総返済額減か金利変動回避か…住宅ローン借り換えってどこがいいの?

スポンサードリンク

住宅ローンは、できるだけ低い額に抑えたいものです。

そのためのひとつの方法として、住宅ローンの借り換えがあります。

簡単に言えば、今よりも低い金利の住宅ローンに借り換えができれば、
総返済額を減らすことができます。

住宅ローンは長い期間をかけて返済するものです。

今は金利が低くても、10年後、20年後の金利は、誰も予測できません。

固定金利ならば、将来的な金利上昇によるリスクを回避できますから、
安心できるメリットがあります。

しかし比較的短期間で返済するつもりであれば、
変動金利の方が総返済額の面でお得になるでしょう。

こうした点もふまえて、住宅ローンの借り換えはどこがいいのか、
考える必要があります。

以下に、住宅ローンの乗り換えに関して注意したいことをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

住宅ローンの借り換えができない場合は?再審査が通るかがポイント!

スポンサードリンク

住宅ローンの借り換えをする場合にも、審査が必要です。

この再審査に通らなければ、借り換えはできません。

総返済額を減らしたいために住宅ローンの借り換えをしたい。

なのに、審査に落ちてしまった、となると、ショックですよね。

住宅ローンの借り換えができない場合というのは、
どういうケースなのでしょうか。

まず、返済能力に関する部分があります。

具体的には、返済負担率が増えている場合です。

例えば、現在教育ローンやマイカーローンなどを利用している場合。

あるいは、クレジットカードの残債が多い、など。

年収が減っているわけではありませんが、
こうした他の返済用途があるために、住宅ローン返済に充てる金額が、
借入時よりも実質減っている、というような場合です。

心当たりがある人は、こうした他の負担分を、
できるだけ減らす必要があります。

年収は、簡単には増やすことができませんからね…

住宅ローンの返済を滞ったことがある、という人も、要注意です。

審査では、なによりも信用が大きくものをいいますから。

金融機関にもよりますが、一般的に過去直近の6か月で滞納があれば、
審査に影響があるといわれています。

また、安定的に収入が得られないような職種についている人も、要注意です。

金融機関は、何よりも「安定」ということを重視します。

返済不能となって貸し倒れになることを、金融機関は、
最も恐れますから…

高収入でも自営業の人よりも、公務員や一般企業でも業績が良く、
毎月安定した収入を得られる人の方を、優遇する傾向があります。

審査が通ればいつでも!住宅ローン借り換えはいつから可能になるの?

住宅ローンを組んで念願のマイホームを手に入れたものの、
他の住宅ローンの方がお得だと分かった場合、
借り換えを検討するのもひとつの方法です。

なにしろ金額の大きな買い物ですからね…

できれば、一刻も早く借り換えをしたい、と思った場合、
住宅ローンの借り換えは、いつから可能なのでしょうか。

まずは再審査に通ることが大前提なのです。

金融機関によっては、借り換えの条件として、
借り換え前のローンの支払いが1年間滞りなく行われていること、
としているケースもあります。

しかし、ほとんどの場合、住宅ローンの1回目の支払いを終えた段階で、
借り換えは可能です。

意外と早くから借り換えができるんですね!

ただし、まだ1回目の支払いも終えていないような早期の場合は、借り換えはできません。

金融機関としては、再審査にあたってやはり少なくとも最初の1回は、
滞りなく返済されていることを確認したいようです。

住宅ローン借り換えで後悔したくない!試算でメリットを見極めよう!

スポンサードリンク

住宅ローンの借り換えをする意義は、なんといっても、
返済額を少なくする、ということです。

そのためには、後悔しないためにも、安易に決めるのではなく、
借り換え前と借り入れ後でいくら支払額が変わるのか、
について慎重に試算したうえで決めることが大切です。

住宅ローンの総支払額に関しては、金利だけに目が行きがちですが、
借り換えの手続きに発生する諸費用も、忘れてはなりません

つまり、借り換えによる総返済額の減額分から、
必要な諸費用を差し引いた額が、借り換えのよるメリットということになります。

借り換え時に必要な諸費用とは、具体的には次のようなものがあります。

①事務手数料
②金融機関の変更により生ずる抵当権の移転に伴う抵当権設定費用
③登記に関する司法書士報酬
④保証料
⑤印紙代
など。

それだけではありません。

借り換えには、多くの書類に目を通したり、市役所に行く必要があるなど、
面倒な手続きもあります。

こうした点も含めて、借り換えでいくらがお得になるのかを試算し、
その結果わずかな金額だけになるのなら、メリットも少ないし、
面倒な借り換えは控えよう、という結論にもなります。

まとめ

マイホームの購入は、人生最大の買い物、とよく言われます。

それだけに、住宅ローンを組むには慎重にならなければなりません。

しかし、一度組んだ住宅ローンを、他の金融機関によるローンに、
乗り換えることで、その後の返済額を減らすことも可能です。

住宅ローンの乗り換えにも、もちろん審査が必要になります。

まずは、この審査に通らなければなりません。

住宅ローンの乗り換えは、ほとんどの場合、
1回目だけの返済を終わった段階で可能です。

意外と早くできるんですね。

ただし、金利だけではなく、乗り換えに必要な諸費用も、
決して安いものではなく、忘れてはなりません。

後悔しないためにも、しっかりと検討して、
上手な乗り換えをしたいものですよね。