Google Payへのポイントカード登録は下方にある「パス」からポイントカードを選ぶ!

キャッシュレス決済
スポンサードリンク

スマートフォンで電子マネーやクレジットカードを管理して支払いもできるGoogle Payですが、
電子マネー、クレジットカードだけでなく、ポイントカードも登録できます

 

登録は簡単で、Google Payアプリの下部にある「パス」から「ポイントプログラム」を選び、
登録したいポイントの入力を進めていけば完了です。

 

ここで表示されるポイントカードは非常に多いためキーワード検索を使うのが良いです

 

また、一般的な店舗名でなく、会社名で表示される物もあるため注意して下さい

 

登録したポイントカードはアプリ画面から、貯めたい・使いたいポイントを選び、
バーコードを読み取って貰うだけです。

 

また、ポイントの種類や店舗によっては、その都度アプリを起動しなくても、
電子マネーと同じようにかざして使える場合もあります。

 

今までは、Google Payで支払いをするのに、
ポイントカードは財布から出したり別のアプリを開く手間がありましたが、
Google Payにポイントカードも登録すればスマートフォン1つ、
Google Payだけで済ませられるので、お手軽に買い物ができるようになります。

 

登録も簡単なので、Google Payはポイントカードも併せて使ってみて下さい。

スポンサードリンク

Google Payのポイントカード対応は?Tポイント・dポイントなど!

Google Payを支払いに使っているのなら、Google Payにポイントカードを登録する事で、
さらに便利にGoogle Payを使えます。

 

対応しているポイントカードは数多くありますが主なポイントはTポイントとdポイントです

 

Tポイントとdポイントはどちらもコンビニや飲食店など、
数多くのお店で使う事ができるので、この2つだけでも困る事は無いと思います。

 

また、貯まったポイントの使い道は、どちらのポイントカードもほぼ同じで、
1ポイント=1円で支払いに使ったり、各ポイントサイトから商品に交換したり、
マイルなど他社ポイントに交換したりと、幅広い使い道があります。

 

この2つのポイントカードをGoogle Payに登録するには、
既存のカードかアプリでアカウント登録してあれば、
カード番号やログイン情報を入力するだけで使えるようになります。

 

他にもポイントプログラムというカテゴリで、数多くのお店のポイントカードが登録できます。

 

ニトリやマツモトキヨシなど、既存のポイントカードをカメラで読み込んで登録する事で、
Google Payでポイントカードのバーコードを表示させて使うことができます。

 

ただし、このポイントプログラムのカテゴリは非常に多くあり、
名称が分かりにくかったり、名称はあるけど登録できない、
登録するカードが分からない名称などがあります。

 

少し複雑そうな感じはしますが、登録そのものは簡単なので、
あなたがポイントカードを何枚も持っているなら、
登録できるか確認して、カメラで読み込んでしまえば、
大量のポイントカードを1台のスマートフォンにスッキリとまとめられます。

 

私はポイントカードは持っているのに、財布から探すのに手間取ってしまったり、
アプリを開くのが煩わしくなったりで、ポイント貯め損なった経験があります。

 

しかし、Google Payを使えば、スマートフォンだけで、ポイントカードを出して、
そのまま電子マネーで支払いと、かなりの手間がなくなって快適になるので、
ポイントカード はGoogle Payに登録するのがおすすめです。

Google PayでPontaポイント?「Pontaカード」アプリでポイント残⾼が確認できる!

Google Payに登録できるポイントカードはTポイントとdポイントをはじめに数多くありますが、
その中にはPontaカードもあります。

 

Pontaカードの登録も、他のポイントカードと同じように
既存カードをカメラで読み込んで登録するだけの簡単仕様となっています

 

ただし、Google PayのPontaはバーコードを表示して、貯める・使うだけです

 

ポイントの管理はGoogle Payとは別でPontaカードのアプリが必要です

 

アプリにPontaを登録するには既存カードを読み込んで登録する必要があります。

登録が完了すれば、アプリでポイントを確認したり、クーポンを貰う事ができます。

 

Pontaポイントは、1ポイント=1円としてお店で使える他、
商品など特典と交換したり、Pontaポイント1ポイント=1円としてお店で使える他、
商品など特典と交換したり、他のポイントへ交換もできます。

 

また、Pontaカードは海外でもポイントを貯めたり、使えます。

ただし、現在使えるのはインドネシアに限られますが、
他のポイントカードにはない魅力の一つです。

 

PontaをGoogle Payで使うのなら、ポイント管理のためにPontaカードアプリも必要です。

普段使うにはGoogle Payだけで済みますので、特別な手間が増える事はありません。

 

なので、Google PayとPontaカードアプリは併用して使ってみて下さい。

まとめ

Google Payに登録できるポイントカードは数多くあります。

幅広く使えるTポイントやdポイントから、個店ごとのポイントカードまで対応しているので、
あなたの持っているポイントカードをスマートフォンにひとまとめにする事で、
複数のポイントカードを持ち歩く必要がなくなり、使い勝手が良くなります。

 

また、普段持ち歩いていないポイントカードでも登録しておけば、
いざ必要な時でもポイントを貰い損ねる事もなくなり、無駄なくポイントが貯められます。

 

ポイントカードの使い方を見直すきっかけにもなるので、
あなたの持っているポイントカードを、Google Payに登録してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました