【ビッグひな祭り】お願い触るのはやめて!「勝浦」は2か所ある⁉

スポンサードリンク

ビッグひな祭り!お願い触るのはやめて!と言いたくなる圧巻の眺め!

ビッグひな祭りというイベントをご存知でしょうか?

徳島県の勝浦町で2月の後半から3月末までかけて行われているイベントです。

この時期になると、人形文化交流館には3万体ものひな人形が飾られます。

1番大きなひな壇だと100段!

その高さはなんと100メートルもあるんです!

ずらりと綺麗に並んだお雛様はもう圧巻の一言で、
まさにお雛様のピラミッド!

その迫力は写真に収めたくなるほどですよ。

人形文化交流館

住所:徳島県勝浦郡勝浦町大字生名字月ノ瀬35-1
電話:0885-42-4334
料金:一般300円、小学生100円
営業時間:9時から16時
アクセス:JR徳島駅→徳島バス勝浦線で約60分「人形文化交流館前」下車

ビッグひな祭りが開催される「勝浦」は2か所ある!?

実はビッグひな祭りが開催されるのは徳島県だけではありません。

千葉県の勝浦市でも、同じくビッグひな祭りが開催されているんですよ。

千葉県のかつうらビッグひな祭りは、
2月後半から3月3日までの開催時期となっています。

かつうらビッグひな祭りでは、市内の各所に3万体ものひな人形が飾られて、
勝浦市全体がひな祭りムードになっています。

よく見るタイプのお雛様の他、変わり雛やかわいらしいお雛様、吊るし雛など、
色んなタイプのお雛様を見て楽しむことができます。

かつうらビッグひな祭りの見どころはいくつかあるんですが、
その中から「ここだけは見に行くべき!」という所をピックアップしますね。

遠見岬神社「冨咲の石段」

お雛様の展示をしている所の中でも見どころなのが、
遠見岬神社の「冨咲の石段」。

60段ある石段に、大小さまざまなひな人形がおよそ1,800体も飾られて、
見る人の目を奪います。

遠見岬神社のお雛様は、17時から19時までの間はライトアップされて、
昼間とはまた違った美しさを演出してくれますよ。

ちなみに、遠見岬神社のお雛様は毎日きちんと出し入れしてるんだとか。

雨などの悪天候の場合は、石段のお雛様展示が中止となるためご注意を…!

<遠見岬神社>

住所:千葉県勝浦市浜勝浦1
電話:0470-73-0034
展示時間:9時から19時

覚翁寺(かくおうじ)山門前

スポンサードリンク

覚翁寺では、10段飾りのひな壇に、およそ800体ものお雛様が飾られています。

遠見岬神社に比べたらだいぶこじんまりした感じですが、
横に広くずらっと並んだお雛様は遠見岬神社と同じくらい素晴らしいものとなっています。

写真にも撮りやすいので、記念撮影におすすめの場所ですよ。

ただ、こちらも雨天など悪天候の場合は展示が中止となるのでご注意を。

<覚翁寺>

住所:千葉県勝浦市出水1297
電話:0470-73-3115
展示時間:9時から18時30分

勝浦市芸術文化交流センター・キュステ

かつうらビッグひな祭りのメイン会場です。

こちらではなんと8,000体ものひな人形が展示されているんですよ。

一般のひな人形の他、江戸時代中期から作られた享保雛、
宮中の御所を模した御殿雛といった歴史的に貴重なひな人形も展示されています。

その様子は、まさにひな人形博物館!

キュステを訪れなければ、かつうらビッグひな祭りに行ったとは言えないくらい。

多くのひな人形を飾った展示にばかり目が行きがちですが、
こういった歴史的なお雛様もまた味があって見ごたえがありますよ。

<勝浦市芸術文化交流センター・キュステ>

住所:千葉県勝浦市沢倉523番地1
電話:0470-73-1001
料金:300円(中学生以下無料)
展示時間:9時から19時

このほか、稚児衣装を着たかわいらしい子供たちのひな行列や、
勝浦市内の舞踊団体による踊りのパレードなどの見どころもありますよ!

町全体でひな祭りを盛り上げている感じがして、良いですね。

また、期間中は無料のシャトルバスも運行しているので、
かつうらビッグひな祭りを楽しむ際はぜひ活用してください。

知ってた?ビッグひな祭りに雛人形が寄付できる!

ひな人形の処分って、どうしたら良いか分かりませんよね。

だったら「処分」じゃなくて「寄付」してみませんか?

ビッグひな祭りでは、もう飾らなくなったひな人形を寄付することができるのです!

徳島県や千葉県のビッグひな祭りで使われているひな人形は、
全国から寄付されたものです。

(千葉県のかつうらビッグひな祭りは寄付された人形以外にも、
徳島県勝浦町から譲り受けたひな人形もあります。)

もう飾られなくなったひな人形が、
一大イベントで多くの人に見てもらえる…

素晴らしいことですね。

徳島県と千葉県のひな人形寄付について説明します。

徳島県の場合

徳島県勝浦町の場合は、毎年1月末の土日にひな人形の寄付の募集がかかります

寄付の方法に関しては、
人形文化交流館へ持ち込むか、郵送(送料はお客様負担)のどちらかになります。

受付時間は9時から16時。

ちなみに、料金は5,000円から。

寄付する人形の数によって料金が変わるのでご注意を。

料金の支払いは、持ち込んだ際の現金払いか、銀行振込のどちらかが選べます。

千葉県の場合

千葉県勝浦市の場合は、4月後半に開始される電話予約が必須となります。

電話予約ができるのは、4月後半の予約開始から10月または11月ごろまでです。

年によって変動するので、公式の情報をチェックしてくださいね。

(2018年は4月24日から11月30日まで。)

予約をしたら、10月から予約順に申込書と払込取扱票が送られてくるので、
保管料を払って人形を送りましょう。

保管料は、初回のみ7,000円かかります。

ちなみに、ガラスケースは送ることができないので、
ケースは自分で処分しましょう。

<ビッグひな祭り実行委員会(市役所観光商工課内)>

電話:0470-73-6641 (受付時間:平日8時30分から17時)

<画像引用>
●インスタグラム
https://www.instagram.com/japan_car_trip_1115/
https://www.instagram.com/aiai_mini/
https://www.instagram.com/hi_romiromi/

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする