住宅ローン審査は50歳でも可?フラット35かリレーローンはOK!

スポンサードリンク

住宅ローンを組む場合には年齢制限があるのをご存じでしょうか。

一般に20歳以上で70歳以下とされています。

さらに、住宅ローンの完済が原則満80歳以下となるような条件となります。

住宅ローンを組む場合には、「団信」に加入する必要があります

団信とは、団体信用生命保険の略で、生命保険のひとつです。

加入条件は、一般の生命保険よりはやさしいとされています。

しかし、持病や既往歴によっては加入できない場合もあります

50歳で住宅ローンを組むのは、決して不可能ではありません。

ただし、かなり厳しくなるのも事実です。

その理由のひとつが、団信に加入できないから、というものです。

住宅ローンを組むには、原則として団信に加入しなければなりません。

高齢になると、何らかの持病や既往歴があるものです。

先の長い返済に向けて、金融機関が気にするのも無理はありません。

それでは、団信に加入できない人は住宅ローンを組めないのでしょうか。

いえ、団信に加入しなくても住宅ローンを組むことは可能です。

このような場合、次の2つの方法があります。

フラット35

フラット35は、団信に加入する必要はありません。

そのため、健康状態に不安がある人でも、住宅ローンは組めます。

ただし、80歳までに完済しなければなりません

団信に加入していないので、返済期間中の万一のことも考慮すべきです。

そのためにも、団信に代わる民間の生命保険に加入するといいでしょう。

親子リレーローン

文字通り、親子2世代でローンを組むというものです。

この場合、子が団信に加入すれば借り入れることができます

借入期間を長くできる、というメリットもあります。

二世帯住宅として住宅を購入する場合には、おススメの方法です。

住宅ローンに対しては、年齢的な問題以外にも不安はあります。

  • 息子がいて奨学金を借りている場合はどうなるのか。
  • 過去に借入金の滞納歴がある場合、住宅ローンは組めるのか。
  • 時期的に審査が厳しくなるようなことはあるのか。

以下にこの3つについて紹介します。

住宅ローン審査で息子が返済型奨学金をもらっていると不利になる!?

スポンサードリンク

息子が奨学金をもらっていると、住宅ローンが組めないのでしょうか。

結論を言うと、必ずしも審査に通らない、というわけではありません

しかし、審査が厳しくなるのは事実のようです。

奨学金に限らず、ほかに借入金があると、どうなるでしょうか。

毎月返済できる金額が、その分少なくなってしまいますよね。

仮に奨学金の返済を滞納したことがある人の場合は、かなり厳しくなります。

これは、いくら年収が多い人でも同じことがいえます。

金融機関は、信用ということを第一に考えます。

「滞納」ということは、とても悪い印象を与えることになるのです。

ほかの借り入れで滞納するのだから、住宅ローンも滞納するかもしれない。

そのように金融機関に捉えられてしまいます。

お金を借りるのは構いませんが、滞納は絶対に避けたいものです。

滞納履歴が消えるのを待て?住宅ローン審査は延滞歴があっても通る?

以上のように、滞納歴があると、住宅ローンの審査はまず通りません

金融機関からの借入金の返済を滞納した場合、履歴として残ります。

滞納履歴は、信用情報として全金融機関が共有します。

では、滞納履歴はいつまで残るのでしょうか。

奨学金の滞納履歴は、5年間残るとされています。

そのため、5年後に滞納履歴が消えてから住宅ローンを組むべきでしょう。

ただし、この「5年後」という意味に注意しましょう。

滞納した時期から5年後、という意味ではありません。

滞納したことのある奨学金の返済を終えてから5年後、という意味です。

滞納履歴を知りたい場合には、次の3つの情報機関に問い合わせましょう。

① CIC
② JCC
③ KSC

銀行などの金融機関も、この3つの情報をもとに、審査をおこなっています。

ですので、住宅ローンを組む前には、確認をしておくと安心です。

住宅ローンの審査が甘くなるタイミングは繁忙期の2・3月なの?

スポンサードリンク

住宅ローンでは、2・3月が繁忙期とされています。

これは、4月からの新年度に備えて、住宅の需要が増えるためです。

それでは、この時期には住宅ローンの審査が甘くなるのでしょうか。

確かに、住宅ローンの審査の合否は、時期によっても左右されるようです。

繁忙期と住宅ローンの審査との関係も、よく言われています。

これには、金融機関によって2通りの考え方があります。

① 繁忙期の場合には、応募が多いために、むしろ審査が厳しくなる
② 逆に、多くの金融機関が3月に決算を迎えるため、審査が甘くなる

つまり、確かに繁忙期には審査が甘くなるかもしれません

しかし、逆に厳しくなって、審査に落ちるケースもあります

そのため、繁忙期で審査に落ちた場合には、閑散期に応募してみましょう。

まとめ

50歳でも住宅ローンの審査に通ることは可能です。

ちょうど子育ても一段落するくらいの年齢ですよね。

比較的収入には余裕があるものの、残りの人生も考える必要があります。

無理のない返済計画を立てて臨みたいものです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする