ディズニーハロウィン2018の期間はいつまで?仮装のオススメは?

スポンサードリンク

近年、ハロウィンは日本でも定番のイベントとなりましたよね。

ディズニーランドでも、9月から10月のハロウィン本番まで、
【ディズニーハロウィン】というスペシャルイベントが開催されます。

今年の開催日程2018年9月10日(月)~10月31日(水)となっています。

パレードもゴーストが出てくるストーリー仕立てのものが上演されるなど、
パーク内はまさにハロウィン一色になります。

建物やキャストに至るまで、様々なところにゴースト達が登場するので、
大人でもワクワクすること間違いなしです!

ディズニーハロウィンの期間中は、パーク内全てのエリアで、
来場者もディズニーのキャラクターに変身して楽しむことが出来ます。

仮装可能なのは、もちろんディズニーのキャラクターのみで、
他にもいくつかのルールが設けられていますので、きちんと守って楽しく変身しましょう。

ちなみにルールというのは、

  • 「ディズニーキャラクターに変身すること」
  • 「過度なメイクや危険なアイテムは禁止」
  • 「露出が多いものや全身タイツは禁止」
  • 「きちんとマナーは守る」

以上の4点です。

公共の場で楽しむために当たり前の事ばかりですので、
羽目を外さなければ大丈夫、思いっきり仮装しちゃいましょう。

ただし、分かりづらくなってしまうので、
ディズニーリゾートのキャストの仮装をするのはやめましょう。

では、どのような仮装をすれば、今年のディズニーハロウィンを楽しめるのでしょうか?

今年のディズニーハロウィンの主役は「ゴースト」なので、
ちょっぴり怖いゴーストの仮装なんかが今年らしくてオススメです。

ハロウィンになると脚光を浴びる「ヴィランズ」(悪役)に変身するのもオススメ。

普段ではマネ出来ないような悪役たちに、かっこよく変身すれば、
目立つこと間違いありません。

ディズニーハロウィンはパーク全体がハロウィンムードなので、
普段は恥ずかしくて仮装なんて…と思っている方も大丈夫!

思いっきりなりきって、誰よりもハロウィンを楽しんじゃいましょう。

ディズニーハロウィンの仮装を私服で!おすすめのコーデは?

ディズニーハロウィンのために衣装を!と思うと、
出費が痛くてなかなか手が出ませんよね。

そんな方には、普段着として着まわせる衣装がオススメです。

ディズニーバウンド」と呼ばれ、
私服でディズニーキャラクターを表現するファッションが密かにブームとなっており、
その方法は本当に様々で、おしゃれな着こなし方もたくさんあるんです。

色を合わせる」「形を合わせる」などで衣装を選んでおけば、
ハロウィン以外でも活躍できること間違いありません。

オススメとしては王道ですが、やはりプリンセスの衣装です。

スポンサードリンク

例えば、好きなキャラクターのテーマカラーのAラインのワンピースを着れば、
気分はプリンセス。

ハロウィン当日は、髪型(ウィッグ)や小物で、
ぐんとプリンセス感をアップしましょう!

有名キャラクターであれば、そのキャラクターの色合いをコーデで表現するなど、
普段着でいくらでも変身することは可能です。

ハロウィン参戦当日は、プリンセス同様に、
帽子や小物(つけ耳やしっぽなど)でキャラクターの特徴をしっかりおさえましょう!

ディズニーハロウィンの仮装に初参加!初心者のおすすめは?

先ほどもご紹介した「ディズニーバウンド」で、
普段着+髪型・小物の組み合わせがおススメです!

ばっちり仮装用の衣装を着るとなるとメイクや髪型、立ち振る舞いなど、
その他の部分でのクオリティが求められますので、
初めて参加するのであれば、ハードルの低い私服風の物が良いでしょう。

分かりやすい人気キャラクターの仮装もオススメです。

人気のキャラクターは仮装する人数も多く、その種類も様々なので、
特徴さえつかんでいれば、悪目立ちしてしまう事もありません。

何度か通って、周囲のレベルを見てから、
個性的な仮装にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【ディズニーハロウィン】仮装の着替えスペースは更衣室以外にある?

ディズニーハロウィン期間中は、パーク内入り口付近に着替えスペースが用意されます。

しかし、着替えスペースの待ち時間だけで何十分も待つことも。

せっかくディズニーハロウィンに来たのに余計な時間を取られてはもったいないですよね。

しかし、パーク周辺には着替えられるようなスペースはありませんので、
お昼過ぎてからのスキマ時間を狙って更衣室を利用するか、
お家やホテルからある程度の仮装は済ませておいた方が無難でしょう。

パーク近くの駅のトイレなどで着替えている人もチラホラ見かけますが、
みんながそんな事をしたら大変なことになりますよね。

色々な事を考えると、多少遠くから仮装して来ても、
恥ずかしくないような仮装を選んでおくのが賢明という事になります。

小物やメイクの仕上げは、パークの待ち時間などでも可能だと思いますので、
移動可能な部分まで仮装して、パークに向かいましょう。

まとめ

更衣室の混雑を待つのが苦で無いなら、
衣装を持ち込んでフル仮装するのも良いと思いますが、
普段着にもなじむような物を選んでおけば、何かと便利だと思います。

今年のハロウィンは、いつもとは違う自分で夢の国を満喫してみるのはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする