Apple Pay Suicaチャージは街中では出来ないの?セブン銀行ATMなどで!

キャッシュレス決済
スポンサードリンク

Apple Payに登録したSuicaへのチャージに、
クレジットカードが使えないときは、現金でチャージすることが出来ます。

 

まずコンビニやSuica決済対応のスーパーや百貨店、駅ビルなどでチャージすることが出来ますが
店舗によってはチャージ出来ないこともあります

レジでSuicaのチャージが出来ることを確認した上でチャージを行いましょう。

 

また、セブン銀行ATMで現金チャージすることも出来ます

セブン銀行ATMはセブンイレブンだけではなく、
駅構内やショッピングモール内に設置されている場所もあります。

 

近くにセブンイレブンが無くてもセブン銀行ATMは割と見つかりやすいと思います。

なおセブン銀行公式サイトから検索すると、
セブン銀行ATMの場所を調べることが出来ますので活用しましょう。

 

もう一つ、JR東日本の一部の駅に設置された
モバイル端末対応のSuicaチャージ専用機から現金チャージすることも出来ます

全ての駅にモバイル端末対応のSuicaチャージ専用機があるわけではありませんのでご注意下さい

 

街中でSuicaのチャージを行うことも出来ますので、
クレジットカードがなくてもApple Pay Suicaを活用出来ますね。

スポンサードリンク

Apple Pay SuicaチャージにLINE Pay使える?モバイルSuicaに登録しSuicaアプリで行う!

クレジットカード・現金でのチャージ以外に、Suicaへのチャージ方法はあるのでしょうか。

 

LINEを使っていれば誰でも使えるLINE Payというサービスがあります。

銀行口座やコンビニ、ATMなどからLINE Payにチャージすることで、支払いに使えるサービスです。

 

では、LINE PayでApple Payに登録したSuicaのチャージは出来るのでしょうか。

 

残念ながら、Apple Payに登録したSuicaのチャージにLINE Payを使うことは出来ません

LINE PayがApple Payに対応していないからです。

 

ですが、LINE PayからSuicaにチャージすることは可能です。

 

モバイルSuicaにはLINE Payからチャージすることが可能です

モバイルSuicaに登録し、Suicaアプリからチャージを行いましょう。

 

モバイルSuicaにLINE Payの情報を登録するためには
LINE Payカードが必要になりますので、必ず発行しましょう

 

LINE Payカードにはプラスチックのリアルカードと、
オンラインのみで利用できるバーチャルカードの2種類がありますが、
どちらもSuicaのチャージに使えますので好きなほうを選択して下さい。

 

カードの準備が出来たらモバイルSuicaへカード情報を登録しましょう。

登録が完了すればチャージすることが出来ます。

 

Suicaにチャージすることが出来るのはLINE Payにチャージされた金額の範囲です。

 

残高不足の場合Suicaにチャージすることは出来ませんので、
残高の確認は忘れずに行いましょう。

 

LINE Payにチャージしておくことを忘れてしまいがちであれば、
オートチャージ設定にしておくと良いかもしれません。

 

私もチャージを良く忘れがちなので、おすすめですよ。

Apple Pay Suicaチャージ用プリペイドカードは誰でも作れるVISAプリカバンドルカード!

プリペイドカードを使ってApple PayのSuicaにチャージするのであれば
VISAのプリペイドカード、バンドルカードがおすすめです

 

バンドルカードは年会費不要・審査不要で発行できるプリペイドカードなので、
誰でも簡単に作ることが出来ます。

 

バンドルカードもリアルカードとバーチャルカードの2種類があり、
バンドルカードのアプリをダウンロードすると、
ネット決済で使うことが出来るバーチャルカードがすぐに発行されます。

 

カードが発行されたらSuicaアプリにカード情報を登録しましょう。

登録が完了すればすぐにチャージすることが出来ます。

Apple Pay SuicaのチャージにJREポイントが?JRE POINTサイトからチャージ申込みを!

JREポイントとはJR東日本の共通ポイントです。

 

JRE POINTのWebサイトにSuicaを登録していれば、
Suicaを使うたびにポイントが貯まり
貯まったJREポイントをSuicaにチャージすることが出来ます

 

使うたびににポイントが貯まるのはかなりお得ですね。

 

JREポイントを使ってSuicaにチャージするためには
JRE POINTサイトからチャージの申し込みを行う必要があります

 

1ポイント=1円として、1ポイント単位でSuicaにチャージが可能なので、
必要な分だけポイントでチャージすることが出来ます。

 

ただし、1回の申請では10,000ポイントが上限です。

 

さらに、ビューカードというクレジットカードでSuicaのチャージを行うと、
通常の3倍のポイントが貯まります。

 

ビューカードはクレジットカードなので、
Apple Payに登録でき、Suicaにチャージすることが出来ます。

 

Apple PayでSuicaにチャージすると、
通常1000円につきJRE POINTが5ポイント貯まりますので、
ビューカードからチャージすると15ポイント貯まります。

 

Suicaを頻繁に使うならビューカードを持つとかなりお得なようですね。

まとめ

ここまでApple PayのSuicaへのチャージ方法について紹介しました。

 

チャージ方法についておさらいしましょう。

 

コンビニSuica決済可能な店舗の一部セブン銀行ATMモバイル端末対応のSuicaチャージ専用機から、
現金でチャージすることが出来ます

 

LINE PayからはモバイルSuicaアプリを使ってチャージすることが出来ます

また、VISAプリカバンドルカードからSuicaへのチャージも可能です。

 

さらに貯めたJREポイントを使ってSuicaへチャージすることが出来ます

Suicaを使うたびにJREポイントが貯まり、
さらに貯まったポイントをSuicaにチャージ出来るのでかなりお得です。

 

クレジットカード以外からでも様々な方法でSuicaへのチャージを行えますので、
ぜひ活用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました