気付いたら冷蔵庫が汚い!?綺麗に保つ掃除方法とは?

スポンサードリンク

冷蔵庫は毎日使うものですね。

それに当たり前ですが、1年365日24時間しっかり働いてくれています。

それなのに、掃除となると、3ヶ月?半年?いや、
1年に1度の年末大掃除ぐらいでしか、しっかりと掃除していない気がします。

でも最近気になるのは、

  • ちょっと冷え方が悪くなってきた気がする
  • 冷凍室の霜も増えてきたような気がする
  • それに、開けた時に匂いがする気がする

「気がする」と言ってきましたが、これは、気のせいではないですよね。

横着もので、ズボラな性格から、
どうしても、気のせいにしたかったんですが、
重い腰をあげて、ちゃんとお掃除してみたいと思います。

でも、そもそも掃除方法って?
全く冷蔵庫を掃除していない私、調べてからお掃除してみたいと思います。

すぐできる冷蔵庫の内部の掃除方法!

まずは、冷蔵庫の洗剤について調べてみました。

すると多く検索でヒットしたのが、
「重曹」と、「クエン酸」でした。

こちらは両方とも天然由来のものなので、何と言っても、
安心安全なものなので、口に入れるものが入っている冷蔵庫、
これならお掃除にはオススメですね。

なんだか、綺麗になっても洗浄力の強いきつい洗剤とかは、
冷蔵庫には使用したくないですよね。

この2つ、「重曹」と「クエン酸」を使い分けてまずお掃除してみます。

まずは、一旦、冷蔵庫の中身を取り出す!
と書いてあったので、取り出してみました。

リビングテーブルいっぱいになりました!!!

恐ろしい…こんなに詰め込んであったなんて。

それも、テーブルに置く前にすぐゴミ箱へ行くものもありました。

反省です。

全部取り出してみると、

  • 全く必要出ないもの
  • 腐っているもの
  • 賞味期限が切れているもの

いっぱい出てきました。

これは、掃除以前にこれだけでもする価値はありました。

きっと臭いの原因もこの中にしっかりいました…

と、反省したところで、掃除再開!

まず、重曹スプレーで拭き掃除!

重曹スプレーは、水100mlに小さじ1杯の重曹を溶かします。

この時に重曹は水に溶けにくいので、ぬるま湯で溶かすのがポイント。

重曹はネバネバとした油汚れに強いので、
たれ?ドレッシング?もうなにか分からなくなってるねっとりしたものに、
重曹スプレーをふんだんにかけて、ぞうきんで拭き取りました。

この時、ぞうきんは綺麗な新しいものがいいようです。

使い古したぞうきんには雑菌がいるので、かえって繁殖させてしまいます。

私は新しいタオルではなくて、キッチンペーパーで拭き取りました。

重曹は手垢などの汚れ落としにもいいので、冷蔵庫の外の拭き掃除にも、
適していて、よく手で触る部分は本当に綺麗になりました。

重曹は油汚れに強い上に、消臭効果もあるので、冷蔵庫のお掃除には、
もってこいですね!何と言っても口に入れても大丈夫なものなので安心です。

次に、クエン酸ですが、こちらは、油汚れよりは、水垢が得意

また、食中毒などの原因とされている、サルモネラ菌やその他雑菌など、
菌を除去する効果もあるとのことなので、
野菜室と、チルド室(お刺身や、お肉を入れるところ)の掃除に。

こちらのクエン酸もスプレーボトルを作りました。

水100mlにクエン酸1/2を混ぜました。

重曹と違って水に溶けやすいので、ぬるま湯出なくても大丈夫でした。

こちらもスプレーでふりかけて、キッチンペーパーで拭き取りました。

ほぼ掃除なんてしなかった冷蔵庫の中ですが、この2つでしっかりと、
拭き掃除ができました。

こんなに汚れてたんだと、キッチンペパーの使用量で感じています。

で、最後に、アルコール除菌スプレーがあれば、吹きかけて置くと、
さらに効果があるようです。

うちには食事前に毎日、テーブルをアルコール除菌スプレーしていて、
ちょうどあったので、最後に冷蔵庫にもふりかけて、終了。

正直な感想は、
冷蔵庫ってこんなに明るかったかな?
って思えるくらい綺麗になりました。

というより、無理やり詰め込んでたいらないものを整理できたのも、
大きい要因ではあると思いますが。

でも気持ちいいものですね!

よっし!これだけ綺麗にしたので、次は、冷蔵庫の裏側!
と、勢いに任せて裏側の掃除をしてみようと思います!

スポンサードリンク

冷蔵庫の後ろは放っておくと埃まみれ!簡単な掃除法でピカピカに!

冷蔵庫の裏側って、掃除したのいつだったかな?
こちらも年末の大掃除?いや、それもしていない気がします。

恐る恐る裏側を覗いてみると…
ホコリまみれ!!!

また検索!どうやって動かすの?どうやって掃除するの?

冷蔵庫はもちろん全てではないようですが、ほとんどのものが、
背面の足の下がローラーになっているようです。

手前の足の部分が高さ調整できるネジになっていて、
そこをくるくると回せば上がっていきます。

それでできた隙間に手を入れて、持ち上げると背面のローラーで、
動かすことができます。

おお、割と簡単!もっと大変な作業かと思いましたが、大丈夫でした。

そういえば引っ越しの時とか、こうやって移動してますよね。

で、動かしてみると、ホコリホコリ…

それを掃除機で吸い取って、拭き掃除して終了。

こんなに簡単な掃除なのに、なんで放置していたのかと思いますが、
なかなか、裏側まで掃除行き届かないですよね。

冷蔵庫を動かす前には、必ず電源タップを抜いてからにしましょうね。

最初に驚いたのは、電源周りにもホコリがすごかったです。

これは、火災の原因にもなるので、もう少しこまめに掃除するべきですね。

でも毎回毎回、冷蔵庫を空にして、冷蔵庫動かして、って、
ちょっと大変ですよね。

もっと簡単にできないかな?

針金ハンガーってご存知でしょうか?

お掃除グッズとして定番になるつつありますが、これは、
針金のハンガーと履き古したストッキングを組み合わせて作るもの。

私は、手の届かない、エアコンの上の掃除で以前使用したことがあります。

これが、この冷蔵庫の隙間の掃除に便利とのこと!

ホコリは磨いたり、こすったりがいらないので、静電気で取れます。

なので、私のように冷蔵庫を動かしてまで、大掃除をした後は、
この簡単な針金ハンガーでこまめに掃除で大丈夫ですね。

まとめ

今回、冷蔵庫のお掃除をして、綺麗になったのはもちろん気持ちいいですが、
一旦中身を全て出して、入れ直しをして、
冷蔵庫の中身を確認できたことも主婦としてはよかったです。

たまに、まだあるのに同じものを買い足してしまったり、
買いすぎて賞味期限を切らしてしまったり、
そういったことが防げると、経済的にもよかった気がします。

後、詰め込んでいたので、冷蔵庫の効き目が弱く感じていました。

きっとこれは電気代も節約できたのでは、と思っています。

年に1度とは言わず、これからも定期的に掃除してみようと思います。

スポンサードリンク