保証人不要の賃貸のデメリットは無いの?保証人不要の理由を解説!

スポンサードリンク

アパートやマンション等の賃貸物件を契約する時、
不動産会社から保証人を立てて下さいと言われますね。

保証人が必要となる理由は、賃貸物件の借主が家賃を滞納した場合、
保証人に家賃を請求する事が出来るからです。

大家さんや不動産会社にしてみれば保険の様なものですね。

しかし賃貸物件の中には、保証人が必要ない、
保証人不要物件」もあります。

借主側から見ると、
「保証人なしで楽に契約できるのかな♪」
等と思いますが、実はそうではありません。

保証人不要の賃貸には、様々なデメリットもあるんですよ。

まず、保証人を立てない代わりに、
保証会社と契約する必要がある場合が多いです。

保証人不要物件の多くは、
大家さんや不動産会社が特定の保証会社と契約しており、
借主は指定された保証会社と契約する事がほとんどですが、
稀に借主が保証会社を選ぶ事が出来るケースもあります。

保証会社は借主が家賃滞納した場合、
大家さんや不動産会社に滞納金を支払ってくれますが、
借主は保証会社に借金をしているのと同じ事です。

立て替えてもらった滞納金は、
保証会社に返済しなくてはなりません。

また、賃貸契約する際に登録料として家賃の数%が必要となり、
毎月の家賃とは別に利用料を支払わなくてはいけないと言うケースもありますよ。

家賃不要の物件は、普通に保証人を立てた場合と比べると、
かなり出費がかさんでしまいますね。

この他にも大家さんや不動産会社が保証人不要とする理由に、
その物件が不人気だからと言う事もあります。

保証人不要の物件は、借主側から見ると簡単に物件を、
契約出来て手間が掛からないと言った印象を受けるでしょう。

しかし保証会社の審査が必要となりますし、登録料や手数料、
更新料等が掛かりますので、それなりにデメリットもありますよ。

また、実は訳アリ物件だったなんて言う場合もありますから、
保証人不要の物件を借りる時は、しっかりと部屋の中や、
周囲の生活環境をチェックしておく必要があります。

それでは次に、保証人不要物件の疑問についてもう少し詳しく、
ご紹介いたしますね。

賃貸の保証人不要とはどんなシステムなの?なんで保証人が不要?

賃貸物件を契約する時、保証人を誰にしてもらうかと言う事は、
悩みの種でもありますね。

保証人は賃貸物件の借主が家賃を支払えなくなった場合、
代わりに家賃を支払うと言う義務があります。

保証人にはかなり重い責任がありますから通常は、
両親に頼む事が多いでしょう。

しかし両親が定年退職していて収入が少なかったり、
すでに他界している等、中には保証人を頼む事が、
出来ない場合もあります。

責任の重い保証人を知人や友人に頼むのは気が引けますし、
断わられる事もあるでしょう。

その様な時に保証人不要の物件があるととても有難く感じます。

保証人不要システムとは、借主が家賃を滞納した場合でも、
保証会社が大家さんや不動産会社に家賃を保証してくれる
と言うものです。

借主が保証会社と契約していれば、大家さんや不動産会社は、
家賃未納のリスクを負う事がないのです。

借主が保証会社を利用するには、登録料や利用料が、
必要となりますよ。

保証会社によって登録料や利用料等の金額が異なり、
ほとんどの場合大家さんや不動産会社の方で保証会社が、
決められています。

借主としては出来るだけ安い保証会社を選びたい、
ところですが、不動産会社の方であらかじめ提携している、
と言う事もあり自由に決めるのは難しい様です。

しかし中には複数の保証会社と契約している、
不動産会社もありますから、借主が保証会社を選ぶ事が、
出来る場合もありますよ。

また保証会社を利用するには審査がありますので、
審査を通過する事が第一条件となります。

賃貸の保証人不要はリスクは無い?保証人がいる場合に比べて割高?

賃貸の保証人不要物件は、保証人が全く必要ないと言う、
訳ではありません。

多くの場合が保証人を立てる代わりとして、
保証会社と契約する必要があるんですね。

当然ながら保証会社に登録料や利用料を支払う必要があります。

保証会社によって金額は様々ですが、
賃貸契約時に登録料や、初回保証料等と言った名目で、
家賃の30~100%の金額を支払う事が多いです。

また、毎月の利用料として家賃にプラスして料金を、
支払うケースもありますよ。

相場としては家賃料金の5%程になります。

保証会社によっては初回の登録料と毎月の利用料、
どちらも支払わなくてはいけない場合もあります。

賃貸物件は一般的に2年毎に更新料が掛かりますが、
保証会社も更新料の支払いが必要になりますよ。

更新料は保証会社により様々ですが、契約時期としては、
1~2年毎で金額の相場は1~2万円程度のところが、
一般的です。

保証人を必要とする賃貸物件では、この様な登録料や利用料、
更新料は必要ありませんから、かなり割高になってしまいますね。

他にも保証人不要物件のリスクとして、
不人気な物件である可能性もあります。

例えば、

  • 家賃相場がよりも高い
  • 交通の便が悪い
  • 築年数が古い
  • 訳アリ物件である

等と言う理由が考えられますよ。

スポンサードリンク

大家さんや不動産会社としては、物件が空室になる事は、
避けたいはずです。

不人気な物件でも何とか入居者を集めたいと言う思いで、
「保証人不要物件」としてアピールしている場合もありますよ。

保証人不要物件は、保証人を探すのが大変と言う人には、
とても便利なシステムですが、様々なリスクも伴う、
と言う事を知っておきましょう。

賃貸の保証人不要のシステムを利用する場合の条件は?年収制限ある?

保証会社を利用するには審査がありますが、その審査基準は、
保証会社によって違います。

審査が厳しい保証会社もあれば、比較的緩めのところもあります。

同じ保証会社で過去に家賃の延滞や滞納があったり、
無職で収入がない等の場合は、審査を通す事は難しいです。

他にも借主の収入に対して家賃金額はどのくらいの割合になるか
と言う事もチェックされますよ。

月に30万の収入があれば10万円の家賃でも生活に支障なく、
家賃を支払う事が出来るでしょう。

しかし月に10万円の収入の場合、3万円の家賃でも、
生活が厳しくなる事が予想されますから審査に落ちる、
可能性が高くなります。

多くの保証会社は収入に対して家賃比率30%位を、
審査の基準にしている様です。

その他にも合わせて職業や勤務年数・信用情報等が、
審査されますよ。

まとめ

今回は保証人不要の賃貸物件についてご紹介いたしました。

保証人不要物件で保証会社を利用する事は様々な、
デメリットもあります。

しかし、保証人が見つからない場合や、保証会社との契約が、
必須の場合等は、保証会社と契約する事で気に入った物件に、
住む事が出来ますね。

保証会社の審査は会社により違いますので一概には、
言えませんが、自分の収入に見合った家賃である事と、
契約する保証会社で、過去に家賃の延滞や滞納がない、
と言う事が審査の基準になりますよ。

保証人不要物件のメリット・デメリットを把握して、
気に入った物件を探してみて下さいね。