【熊谷花火大会2018】有料席・無料席・穴場スポット・交通規制まとめ

スポンサードリンク

【熊谷花火大会2018】概要・日程・アクセス

大会名 第69回熊谷花火大会
開催日時 平成30年8月11日(土・祝日)

19時30分~21時00分小雨決行。
荒天時は2018年8月12日(日)、18日(土)・19日(日)のいずれか1日に延期になります。

※当日の大会開催および、天候不良による延期に関しては、電話で問い合わせることが出来ます。詳しくは公式HPをご覧ください。

開催場所 埼玉県熊谷市 荒川河畔(荒川大橋下流)
打上げ数 約10,000発予定
アクセス 公共交通機関を利用する場合
JR上越新幹線・JR高崎線・秩父鉄道熊谷駅(南口)から徒歩5分

自家用車を利用する場合
関越自動車道東松山ICから国道254号を経由し、国道407号を荒川大橋方面へ車で19km

駐車場 有料駐車場あり。3200台
トイレ  トイレあり

今年度の熊谷花火大会の開催日は平成30年8月11日(土・祝日)です。

打ち上げ時間は、19:00~21:00の予定になっています。

小雨の場合は決行されますが、荒天の場合は、
同月12日(日)・18日(土)19日(日)のいずれかに延期になります。

延期に関する詳しい情報は、電話での問い合わせが可能ですので、
詳しくは公式HPをご覧ください。

熊谷の夏の風物詩として、地元の人々から愛される熊谷花火大会も今回で69回目を迎えます。

花火業者が競うように打ち上げるスターマインコンクールも開催されるなど、
レベルの高い花火を観られるほか、
大切な人への想いを花火に込めた「メッセージ花火」も毎年恒例となっています。

熊谷花火大会へのアクセス方法としては、
公共交通機関を利用する方法と、
自家用車を利用する方法があります。

「JR熊谷駅」南口より徒歩5分の会場なので、
周辺道路の大渋滞を考えると、公共交通機関を利用するのが賢い選択かもしれませんね。

関越自動車道東松山ICから19㎞と、少し距離がありますが、
周辺には臨時駐車場も用意されますので、
遠方からの方は渋滞を避けて、早めに会場入りをされてはいかがでしょう??

【熊谷花火大会】有料観覧席・無料観覧席

10,000発の花火が夜空を彩る、熊谷花火大会。
レベルの高い花火を間近で、目いっぱい堪能したい方には、
毎年有料観覧席が用意されていますので、そちらを利用されてみるのはいかがでしょう。

有料観覧席が設置されるのは、荒川大橋側のラグビー場内です。
今年の予約受付開始は、6月15日(金)となっています。
予約方法としては、コンビニやチケットぴあなど、
色々な方法がありますので、詳しくは熊谷市のHPをご覧ください。

問い合わせは048-523-5514 JTB熊谷支店にてお願いします。
市役所等ではありませんのでご注意ください。

席の種類を簡単に紹介しておきます。
シチュエーションに合わせて、必要なチケットのご購入を検討してくだいね。

区分 人数 金額
マス席 4名 22,000円
テーブル席 4名 16,000円
イス席 1名  3,000円
ブルーシート自由席 4名 6,000円

なおチケットが無くても、河川敷で花火鑑賞をする事は充分可能ですが、
チケットが無いと立ち入れないエリアがありますので、ご注意ください。

【熊谷花火大会】穴場スポット

無料で花火を楽しめる、本当は教えたくない穴場スポットを、
少しだけご紹介しておきましょう。

久下の河川敷近辺

会場から離れているため、あまり混雑することはありませんが、
花火を見るには全く問題ないので、まさに穴場スポット!

ゆっくりと観賞したい方におススメです。

イオン熊谷店屋上

皆さんご存知の大型ショッピングモールですが、
なんと、大会当日には、屋上を無料開放してくれるんです。(例年通りであれば)

地元の人々にも人気の場所なので、早めの場所取りが必要かもしれませんが、
買い物をして待っていれば、快適に過ごせそうですね。

石原公園

こちらは、とにかく混雑を回避して、花火を楽しみたい方におすすめです。

場所取りする必要もないくらいかもしれません。

視界を遮るものもありませんし、十分花火を楽しめますよ。

空高く上がる花火は、遠くからでもキレイな物です。

大切な人と、静かな場所でゆっくりと花火を眺めるのも、
花火大会の楽しみ方の一つかもしれませんね。

スポンサードリンク

【熊谷花火大会】交通規制・渋滞情報

花火大会当日は、事故や混乱を防ぐために、
車両通行止めなどの交通規制が、会場周辺道路で行われます。

規制場所により時間帯も異なりますが、
早いところで17:00~、
遅くとも花火打ち上げ時間までには、広範囲が規制範囲になります。

規制解除は21:30頃になっていますので、
車で行く予定の方は要注意です。

昨年の規制図ですが、掲載しておきますので、参考にされてみてください。

今年度の交通規制に関しても、公式HPで更新されますので、
こまめにチェックして、当日に備えて下さいね。

また、この規制に伴い、周辺道路の大渋滞が予想されますので、
車で参加予定の方は、早めの会場入りを強くおススメします。

それでも、帰りの渋滞は避けられませんので、
車を走らせる前に、駐車場で仮眠をとるなど、
休憩をしっかりとってから、出発されるのが良いかもしれません。

【熊谷花火大会】臨時駐車場・近隣駐車場 について

大会当日は、会場周辺に臨時駐車場が用意されます。
平成29年度の実績からご紹介しておきます。

臨時駐車場の駐車料金は1台1,000円になっています。

〇第1臨時駐車場(熊谷市榎町河川敷)1,750台 13:00~
〇第2臨時駐車場(熊谷市万吉河川敷)750台 13:00~
〇第3臨時駐車場(熊谷市手島5)1,000台 13:00~

これだけの台数を用意してくれているにも関わらず、
例年16:00~17:00の間には、ほぼ満車になってしまいます。

その場合は、少し離れて、駐車場を探されるのが良いでしょう。
いくつか挙げておきますので、参考にされて下さい。

熊谷市役所駐車場

台数:約200台収容(無料)
住所:埼玉県熊谷市宮町2丁目47-1

イオン熊谷駐車場

台数:約300台収容(無料)
住所:埼玉県熊谷市本石2丁目135 地図はこちら↓

ティアラ21駐車場

台数:約400台収容(有料)
住所:埼玉県熊谷市筑波3丁目202

熊谷駅南側の駐車場は、比較的駐車しやすいとの情報もありますし、
事前に下調べをしておけば、当日バタバタと駐車場を探すことも無く、安心ですよね。

ただし、会場から徒歩圏内にある駐車場に停めた場合、
帰りは渋滞を抜けるのに2時間以上かかることもあるので、
場所選びは、帰りの事を考えながら慎重に行いましょう!

【熊谷花火大会】ホテル宿泊

人混みの中で花火鑑賞。
その後の大渋滞。想像しただけで、運転手には辛いですね。

せっかくの夏の思い出です、近くに宿泊して、
旅行気分を味わうのも悪くありませんよ。

ただし、大人気の花火大会ですから、
日にちが近づけば、どのホテルも予約で満室状態になりますので、
早めの予約が必須です。

周辺のホテルをいくつか紹介しておきますので、
参考にされてはいかがでしょうか。

キングアンバサダーホテル熊谷

熊谷駅から徒歩3分の好立地で、
花火の会場からも近く、おススメです。

翌日観光を考えている方に最適かと思います。

http://www.king-a.jp/wedding/

マロウドイン熊谷

花火の会場からは少し離れてしまいますが、
価格が安いので、コストパフォーマンスを考えると、悪くありませんよね。

http://www.marroad.jp/kumagaya/

スマイルホテル熊谷

熊谷駅から徒歩5分に位置しています。
ここも、駅に近いのに値段もお手軽ですし、様々なプランが用意されています。

https://smile-hotels.com/hotels/show/kumagaya

色々な条件によって検索してくれる、予約サイトを利用するのもおススメです。
会場からの距離で検索してくれるサイトもあり、便利ですよ!

トリップアドバイザー

じゃらん

るるぶ

早い時期から予約をしておけば、花火当日は帰りの事を考えずに、
安心して花火を堪能できるはずです。

翌日の観光スポットも合わせてリサーチしておけば、
素敵な夏の思い出になること間違いなしですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする