風呂場の鏡を綺麗に掃除する方法は?いろんな方法を紹介します!

スポンサードリンク

風呂場の鏡は白いウロコ状の汚れが付きやすく、
水で洗い流しても効果はありません。

ただこすっているだけでは綺麗にはならないので、
効果的な方法をいろいろ紹介しますね。

風呂場の鏡に付いているウロコ状の汚れは、
大きく2種類に分けられます。

ひとつは、
水道水に含まれるカルシウム・マグネシウムなどの成分が結晶化した水アカで、
これはアルカリ性の汚れです。

もう一つは、
石けんカス、シャンプーの飛び散り、皮脂汚れなどといった、
酸性の汚れになります。

汚れの性質によっては効果がないこともあるので、
まずはそれを見極めると良いでしょう。

アルカリ性の汚れである水アカに効果があるのが、
酸性のクエン酸やお酢です。

一方、石けんカスや皮脂汚れには、
重曹などのアルカリ性成分ですね。

どちらの汚れか分からなかったり、混じっていることもあるので、
まずはクエン酸やお酢で試してから、次に重曹でという順番が効果的です。

では、具体的な方法を紹介しましょう。

風呂の鏡掃除の大本命!クエン酸で掃除した結果…

落ちますよ~水アカ汚れ。

用意するもの

  • クエン酸水
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • スプレーボトル
  • 雑巾

クエン酸は粉末状なので、
水200mlにクエン酸を小さじ1杯ぐらいで混ぜてクエン酸水を作り、
空のスプレーボトルに詰めましょう。

  1. 鏡全体にクエン酸水をまんべんなくスプレーします。
  2. クエン酸水が流れていかないようにキッチンペーパーを貼り付け、
    さらにラップを上からかけてパックします。
  3. 長い時間置くと良いので、汚れによりますが半日~一晩放置します。
  4. キッチンペーパーで円を描くようにしてこすり、水でよく洗い流します。
  5. 最後にキッチリ乾拭きして終了です。

クエン酸は家中の掃除に幅広く使えて、
しかも100均でも買えるというオトクなアイテムです。

ひとつ常備すると良いかもしれませんね。

ただし、重大な注意点があります。

クエン酸はくもり止め加工をした鏡には使えませんので、
必ず確認してください。

風呂の鏡掃除に「酢」が効く!酢に含まれる効果的な成分とは?

クエン酸が手元にないから、
他のもので代用したい!という場合は、
お酢で大丈夫です。

酢というと、お料理に使うものというイメージですが、
食用の穀物酢で使えるんです。

酢は「酢酸」(さくさん)という酸の仲間の物質を持っています。

あのツーンとしたにおいや酸っぱさの元です。

つまり、酢は酸性なので、
アルカリ性である水アカに効果的ということになります。

これは、水アカがアルカリ性の性質を持っているため、
中和して落ちやすくするためには、酸性のものが効くという原理ですね。

酢を使った掃除の仕方もクエン酸と一緒ですが、
水100mlに酢を100mlで薄めて使いましょう。

スポンサードリンク

風呂の鏡掃除での定番、重曹は汚れによって効果が違う!?

クエン酸と並んで、エコな便利お掃除アイテムである重曹は、
風呂の鏡掃除にも有効です。

ただし、汚れの種類によっては効果が発揮されないので、
注意しましょう。

重曹が得意とする汚れは、ズバリ「油汚れ」です。

油というとキッチンの換気扇が即座に思い浮かびますが、
実は人の手や体から出る皮脂汚れも油汚れになります。

また、石けんカスやシャンプーの飛び散った残りなども油汚れになるので、
こういった汚れが主に付いている鏡ならば重曹は効果的です。

油汚れは酸性になるので、
アルカリ性である重曹が合っているのです。

しかし、水道水の成分が残って結晶化した水アカ汚れの場合は、
性質が異なりますので、重曹では効果が発揮されなくなってしまいます。

ウチの鏡はどっちの汚れだろうと悩むのがほとんどでしょうし、
両方混じっていることもあるので、
お掃除の時にはまずはクエン酸か酢で試してみてください

それですっかりキレイになったならそれで良いですが、
全くダメだった…という結果の場合は、
重曹を使ってみましょう。

重曹を使う方法も、クエン酸と一緒で、
まず水100mlに重曹を小さじ1杯くらいで重曹水を作ります。

鏡全体にスプレーしたら、キッチンペーパーを貼り、
さらにラップをかけてパックします。

時間を置いてからキッチンペーパーで軽くこすり、
よく水で流してから最後に乾拭きしましょう。

重曹には研磨作用がありますので、
強くゴシゴシこするのは禁物です。

まとめ

風呂場の鏡に付くウロコ状の汚れには、
クエン酸と酢、場合によっては重曹が効果的です。

どれも身近なアイテムなので、すぐにお掃除できますね。

それでもなるべく掃除の手間はとりたくないものです。

その為にも、風呂場の鏡に水滴や石けんカスなど、
汚れをつけっぱなしにしない習慣を身に着けましょう。

お風呂からあがる際には鏡にシャワーで水をかけて、
汚れを落とします。

そして、スクイージーなどの水滴取りワイパーを使って、
鏡から水気をしっかり取りましょう。

タオルやティッシュなどは、繊維が残ることがあるので、
ワイパー類が良いですね。

簡単なのでお子さんでも出来るでしょうし、
時間もかかりません。

後のお掃除で手間がかかるよりは、
サッと毎日続ける方がラクなので、ぜひオススメします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする