スーツのアイロン掛けで失敗しない!気を付けるべきポイントとは?

スポンサードリンク

社会人になれば、毎日のように着ることになるスーツ。

だけど、さすがに毎日着ていればシワになったり、
汚れ、匂いが気になってきますよね。

とはいえ、小まめにクリーニングに出すのもお金がかかったり、面倒だったり。

そんなあなたに朗報です。

なんと、自宅でスーツを洗濯したり、アイロン掛けする方法があるのです!

スーツを洗濯したり、アイロンをかけたら、傷んだり縮んだりするんじゃないの?

そんな声が聞こえてきそうですね。

でも、ちょっとしたポイントに気を付ければ、スーツにダメージを与えることなく、
洗濯もアイロン掛けもできちゃうのです。

では早速、その方法と気を付けるポイントを見ていきましょう!

スーツを自宅で洗濯する方法!洗濯後のアイロン掛けのやり方とは?

スーツのタグをよく見ると、
洗濯やクリーニングに関して色々なマークが付いていることが分かります。

なので一見、スーツは洗濯やクリーニングにはかなりシビアな気がしますが、
極端な話、注意するべきポイントを押さえていればどんなスーツでも洗濯できます。

その注意するべきポイントとは、色落ちです。

洗濯する前に、スーツの裏の目立たないところに、洗濯洗剤を一滴たらしてみてください

数分後、そこをかわいた布で拭き取ってみて、布に色が移らなければ、
そのスーツは洗濯できます。

ただし、色落ちの心配が無くても、ほつれや破れがある場合は、洗濯はやめましょう

洗濯することで、その部分を中心に傷みが広がる場合があります。

さあ、スーツを洗濯します。

まず、中性の洗濯洗剤と、
スーツを2つ折りか3つ折りくらいで入れられる、大きめの洗濯ネットを用意します。

それ以上に折ってしまうとスーツにシワがよりやすいので注意してください。

スーツの上着の前ボタンと、ズボンのファスナーを閉めて、
それぞれ洗濯ネットに入れます。

水流が選べる洗濯機の場合水流を最弱にして洗濯します。

もしも水流が選べなければ、洗面器やタライに中性洗剤を入れて手洗いにしましょう。

洗濯機によっては脱水まで行うものもありますが、
脱水に入る前に洗濯機を止め、
スーツを広げてタオルを押し当てるようにして乾かしましょう。

乾かしたら、幅広のハンガーにかけて陰干しします。

半乾きくらいになったら、いよいよアイロン掛けをします。
この状態が一番アイロンが掛けやすいです。

洗濯後のスーツのアイロン掛けは、当て布をしっかりとしてください。

アイロン掛けによる型くずれが防げます

全体のアイロン掛けが終わったら、すぐにまた幅広のハンガーにかけて、
室内に吊るしてください。これでスーツの洗濯とアイロン掛けは終了です!

スーツのシワ伸ばしをアイロンで!綺麗にシワを伸ばす方法を紹介

会社員にとっては、普段着よりも着ている時間の長いスーツ。

1日着ていると、それだけでシワが寄ってしまいます。

洗濯まではいかないまでも、アイロンでシワ伸ばしだけでも出来れば、
翌日シャンしたスーツを着ることが出来ますよね。

アイロンでスーツのシワ伸ばしをする際は、
必ずスチームアイロンを使ってください

また、スーツの素材によって温度を変える必要があり、

  • 綿や麻は180〜200℃、
  • アクリル、ナイロンは110〜130℃
  • ウールには140〜160℃

を目安にして当ててください。

スポンサードリンク

スーツのアイロン掛けで最も注意して欲しいのは、折り目です。

ズボンや、上着のえり、肩、袖の折り目は、間違えると変なクセがついてしまい、
型くずれの原因になります。

元々の折り目の形を崩さないよう、
アイロンの先の方で、力を入れずに押し当てるようにして折り目をつけていきます。

上着のえりは、裏側から生地の真ん中を引っ張るようにしてアイロンを掛け、
生地が温かいうちに両手でえりのラインを決め、
その折り目にそって優しくアイロンを当てていきます。

肩や袖は、アイロン台に上着を着せるようなイメージでかけて、
手で支えながら元々のラインを崩さないように当てていきます。

肩のラインは特にくずれやすいので丁寧に掛けてください。

また、腕から袖口はついついアイロンをスーッと滑らせてしまいがちですが、
ここは一番折り目が崩れやすい場所なので、
とにかく優しく丁寧に当ててください。

折り目がつけられたら、アイロンを滑らせるようにしてシワを伸ばしていきます。

くたびれたスーツのアイロン掛け!のりを使ってパリッとした状態に!

外回りが多かったり、何日も着ていると、
スーツがクタクタになって、ハンガーにかかっている姿も辛そう…。

スーツがくたびれているのは、よく働いた証。

ですが、やはりそんなスーツを着て朝出ていくと、仕事にも気分が乗りませんよね。

スーツをパリッとさせるアイテムとして、おそらく誰もが想像するであろう、「のり」。

のりを使ってアイロン掛けすれば、
くたびれたスーツもパリッと気持ちよく着られます。

ですが、意外と多くの方が、正しいのりの使い方を知らないのです。

アイロン掛け用ののりとして有名なのが、霧吹きタイプののり。

アイロンを掛ける前にコレをシュッとひと振りすれば、パリッとした仕上がりになります。

ですが、このスプレーを、スーツに近いところで振ってはいませんか?

スーツの近くにスプレーすると、一点に濃いのりが固まってしまうため、
スーツ全体をパリッとさせられません。

スプレーの説明書にも、20cmほど離してスプレーと書かれています。

スプレーした液体が空中でフワッと散って、
スーツ全体にゆっくりと振りかかるくらいの距離がベストです。

また、のりを付けたスーツはアイロンの当てすぎに注意しましょう。

アイロンを強く当てたり、長時間当て続けると、
のりが固まって焦げ付いてしまうことがあります。

のりを付けたスーツは、手早くサッとアイロン掛けするようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

注意点がたくさんあったかと思いますが、
逆にコレさえ押さえていれば、家でスーツの手入れが出来てしまうのです。

これらのポイントにしっかり注意して、
みなさんもパリッとしたスーツで気持ちよく出社してくださいね。

それと、やはり数ヶ月に一度はクリーニングに出した方が、
スーツも長持ちします。

面倒くさがらずに、たまにはクリーニングしてあげてくださいね。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする