香川真司の経歴はずば抜けていた!?可愛すぎる天然キャラとは?

スポンサードリンク

今や、世界でも注目される選手となった香川真司。

2018年のワールドカップで、日本代表にとって大会初ゴールを決めたのも、
香川選手でしたね!

スター選手は、やはり学生時代からずば抜けた才能と実力を持ち合わせていたようです。

香川真司の出身地は兵庫県神戸市なのですが、
実は中学生の頃から親元を離れて、遠い宮城県の学校に進学し、
「FCみやぎバルセロナ」という県を代表するクラブチームに所属していました。

FCみやぎバルセロナは、試合中にパス禁止令が出る事もあるほど、
ドリブル突破や個人技に力を入れたチームでした。

このチームでの経験は、
間違いなく現在の香川選手の素晴らしいドリブルテクニックに繋がっているでしょう。

高校時代も、続けてFCみやぎバルセロナでプレーを続け、
高校2年生の時にはU-18の東北代表にも選ばれました。

香川真司が在籍中のU-18東北代表の勢いは凄く、
U-18の日本代表相手に5対2の大差をつけて勝利するなど、
素晴らしい成績をおさめた試合もありました。

もちろん、その試合でも香川選手は大活躍!

3アシストを記録し、チームの勝利に大きく貢献しました。

そんな素晴らしい才能を持った選手に、
いち早く目を付けたのが「セレッソ大阪」でした。

当時のスカウト担当者は、

もう1年待ったら、全チームがオファーして来るだろうと思った
全国に知れ渡ってしまったので、やばいと思い、
今ならまだ獲得できる可能性は高いということで、
思い切ってオファーを出した」

と語っています。

プロのスカウトを焦らせる彼の実力は、言うまでもありませんね。

高校二年生にして、晴れてセレッソ大阪とプロ契約を結んだ香川選手、
まさに飛び級。伝説は本当でした。

ちなみに、Jリーグの育成組織出身でない高校生がJリーガーとなったのは、
香川真司が初めてなんですよ。

誰よりも早く、スター選手としての道を歩み始めていたんですね!

幼稚園からサッカー人生を歩んでいた!?香川真司の華麗なる幼少期!?

香川真司がサッカーを始めたのは、幼稚園の頃だと言われています。

幼少期の性格は、大人しい子どもだったようなので、
目立つタイプでは無かったのですが、

当時の幼稚園の先生の中に

「夕方までボールを蹴っている姿が印象的だった」

と話している人がいるように、
この頃から既に、サッカーがボールが好きなイメージだけは強かったようです。

香川真司は、幼少期に家の側で夕方まで家族でサッカーをしていたのが、
自分がサッカー選手になったベースになっていると自身でも話しているように、
物心ついたときには既にサッカーボールに触れていた。という、
ある意味英才教育(!?)を受けて育ったのかもしれませんね。

家族との楽しい思い出から、サッカーを大好きになった香川選手、
見習うべき家族の形かもしれませんね。

その後、小学校に入学した香川真司に運命の出会いが訪れます。

スポンサードリンク

入学後の7月、香川選手の通う小学校に「キング・カズ」こと三浦知良選手が訪れました

この頃から、香川真司の憧れは「カズ選手」になり、
今でもその思いは変わっていません。

この出会いもまた、
香川真司のプロサッカー選手への道を大きく開いたキッカケになった事は、
間違いないでしょう。

思わず胸がキュン!香川真司の可愛すぎる天然キャラのエピソード

香川真司と言えば、真面目で、見るからに優しそう。

でも、プレー中は果敢に攻める攻撃的な一面も。
と、様々な顔を持っていますが、

そんな中でも「天然」な部分が可愛いと話題になっています。

お茶目なエピソードを少しご紹介しますね。

漢字が出てこない!?

高校時代の学力に関しては、あまり良いという情報を聞かない香川真司。

勉強の方はちょっぴり苦手なようです。

そんな姿が垣間見られたのが、
「情熱大陸」という番組の取材中、
記者からサインを求められ、快く引き受けたのですが、
「情熱大陸」の「熱」の文字のところでペンが止まってしまった香川真司。
結局、分からなかったのか、スタッフに聞きながら書く姿が映っていました

困っているところを撮られて、少し困ってしまった香川真司、
そういう可愛い一面が、彼の人気を高める理由なのかもしれませんね。

パンツを見せちゃった!?

同じく「情熱大陸」での一場面。

槙野選手と日本料理店での食事の場面で、
チームメイトとの言葉の壁の話をしていた時に、
なぜか、お互いの「勝負パンツ」を見せる。という不思議な流れに。

そこで見せたのがピンクの勝負パンツという何とも可愛い香川選手。

一体なぜ、日本料理店で、テレビの前で、全然関係ない話から、
この流れに行きついたのか、、
天然の彼ならではのエピソードですよね。

そんな無防備な着飾らない性格も、素敵な一面なんですけどね。

学生時代の友人から

「サッカーでうまくいかなかったら、どうするんだ?」

と当時から心配されるほどの天然キャラだったようで、
サッカー選手になった香川真司に「何か、ほっとした」との言葉も。

日常の香川選手のちょっと頼りないところや、
人の良さを感じることが出来ますよね。

ピッチの上では別人のように輝く香川選手とのギャップも、
彼の大きな魅力ではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする