自転車のサビ取りにピカールは使える?効果は?

スポンサードリンク

新品でピカピカの自転車もいつの間にか所々に、
サビが付いて古びた感じになってしまいますよね。

自転車のサビは見た目だけでなく、異音の原因となったり、
ブレーキの効きが悪くなる等、機能面でも不具合が出てきます。

自転車のサビを見つけたら、すぐに金ブラシ等でサビを剥がして、
雑巾で乾拭きするとサビは取れますが、中にはサビが金属の奥まで、
広がっていて、なかなか取れないなんて事もあります。

そんな時におすすめなのが「ピカール」と言う商品です。

元々は金属研磨剤ですが、サビ落としにも使えるんですよ。

焦げ付いた鍋等にも使える為、一家に一本は置いておきたい、
便利アイテムです。

ピカールは液状やクリーム状になっています。

自転車のサビ付いた部分にぬって数分間浸透させた後、
雑巾で擦ってサビを落としますよ。

雑巾で擦っても落ちない場合は、金ブラシ等で擦ると、
落ちやすくなります。

この時力を入れ過ぎると傷がついてしまいますので力加減に、
注意して下さいね。

後は雑巾で乾拭きして残ったピカールを拭き取りましょう。

サビが取れてピカピカになりますので、一度お試し下さいませ。

実はピカールの他にも意外なものでサビ取りをする事が出来ます。

それは皆さんお馴染みの飲料水「コーラ」なんですよ。

コーラに含まれるクエン酸がサビを落としてくれるのです。

また、トイレ用洗剤の「サンポール」にも、サビ落としの、
効果があると話題になっていますよ。

サビにサンポールをかけてこするだけできれいになります。

しかしサビを落とした後、水で洗い流しただけでは、
再びサビが出てきてしまいます。

中性洗剤等につけて中和させればサビは発生しませんので、
サンポールを使う際には気を付けて下さいね。

他にも金属の潤滑剤や防錆として有名なのが、
クレ 556」ですよね。

こちらもサビ落としに効果がありますが、綺麗になった後は、
チェーンオイルを塗っておかないと、再びサビ付いてしまいます。

自転車のサビ落としには、意外なアイテムも使う事が出来ますが、
それぞれ使用方法を知っておかないと、前より酷いサビに、
なってしまう可能性もありますから注意して下さいね。

それではそれぞれのサビ落としアイテムについて、
もう少し詳しく見ていきましょう。

そんな使い方が!?自転車のサビ取りにコーラが使えるって本当!?

コーラで金属のサビが落ちると言う動画が話題になっているのを、
ご存知でしょうか?

何だかコーラとサビ落としって全然結びつきませんよね。

しかし自転車のサビ付いた部分にコーラをかけて、
雑巾やスポンジ等で拭き取っただけでサビを落とす事が出来るんです。

実はコーラに含まれているクエン酸はサビの粒子を破壊する
効果があるので、コーラでサビを落とす事が出来るのですよ。

スポンサードリンク

ただ、サビ付きが酷い場合は効果が薄い様です。

その様な時は、コーラに一晩つけ置きする事でサビが、
落ちやすくなります。

コーラを使用した後は、しっかりと水で洗い流しておきましょう。

水で流さずに数日放置していると、コーラのクエン酸成分が逆に、
自転車をサビ付かせてしまいます。

自宅にコーラがあれば手軽に試せますので自転車のサビ落としに、
活用してみてはいかがでしょうか。

えっ!サンポールで錆取りしても自転車は大丈夫なの!?

トイレ洗浄剤でよく知られているの「サンポール」も、
サビを落とす効果があります。

サンポールの成分は塩酸でサビを溶かす働きがあるんですよ。

サビ付いたチェーンをサンポール液の中に付け、
10分ほどつけ置きすると、サビが綺麗に落ちていきます。

チェーンを外せない場合はそのままかけて使用しましょう。

次第にサンポールの液に泡が発生しサビを溶かしていきます。

綺麗になったチェーンはそのままにすると再びサビが、
発生してしまいます。

ここで中性洗剤の中にチェーンを入れて中和させましょう。

チェーンを水で綺麗に洗い流し、チェーンオイルで、
お手入れしたら完了です。

サンポールは刺激物ですので手や衣類に付かない様、
十分注意して下さい。

マスクや手袋をして作業した方が安心ですね。

自転車のチェーンのサビ取りに556は効果がある?

クレ556は金属製品の防錆・潤滑剤として幅広く、
利用されていますね。

価格も安価で使い勝手も良いので、一家に一つ置いておきたい、
万能スプレーでもあります。

自転車のチェーンが錆びてしまったと言う時にも、
556は効果がありますよ。

サビている部分やチェーンに556を吹きかけ、
雑巾やウエス等で拭き取って下さい。

サビや汚れが綺麗に落ちていきます。

よく556を自転車のチェーンに吹きかけたら前よりも、
サビが酷くなった!と言う声を聞きますが、556の主な成分は、
灯油なので揮発性があり、時間が経つと油分も一緒に、
蒸発してしまいます。

556でサビや汚れを綺麗にした後は必ずチェーンオイルを、
注油しておきましょう。

まとめ

今回は自転車のサビ取りアイテムをご紹介いたしましたが、
いかがでしたでしょうか。

私達の身の回りにあるお馴染みのアイテムが自転車のサビ取りに、
効果があるなんて驚きますし、ちょっと試してみたくなりますね。

綺麗な自転車は気持ちも明るくなります。

諦めていた自転車のサビも、意外なアイテムで、
ピカピカに蘇るかもしれませんよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする