【百里基地航空祭2018】日程・撮影ポイント・駐車場・穴場スポットまとめ

スポンサードリンク

【百里基地航空祭2018】概要・日程・アクセス

場所 茨城県小美玉市百里170
日時 平成30年12月2日(日)
7:00~15:00(予定) 雨天決行
アクセス 〇公共交通機関を利用する場合
・JR常盤線「石岡駅」下車後タクシーで約40分(約18㎞)
・「石岡駅」から臨時バス
・JR常盤線「水戸駅」下車後、路線バスにて「茨城空港」へ
その後タクシーで約15分(約5㎞)

〇自家用車を利用する場合
・東関東自動車道「茨城空港北IC」より約15分(約9㎞)
・常盤自動車道「千代田石岡IC」より約30分(約22㎞)

駐車場  駐車場あり

今年の百里基地航空祭の日程は
平成30年12月2日(日)となっています。

開催時間は7:00~15:00を予定しています。

雨天決行となっていますが、荒天の場合等は、
公式HPなどでご確認ください。

「百里基地航空祭」は、
茨城県の茨城空港の隣にある航空自衛隊の基地で行われる航空祭で、
例年来場者数は10万人を超える人気の祭典となっています。

首都圏で唯一戦闘機を運用している基地でもあるので、
自衛隊ファンには有名な基地の一つです。

百里基地では、航空祭とは別に「航空観閲式」が3年に1度行われる基地なので、
観閲式の開催年には航空祭は開催されません。

そのうえ、悪天候で航空祭が中止になる年もあり、
毎年行われる航空祭では無い分、たくさんの方々が楽しみにしている航空祭でもあります。、

アクセスについてですが、公共交通機関を利用する場合は、
JR常盤線「石岡駅」から臨時のシャトルバスが出ますので、
そちらのご利用をおススメします。

その他の駅からの交通手段としてはタクシーがメインとなりますが、
会場周辺では自家用車で会場に向かう車の大渋滞に巻き込まれる可能性が高いので、
個人的にはあまりオススメできません。

自家用車をご利用の場合は、東関東自動車道「茨城空港IC」から約15分か、
常盤自動車道「千代田石岡IC」から約30分で到着します。

当日は、百里航空基地内の

  • 「北駐車場」
  • 「南駐車場」
  • 「西駐車場」

無料で開放されるので、そちらを利用しましょう。

北駐車場南駐車場会場から近いので、歩いて会場入りすることが出来ますが、
西駐車場からはシャトルバスを利用して向かうことになります。

ただし、収容台数が多いのは西駐車場なので時間があれば、
確実に停められるであろう西駐車場を目指すのもアイデアの一つです。

とにかく、周辺道路が混雑しますので、
どこの駐車場に停めるのかを、事前にある程度決めて動く方が賢明でしょう。

【百里基地航空祭】予行の見どころと撮影ポイント

航空祭の数日前より、百里基地では、当日プログラムのための事前訓練が行われます。

ブルーインパルスも含め、全プログラムの訓練が行われるのは、
例年、航空祭の前日となっていますが、
2、3日前から各飛行機がそれぞれ事前訓練を行います。

日程は、航空祭が近くなると公式HPなどで公表されますので、
こちらに関してもこまめにチェックしておきたいところです。

事前訓練に関しては、当然のごとく基地外からしか見ることは出来ませんが、
航空祭当日に比べると見物人の数が少ないので、
写真撮影をするのには絶好のタイミングと言えるでしょう。

航空祭当日は交通規制などにより、撮影が制限されてしまう場所もありますので、
予行でしか撮影できないポイントも。

事前訓練時にオススメの撮影スポットを少しご紹介しておきます。

茨城空港公園

小高い丘の上にあるので、離陸した飛行機と、
基地上空を飛ぶ飛行機を見ることができるポイントになっています。

駐車場も無料なので、足を運んでみる価値はあると思います。

ただし、飛行機の離発着が目当ての方には不向きなのでご注意ください。

アラートハンガー前

滑走路「RWY03L」が使用される時に、
飛行機の離発着を間近で見られる穴場スポットです。

ただし、高いフェンスが設置されていますので、脚立等が必要になります。

使う滑走路や、飛行機によって良く見える時と見えない時がありますので、ご了承ください。

【百里基地航空祭】特別公開の内容は?

百里航空祭では、前日に地元の方々に限定して、特別公開を行っています。

当日とほとんど同じプログラムで行われますので、
非常に見応えがある事前訓練です。

対象地域が、小美玉市や茨城町など11市町となっており、
そこに住んでいる方だけに応募資格があります。

応募者の中から、さらに抽選で選ばれた方々が見る事が出来ます。

運よく特別公開が見られた方は本当にラッキーですが、
それ以外の方も、基地外で飛行機を撮影するには絶好のタイミングと言えるでしょう。

ただし、前日に本番さながらの訓練が行われることは、公式HPなどで公表されますので、
たくさんの方が撮影に訪れる可能性が極めて高くなります。

予行訓練同様、撮影スポットは様々ですが、何を撮りたいかによって異なりますので、
可能であれば前日までに一度下見に行かれる事をオススメします。

スポンサードリンク

【百里基地航空祭】駐車場について

百里基地は、お世辞にもアクセスのしやすい所とは言えません。

もちろん交通渋滞必至ではありますが、自家用車での来場をオススメします。

航空祭当日は例年、3つの駐車場が一般客用に用意されます。

基地の「西側」「南側」「北側」の三か所になっています。

会場から近いのは「南側駐車場」と「北側駐車場」になります。

会場から離れはしますが、収容台数が多いのが「西側駐車場」です。

いずれの駐車場も6:30頃に開門しますが、
開門前からたくさんの車が並びます。

ただし、注意していただきたいのは、いくら早めにとは言え、
前日から待機するのは避けた方が無難です。

どこかへ移動するように注意を促されたという体験談も聞きますし、
早くても当日4:00以降に到着した方が確実かもしれませんね。

近くに停めたい!と思い、北や南を狙いがちですが、
駐車場への渋滞や、万が一満車だった時のリスクを考えれば、
少し離れてはいても西駐車場を使うのが賢明かもしれません。

西駐車場を使う上で注意したいのは、
駐車場からシャトルバスに乗って会場に行く。というところです。

そこまでの時間を計算していないと、
お目当ての演目に間に合わなくなってしまうこともありますので、ご注意ください。

西駐車場に限らず、周辺道路の大渋滞は想定以上と考えておいた方が良いでしょう。

例えて言うならば、まだ日の出の明るくなり始めた頃には、
既に長蛇の列が出来ている道路もあります。

つまり、どれだけ早く会場に向かうのかがカギを握る。と言っても過言ではないでしょう。

駐車場へ向かう道順に関してなのですが、安全対策のためか、
年によってルートが微妙に変更されています。

去年の記憶を頼りに行くと、遠回りになる可能性もあります。

公式HPに事前に駐車場についての詳細が掲載されますので、
しっかりと確認してから出かけましょう!

上記3つの会場以外で、「茨城空港」の駐車場を思い浮かべた方も多いかと思います。

基地と隣り合っている空港ですから、思わずそちらに停めてしまおう。と思いがちですが、
航空祭当日に関しては、絶対にNGですのでご注意ください。

モラルの面から言っても、
本当に空港を利用しなければいけない旅行者の方々の迷惑になりますし、
何よりも、厳重なチェックを通過しなければ駐車することすら不可能になっています。

航空祭の当日に関して言えば、
空港の展望デッキを利用する事すら難しい状況になります。

裏を返せば、それだけ警戒されるほど人気のイベントということですね。

当然ですが、周辺道路の路上駐車なんてもってのほかです。

たくさんの自衛官が航空祭の警備のために基地周辺に常駐していますので、
諦めましょう。(笑)

周りの人にも配慮しながら、航空祭を楽しみたいものですね。

【百里基地航空祭】渋滞や混雑は?

百里基地の航空祭の来場者は例年10万人を超えています。

これだけの人が同じ目的を目指して同じ場所に向かうという事は、
相当な渋滞と混雑は覚悟しておいた方がよいでしょう。

来場時に関して言えば、
いかに早めに会場入りするかが混雑回避のポイントとなるでしょう。

無事に駐車場に車が停められれば、第一関門は突破ですからね。

会場内は、広い敷地内ではありますが、やはり飛行訓練を間近で見られる場所や、
飲食部ブースの辺りは大変混雑します

駐車場の確保のあとは、昼食などの確保も忘れずに、
早め早めに動いておきましょう。

帰り道の混雑についてですが、こちらは言うまでも無く大渋滞です。

駐車場から出るのにかなり待たされる可能性も低くありません。

帰りの渋滞を避けるには、とにかく早めに会場を後にするしか方法はありません。

お目当てのイベントが後半にある方は、混雑回避は難しいでしょう。

その場合は、急いで帰ろうとするのではなく、
少し混雑が収まるまで、車内で休憩してから出発することをオススメします。

長旅になりますので、飲食物の確保や、トイレを忘れずに済ませておきましょう。

【百里基地航空祭】穴場スポットはどこ?

航空祭当日の基地内に関しては、
どこを見ても混雑していると考えておいた方が良いでしょう。

しいて言うならば、ブルーインパルスなど、人気の航空ショーの時間帯は、
地上の展示ブースや飲食ブースが多少なりとも混雑が緩和します。

とはいえ、元々の来場者が10万人超えのイベントなので、
混雑は覚悟していきましょう!

空を飛ぶ戦闘機が見られるのは、何も会場内だけではありません。

会場周辺からもその姿を見る事は出来ますし、
北門なんかは穴場の撮影スポットにもなっています。

どうしても混雑を避けたい方は、
少し離れた所から航空ショーをご覧になってみてはいかがでしょうか?

とは言え、どちらにしても周辺道路は大渋滞必至ですのでお忘れなく!

広い敷地内に、穴場スポットが見当たらないほど混雑するという事は、
それだけ魅力的なイベントという事です。

混雑覚悟で、早起きして向かってみる価値は十分にあると思いますよ。

まとめ

アクセスが良いとは言えない百里基地に、10万人もの人が集まる航空祭です。

道路も会場も大変な混雑が予想されますので、時間に余裕を持って出かけましょう。

ゆったりと写真撮影がしたいのであれば、事前訓練がおすすめです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする