賃貸の契約期間とは?契約期間前に退去しても問題ないの?

スポンサードリンク

賃貸の契約期間というのは、
ある賃貸物件の貸主と借主の間で結ばれる契約がもつ期間のことです。

借主が継続して賃貸物件に住む場合、
契約期間が終わる前に契約を更新することが可能で、
更新さえ繰り返していれば同じ物件に住み続けることが可能です。

では、契約期間が終了する前に引越しなどで退去することは問題ないのでしょうか?

結論から言うと、契約終了前に退去しても問題はありません

ただ、契約終了前に退去する場合、
契約書の「退去」に関する事柄をきちんと確認しましょう。

というのも、契約書によっては、

  • 「退去日の○か月前(基本的には1か月前)まで通知しておく」
  • 「契約期間1年未満の退去には違約金が発生する」

といった事柄が書いてあることがあるからです。

契約期間終了前の退去に関して、
何か書かれていないかという確認は大切なことなので、
必ず確認しておきましょう。

ちなみに、なぜ1ヶ月前もしくは数か月前までに退去通知をしておく必要があるかと言うと、
次の入居者を早いうちに募集するためです。

これは、借主が退去することによる、
大家さんや管理会社の損失を抑えることにもつながります。

また、違約金に関しては物件によって異なりますが、
大体家賃1~2か月分の料金が相場となっています。

スポンサードリンク

賃貸の契約期間の年数の目安はあるの?

賃貸の契約期間の年数は、基本的に長くても2年間となっています。

何故2年間となっているのかというと、長く契約期間を持っても、
「急な不動産価格の変動が起きたときに家賃の変更ができなくなる」
ことが理由として挙げられます。

他にも、借主のライフスタイルから、
3年4年という契約期間を設けるのには長すぎるという理由もあります。

また、1年未満の契約の場合は、借地借家法29条によって、
「期間を1年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めがない建物の賃貸借とみなす」
と決められています。

そうなると、賃貸の更新が行われないので、
大家さんや管理会社が更新料を徴収しにくくなります。

そのため、短すぎず長すぎない「2年」という期間が、
賃貸物件の基本的な契約期間の目安となっています。

賃貸の審査の厳しさと契約期間は関係している?

賃貸の審査の厳しさと契約期間には、特に関係はありません

そもそも契約期間というのは、1年以上物件を借りることを前提とした契約です。

では、賃貸審査とは何でしょうか?

賃貸審査というのは、「この人に物件を貸しても良いのか」という信用審査です。

物件を借りても家賃を払い続ける能力があるのか
信用に値する人物なのかということを見ています。

その賃貸審査で家賃支払い能力が不十分だと見なされたり、
物件を貸すのに不安要素のある人物だと見なされたりすれば、
物件を借りることはできません。

賃貸審査は信用を見ているので、

  • 「契約期間が長いから審査は厳しめ」
  • 「契約期間が短いから審査は緩いだろう」

と考えるのは、間違いということになります。

賃貸の契約を更新する際に無職になってしまっていると更新できる?

契約更新の際に無職になっていても、更新はできます

もっと詳しく言うと、無職でも家賃の支払い能力があるのなら、
追い出されることはありません。

「無職になっているから追い出されるかもしれない…」と思うかもしれませんが、
安心してください。

借地借家法の第26条には、以下のことが書かれています。

スポンサードリンク

「建物の賃貸借について期間の定めがある場合において、
当事者が期間の満了の1年前から6か月前までの間に相手方に対して更新をしない旨の通知又は条件を変更しなければ更新をしない旨の通知をしなかったときは、
従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなす。
ただし、その期間は、定めがないものとする。」

つまり、貸主は正当な理由が無ければ借主と契約を切ることはできませんし、
契約を切るとしても6か月前までには知らせてないといけないということです。

貸主が借主との契約を断る正当な理由として認められるのは、

  • 家賃滞納が酷い
  • 部屋の使用状況が悪い
  • 建物の建て直し
  • 借主との信頼関係が崩れている

というもの。

だから無職になったとしても、よほど家賃を滞納していたり、
貸主との信頼関係が崩れていたりしていない限りは更新することができます。

ただ、無職になったことで契約時と状況が変わってしまったことになるので、
更新時には正直に無職になっていることを知らせておきましょう。

「そこまで詳しく調べないだろうから大丈夫だろう」と嘘をつけば、
それこそ貸主との信頼関係を崩してしまうことになりますからね。

まとめ

それではここで、賃貸の契約期間に関して振り返りましょう。

賃貸の契約期間というのは、貸主と借主の間で結ばれる契約で、
基本的に2年間設けられる。

・期間終了前に退去することはできるが、1か月前に通知しておくことや、
契約から1年未満の退去に違約金が発生することもあるので、
一度退去に関する契約内容をチェックする

賃貸審査と契約期間には特に関係が無いので、
契約期間の長短で審査が厳しくなったり緩くなったりすることはない。

無職になっていたとしても支払い能力があるのなら契約を更新することはできる

この記事で、契約期間に関する疑問が解消されれば幸いです。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする