなだるまか、
縁結び一本か、仕事で成功したいのか。

色による違い

△基本色:朱色(赤)

朱色(しゅいろ)のだるまは達磨大師(だるまだいし)がまとっていた、
高僧(こうそう)の衣の朱色にちなんだもの。

朱色は魔除け(まよけ)のパワーを持ちます。

大願成就、健康・仕事に効き勝負運もアップ。

どんな願い事にもこれ一つで。

△ピンク:恋愛・子宝

ご利益は、恋愛・子宝。

「子宝」と書いた小さなだるまもかわいいです。

△青:仕事、才能

仕事で達成したいことや、資格を取りたい!という時に。

青い色なので冷静になって、浪費(ろうひ)も防げるそうですよ。

大きさの違い

初めて買う時は「小」から。

毎年一つずつ上のサイズを買っていくのがいいのですが、
お値段も少しずつ上がっていきます。

18種類あって小は300円、特大は4万円です。

*だるまで目標達成、成功できたらと、
投資される方もいらっしゃるようです。

このだるま「値切れば値切るほど縁起がいい」とされます。

お店の方も値切り前提。

お値段高めのだるまは頑張って交渉しましょう。

デザインの違い

白河だるまは「佐川だるま製作所」「渡辺だるま製作所」で作られます。

同じ福満載のだるまですが、顔のデザインはずいぶん違います。

比べてみて心にピーンと来た方をお選び下さい。

相性がいいと運気はさらに上がるといわれます。

また、基本のだるま以外にもたくさんのデザインが。

干支にちなんだもの、おみやげにぴったりもかわいく色付されたもの、
一時は「しらかわんだるま」というわんちゃんの達磨もありました。

見て回るのが楽しみですね。

4)だるまの使い方

願い事をし、努力しつつも運に任せ、
1年たったらお焚き上げ(おたきあげ)で感謝、感謝。

左の目を入れる

願い事が決まったら、墨で左目を入れます。

少し大きめに、黒々と入れてパワフルに。

右目を入れる

願い事がかなったら、右目を入れます。

願い事がかなわなくても、右目を入れます。

これは「見通しがつきますように」という意味や、
「1年間ご苦労様でした」と感謝する意味から。

どんど焼きで燃やす

だるま市の日には、天神神社と本町でどんど焼きが行われます。

だるまを持参してお焚きあげをしてもらいましょう。

さあ、あなたの運を開く相性ピッタリの「だるま」を探しに
白河へGO!

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする