ペット保険の審査なしは要注意?それより保険料と補償で検討しよう!

スポンサードリンク

かわいいペットのために、人間と同様、保険に入っておきたい、
という人も、多いでしょう。

ワンちゃんや猫ちゃんだって、もちろん病気やケガもしますし、
そうなると、かわいそうで放っておけないですよね。

人間とちがって、ペットが病院にかかると実費となりますから、
治療費もどうしても高額になります。

そのため、ぜひとも保険に入っておきたいのですが、
通常、ペット保険に加入するにも当然、審査があります。

なかには、審査なしでも入れるペット保険もあります。
例えば、1歳の元気な猫ちゃんの場合、疾病のリスクも少ない、
と判断され、審査なしで入れるケースもあります。

しかし、たとえ審査なしで加入できたとしても、
その後の保険料や補償内容で果たして満足できるものか、
大いに疑問です

審査なしで簡単に入れる保険よりも、あくまでも月々の保険料や、
受け取れる保険金など、補償の中身を十分に検討して決めるべきです

ここでは、間違いのないペット保険の選び方について、
紹介します。

ペット保険は病気でも入れる?加入不可の疾患以外は申し込んでみて!

スポンサードリンク

人間の生命保険と同様、ペット保険でも、加入する場合には、
健康であることが前提です。

病気にかかっている場合、人間でもペットでも、
審査にはマイナス要因となってしまうのは当然です。

しかし、病気でも入れるペット保険もあります。

過去に病気にかかったことがあっても、病名によっては、
すでに完治して再発の可能性も低いと判断されれば、加入できます。

また、現在病気にかかっている、持病がある、という場合でも、
病名によっては加入できることがあります。

もちろん、ガンや腎不全、糖尿病など、病気によっては、
どのペット保険でも加入が難しいとされています。

それでは、どの病気ならば、現在かかっていても入れるのでしょうか。

どの病気なら加入できるのかは、各保険会社によって異なり、
それらは具体的に明記されています

それに該当しないのであれば、加入できる可能性がありますから、
あきらめずに申し込んでみましょう。

ペット保険ってどこがいいの?口コミ内容の分析とコスパがポイント!

ペット保険に加入したいけど、保険会社はたくさんあるし、
資料請求はしてみたものの、どこがいいんでしょうか…

そんな迷っているあなたに、口コミでも評判の、
おすすめのペット保険を3つ紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

アニコム損保

なんといってもペット保険業界のシェアNo.1を誇っています。

加入できるペットは犬や猫のほか、鳥やウサギなどもOK。

窓口で保険金の精算ができる、とても便利な「どうぶつ健保」に、
対応している病院が増加しているのも、うれしいですね。

au保険

保険金の支払額限度内なら、何度でも支払を受けられます

かかりつけの動物病院の医師による、年中無休で24時間、
電話での相談が受けられます。

そのほか、大手通信キャリアならではの特性を生かした、
他社にはないさまざまな個性あるサービスが受けられるのも、
大きな特徴です。

PS保険

顧客満足度が高く、まさにペット保険を代表する保険会社です。

ペット保険をお探しの人なら、
一度は耳にしたことがある保険会社ですよね。

最大で110万円もの手厚い補償がありながら、保険料も、
業界でも最安値水準なのも魅力です。

ペット保険加入条件には「数ヶ月中に予防目的以外の診療がない」も?

スポンサードリンク

ペットの新規加入の条件として、告知の義務というものがあります。

これは、人間の保険でも同じことであり、保険にはつきものなのです。

保険会社がペットの健康状態を知るためにも、重要な事項です。

通常、病気やケガに関して、過去数カ月以内に、
予防目的以外での通院や入院、手術などの診療を受けた場合、
告知をしなければなりません

例えば、過去に狂犬病やフィラリア症などの予防接種を受けた、
というのであれば、何ら問題はありません。

予防接種以外での受診に関しては、一般的に、
過去2~6カ月以内、という例が多いようです。

これは、現在すでに完治している場合や、1回のみの通院に関しても、
正直に告知しなければなりません。

もし告知の義務を怠っていた場合、
保険金を受け取れなくなる場合がありますから、要注意です。

まとめ

大切な家族の一員であるペットを保険に加入する際には、
保険会社も慎重に選ぶ必要があります。

審査が通りやすいというだけではなく、あくまでも、
加入後に支払う保険料や補償内容をよく吟味しましょう

ペット保険は意外とたくさんあります。

それぞれに一長一短がありますから、口コミなども参考にして、
自分のペットに最もふさわしい保険会社を選びたいですよね。

ペット保険への加入に際しては、健康状態の告知も、
正直に行う必要があります。

審査に通ることだけを考えてウソの告知をしても、
後に必ずバレて、保険金を受け取ることができなくなります。

大切なペットを思う気持ちがあれば、
ペット保険選びも入念におこないたいものです。