Apple Payは楽天Edy・nanaco・WAONなどにはまだ対応していない!

スポンサードリンク

Apple PayとはiPhoneやApple WatchなどのApple製品に搭載されている電子決済システムです。

 

お手持ちのカードをApple Payに設定することで、
iPhone1つで様々な支払に対応できるようになるとても便利な機能なのですが
残念ながら楽天Edy、nanaco、WAONなどにはまだ対応していません

 

Apple Payは交通系電子マネーのSuicaPASMOに対応しており、
Apple Payにそれらカードを設定すると、
電車やバスの乗り降りもiPhone1つでできるようになります。

 

その他にはiDQUICPayに対応している電子マネーも利用できます。

 

しかしおさいふケータイでは対応している楽天Edy、nanaco、WAONには、
未だ対応していません。

 

今後の導入も未発表です。

スポンサードリンク

Apple Payは三井住友Visaデビットに対応!みずほJCBデビットもOK!

これまで未対応だった三井住友VisaがApple Payで対応しました

 

それに伴い三井住友Visaデビットも使えるようになりました

 

一足先に対応していたみずほJCBデビットに続き、
需要の多いカードが使えるようになったことでますますApple Payが便利になりましたね。

 

Apple PayでVisaカードを使うには、
Walletアプリを起動し「+」マークからお手持ちのVisaマークがあるカードを設定します。

 

Walletアプリに設定したVisaカードはVisaタッチ決済カードのマークがある店舗で利用できます。

 

お店で「Visaで」と伝えて端末にかざすだけで決済完了です。

 

メインで使用しているカードは、
Walletアプリの一番手前に設定しておくと、
より便利に利用できます。

 

このようにApple Payは、みずほJCBに続き三井住友Visaデビットも対応開始しました。

 

今まで三井住友Visaカードが使えずApllePayを利用していなかった人も、
この機会にApple Payを始めてみてはいかがでしょうか。

Apple Pay用プリペイドカードおすすめは?ソフトバンクカード・auPAYプリカなど!

現在Apple Payに対応しているプリペイドカードは、
ソフトバンクカードやauPAYプリペイドカード、dカードプリペイドの3種類です。

 

Apple Payで使うプリペイドカードのおすすめは
ライフスタイルによってかわります

 

なぜなら、カードによってそれぞれ対応している電子マネーの種類やチャージ方法が異なるためです。

 

ソフトバンクカードとdカードプリペイドはSuicaとiDに対応
auPAYプリペイドカードはSuicaとQUICPayに対応しています

 

したがってソフトバンクカードやdカードプリペイドでは、
QUICPayしか使えないお店ではつかえません。

 

反対にauPAYプリペイドはiDしか使えないお店では利用不可です。

 

Suicaが使えるお店では3種類とも利用可能なので、
良く利用する店舗がどの電子マネーに対応しているかチェックが必要です。

 

またソフトバンクカードT-POINTauPAYプリペイドカードPontaポイントdカードプリペイドdポイントと、
チャージの際に貯まるポイントもそれぞれ異なります。

 

その他にはチャージ方法も異なるので、チェックしておきましょう。

 

ソフトバンクカードはクレジットカードからのチャージはできないの注意してください

 

このようにApple Payで使用するプリペイドカードは、
使用する人のライフスタイルに合わせて選ぶのがベストです。

 

利用する店舗やチャージ方法、貯めたいポイントなどで選びましょう。

Apple PayとJREカードの連携は?Walletに登録したSuicaにビューカードでチャージ!

Alppe Payに登録したSuicaにビューカードからチャージをすると、
JREポイントが通常よりもお得にポイントが取得できます。

 

JREポイントをお得に取得するには
モバイルSuicaとJREカードを連携させる必要があります

 

Apple Payに設定したモバイルSuicaにJREカードを連携するには
JRE POINT WEBサイトへモバイルSuicaを登録しましょう

 

JRE POINT WEBサイトへの登録方法は、
Suicaアプリケーション」をインストールし、会員登録します。
「Suicaアプリケーション」を開き、連携させたいSuicaを選択し、
i」マークから「Siuica識別番号」を確認します。

 

JRE POINT WEBサイトの「マイページ」にある会員トップから、
登録カード一覧を選択します。

 

Suicaを追加する」から「モバイルSuica」を選びます。

 

必要事項を入力し、問題がなければ「登録する」をタップします。

 

登録されたメールアドレスに登録完了メールが届くので確認したら登録完了です。

 

これでApple Payに設定したモバイルSuicaと連携出来たので、
ビューカードからSuicaにチャージすればOKです。

 

注意点はJRE POINT WEBに登録できるモバイルSuicaは1枚のみです

 

Apple Payに複数枚Suicaを登録している場合でも、
JRE POINT WEBと連携できるのは1枚のみなのでメインで使っているSuicaを登録しましょう。

 

Apple PayとJREカードを連携させて、
Walletに登録したモバイルSuicaにビューカードでチャージしましょう。

まとめ

Apple Payはさまざまな電子マネーが対応していますが
楽天Edy、nanaco、WAONにはまだ対応していません

 

ですが、2021年5月11日に三井住友Visaが対応したことによって、
三井住友Visaデビットも利用可能となりますます便利になりました。

 

クレジットカードが不安な人はプリペイドカードを設定することもできます。

現在使えるのはソフトバンクカードauPAYプリペイドカードdカードプリペイドの3種類です。

それぞれ対応している電子マネーやチャージ方法が異なるので、
良く利用する店舗やチャージ方法で選ぶと良いです。

 

またモバイルSuicaを設定している人はJREカードと連携させ、
ビューカードでチャージすることでお得にポイントをゲットできます

タイトルとURLをコピーしました