染み抜きは重曹とクエン酸でなんとかなる!?使用方法と注意点は?

スポンサードリンク

いつの間にか黄ばんでしまった衣類や、
お気に入りの服の染み抜きなど、
クリーニング店にいちいち出すのは高額だったり、
面倒だったりします。

そんな時に、重曹クエン酸があれば、
自宅での染み抜きが可能な場合が多いですよ。

黄ばみやシミ部分にペースト状にした重曹を塗り付けて、
歯ブラシでなじませた後、
時間をおいてからクエン酸水を噴き付けると、
化学反応を起こして汚れが浮き上がるので、
その後は洗濯機で普通に洗うだけという簡単なものです。

ただし、自宅での染み抜きは自己責任ですから、
衣類の洗濯表示をしっかり確認し、
さらに目立たない場所で試してみてからをオススメします。

自宅でできる染み抜き!黄ばみ汚れにも試せる洗い方とは

Tシャツやブラウスなど、
洗濯機で洗っていてもいつのまにか襟や袖口に、
黄ばみ汚れやシミが目立つようになりますね。

よほど高額の衣類ならともかく、
日常使いのものまでクリーニングに出すのは、
コストがかかりすぎます。

そこで、便利なお掃除アイテムの重曹と、
クエン酸を使ってできる自宅での染み抜きプラス、
黄ばみ落としをご紹介しますね。

まずは、衣類の洗濯表示で「水洗い可」であることを必ず確認しましょう。

最近では昔よりも、
自宅で洗濯できるように作られている衣類が多くなりましたが、
水洗いも手洗いも不可になっている場合は、
ムリせずクリーニング店へ持ち込みましょう。

用意するもの

  • ペースト状にした重曹
    (重曹にぬるま湯を少しずつ混ぜて作る)
  • クエン酸水をスプレーボトルに詰めた物
    (目安として水200mlにクエン酸小さじ一杯)
  • 使わない歯ブラシ

衣類の襟や袖口など黄ばみ汚れの部分に、
ペースト状にした重曹を塗り付けます。

歯ブラシを使ってなじませたら、20~30分そのまま置きます。

クエン酸水をスプレーすると、
化学反応による泡が起こり汚れを浮き上がらせるので、
後は洗濯機で普通に洗いましょう。

一方、食べこぼしなどの染み抜きは、
まず付いてしまった食べ物などをそっと取り除きます。

その上で、先ほどの手順を踏めば大体の汚れは落ちますよ。

スーツの染み抜きを自宅で!?素材によっては注意が必要

社会人に欠かせないと言ってもいいスーツですが、
これを毎回クリーニング店に出さず、
自宅で染み抜きできたらとても助かりますね。

そこで、簡単にできる自宅での染み抜き方法を、
ご紹介しましょう。

まずは、素材を確認します。
自宅での染み抜きはある程度のリスクが伴うため、

  • 高額なスーツ
  • ウール
  • シルク

などのデリケート素材はオススメしません

用意するもの

  • 乾いたタオル
  • 濡らして固く絞ったタオル
  • 食器用中性洗剤を薄めたもの(コップ半分に洗剤1プッシュが目安)

食べこぼしなどはすぐに摘まんで取り除きます。

スーツを裏返して平らな場所に置き、
シミ部分に直接乾いたタオルをあてます。

濡らして固く絞ったタオルに、
薄めた食器用中性洗剤を含ませて、
シミの裏側からトントンと軽く叩きます。

ポイントはシミの周りから中心に向かうように叩き、
シミ汚れをタオルに移していくイメージです。

汚れが落ちてきたら、
濡らしたキレイなタオルで洗剤をよく拭きとり、
次に乾いたタオルで水気を取ったら終わりです。

シミは、早く処置すればするほどすぐに落ちます。

出先などでなにも用意がない場合でも、
ハンカチをあてて汚れを移しておくくらいは処置できるように、
何枚か持ち歩くと便利ですね。

スポンサードリンク

変色しやすい!?簡単にできるレーヨンの染み抜き方法とは

レーヨンは、人工的にシルクに似せて作られた素材ですが、
光沢や肌触りの良さ、染色が良いなどの理由で、
幅広く使用されています。

ただし、致命的ともいえる欠点が、
水に非常に弱く、縮む、変色しやすい
という点でしょうか。

こういった欠点を踏まえてか、
最近では水洗い可能なレーヨンが増えてきているようです。

しかし、他の繊維との混紡ではないレーヨン100%は大変危険です。
大人の服が子供用くらいに縮んでしまうので、
自宅での染み抜きなどはやめた方が良いでしょう。

洗濯表示で、手洗い可ならば大丈夫ですが、
その際も注意が必要です。

まずは、普通の染み抜きと同じく汚れを摘まんで取り除きます。

次にたらいなどに水をはってデリケート衣類用洗剤を決められた量入れましょう。

ここからがポイントです。

手洗い可となっていても、
水で縮みやすい特性は変わらないので、
とにかく早く洗い終えることが非常に重要になるのです。

衣類を裏返してから水の中に入れて軽く押し洗いします。
この時、力を入れたりこすったりしないようにしましょう。

水を入れ替えてよくすすぎます。
ここまでで、約1~2分の内に済ませます。

乾いたタオルで押し包むようにして水気を取り、
しわを伸ばしてから干します。
トータル5分もかけません。
とにかく手早さが重要ですね。

レーヨンはふわりとしたデザインの、
薄いオシャレ着に多く使われることがほとんどです。

わざわざしっかり脱水をかけなくても、
お天気がよければ乾くので、
かるく手でタオルドライしただけで十分のようです。

まとめ

自宅での染み抜きや黄ばみ汚れには、
ペースト状にした重曹とクエン酸水の合わせ技が効果的です。

さらにスーツの染み抜きには、
食器用中性洗剤も効くことがわかりました。

変色、縮みやすいレーヨンは、手早く洗うことが一番重要ですね。

ただし、自宅での染み抜きには注意が必要です。

始める前に必ず洗濯表示を確認することと、
目立たない場所で試すの2点は必須です。

「ドライ・セキユ系」などどいった、
明らかに水洗い出来ないものはやめましょう。

高額なブランド物や思い入れがあるものも同様です。
失敗しても構わないという衣類に限り、
試すことをおススメします。

後は、お店で購入する際スタッフに、
「自宅での水洗いが可能か」聞くことも役に立ちますね。

最近はメーカーも自宅で洗濯できるように作ることが多いので、
失敗しない具体的な方法を教えてくれることがあります。

スタッフは基本的にお店の服を着て働いている都合上、
商品の特性を理解していますし、
自分ですでに何度か洗濯や染み抜きをしていることもあるので、
簡単なお手入れ法を教えてくれたりもしますよ。

身近なお掃除アイテムを利用しつつ、
大事な衣類を傷つけないように長持ちさせましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする