赤ちゃんの寝かしつけにコツはある!?1ヶ月経っても慣れない我が子との夜!

スポンサードリンク

寝かしつけは、育児の悩みの中でも大きな一つではないでしょうか。

 

夜泣きやぐずりなど寝かしつけの苦労は、
ママなら誰でも経験しているでしょう。

 

1ヶ月経っても慣れない我が子との夜に憂鬱になることも…。

そこで、ママやパパが知りたい、
寝かしつけのコツをお伝えしていきますね!

 

新生児から3ヵ月頃までの赤ちゃんが、
続けて起きていられる時間は意外と短いんですよ。

新生児期は40分くらい2~3ヶ月で60~80分くらいです。

 

このように起きていられる時間の目安を超えると、
赤ちゃんは疲れてくるため、
夜スムーズに寝られなくなってしまいます。

 

そのため寝かしつけるタイミングは眠くなる前の、
起きていて機嫌がいいときがベストです

 

機嫌がいい時に寝かしつけると、
スーッと眠りについてくれるでしょう。

 

また、新生児期は生活リズムが整っていないため、
昼夜の区別がついていませんよね。

 

少しずつ昼夜のリズムをつけていくのもポイントです。

朝は起きて夜は寝るものと自然に覚えさせていくのです。

 

できるだけ同じ時間に起きて同じ時間に眠りにつくことで、
体内時計が整い、夜になったら自然に眠くなっていくでしょう。

 

そして、赤ちゃんの不快感を取り除くことも大切です

 

さあ寝よう!と思ったのにぐずったら、
ミルクを欲しがっていないか、オムツが濡れていないか
暑さや寒さなどを確認しましょう。

 

このような不快感が解消されれば、
スーッと眠りにつくこともありますよ。

 

寝かしつけのコツを掴むことによって、
ママやパパもだいぶ気持ちが楽になるでしょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんが寝かしつけてもギャン泣き!寝る気配がない時まずは眠気を誘う!

赤ちゃんのギャン泣きは、ママやパパにとっても辛いものです。

どうして寝ないのか、困ってこっちが泣きたくなりますよね。

 

ギャン泣きして寝る気配がない時は、
まず眠気を誘うことがポイントです

 

寝かしつけのとき、眠気を誘う方法の一つとして、
音楽を流すことがあります。

 

それも、赤ちゃんへのおすすめは『ホワイトノイズ』です。

 

ホワイトノイズとは、放送されていないテレビで流れる砂嵐のようなザーッという音のことです。

 

大人が聞けば心地良くはないホワイトノイズですが、
赤ちゃんにとっては眠気を誘う音の一つなんですよ。

 

なぜ砂嵐の音が?と不思議に思いますよね。

 

それは、赤ちゃんがママの胎内に居た頃に聞いていた音に似ているので、
とてもリラックスできるのです。

 

また、ほかにも波の音や鳥のさえずりなどの自然音
オルゴールの音色なども眠りを誘ってくれますよ。

 

同じ音を寝ている間中流すことで心地良くなり、
赤ちゃんは安心して眠りにつくことができるでしょう。

 

寝かしつけでお悩みのママ・パパは、一度試してみてくださいね。

ギャン泣きする赤ちゃんも、不思議と落ち着いてくるでしょう。

赤ちゃんの寝かしつけでずっと抱っこ!毎晩の恒例行事!いつまで続く!?

寝かしつけが上手くいかないとき、
ママ・パパはさまざまな方法を試してみますよね。

 

メジャーな寝かしつけに「抱っこ」がありますが、
毎晩の恒例行事になっているご家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、寝るまでずっと抱っこしているのはなかなか大変です。

 

基本的に寝てくれることが多いですが、
赤ちゃんが癖になるのでは?と心配になる、
ママ・パパもいるでしょう。

 

寝かしつけには特にいつまでという決まった期間はありません

しかし、赤ちゃんの体重が増えてくると、
寝るまでずっと抱っこしているのも辛いものです。

 

手首に負担がかかり、腱鞘炎になることもあるんですよ。

そのため、抱っこで寝かしつけをする際は、
抱っこ紐やスリングの活用がおすすめです

 

また、抱っこの仕方にもポイントがあります。

 

赤ちゃんと体をくっつけるようにして、抱きしめてあげましょう

ママ・パパの温もりが伝わって赤ちゃんは安心します。

 

また、縦抱きにするとママ・パパの心音を聞けるので、
赤ちゃんは徐々に落ち着いてくるでしょう。

 

抱っこしつつ、ゆっくりリズムを付けながら、
背中やお尻をトントンするのもおすすめです。

 

いつまで抱っこできるのか、特に制限はありませんが、
成長と共に徐々に回数を減らし、
ベッドや布団で寝かしつけることを心掛けましょう。

赤ちゃんが寝ない!癖にならない程度の寝かしつけ時の添い乳方法!

代表的な寝かしつけの一つに、添い乳もありますね。

 

母乳育児をされているママで行っているという方は、
多いのではないでしょうか。

 

添い乳はいつまでいいのか、明確な期間は決まっていません。

いつから始めてもいつ終わっても基本的にはOKです。

しかし、癖になってしまうのでは?と心配な声も聞かれます。

 

添い乳をする時のポイントは、飲ませた後赤ちゃんをすぐに寝かせないで、
少し起きていてもらいましょう

 

理由は、赤ちゃんは睡眠・起床と、同じ状況でなければ、
不安になってしまうといわれています

 

寝かしつけ時におっぱいを飲んだのに、
目が覚めたらおっぱいを飲めない!という状態が、
赤ちゃんにとってはストレスになるのです。

 

このような理由から、毎晩寝る時に授乳をすると癖になってしまい、
夜泣きに繋がるといわれています。

 

授乳してからも少しの時間起こしておくように、
習慣にしておけば寝かしつけも上手くいくでしょう。

パパに任せて!赤ちゃんの寝かしつけにスクワットで我が子もぐっすり!

スポンサードリンク

赤ちゃんの寝かしつけの一つに『スクワット』があります。

スクワットで赤ちゃんが本当に寝るの?と疑問に思いますよね。

 

トレーニングのイメージがあるスクワットですが、
ハードではなく簡単にできますのでご安心ください。

 

では、寝かしつけスクワットのやり方をお伝えしますね。

寝かしつけスクワットのやり方

①赤ちゃんを縦抱きにします。

ママやパパの肩に赤ちゃんの顔が乗るような体勢です。
左右どちらでも抱きやすい方でOKです。

抱いたとき、ママやパパの片方の腕の肘を曲げた部分に、
赤ちゃんのお尻を座らせるような感じにしましょう。

もう片方の手で赤ちゃんの背中を支えてください。

②しっかりと縦抱きをしたらスクワットを始めます。

軽く膝を曲げて立つ、ということを繰り返しましょう。
膝を深く曲げすぎると、赤ちゃんと共に転倒する恐れがあるので、
軽めに曲げるだけでOKです。

赤ちゃんが眠りにつくまで繰り返しましょう。

 

たったこれだけで、赤ちゃんはスーッと寝てしまいます。

不思議ですよね。

泣いている赤ちゃんも泣き止むと評判の縦抱きスクワットです。

 

実は横揺れよりも、「輸送反応」といって、
縦揺れの方が赤ちゃんは落ち着くといわれています

 

車や電車など乗り物に乗った時、心地よい振動が伝わりますよね。

それと同じ効果があるのです。

 

縦揺れの軽い振動は赤ちゃんにとって、
眠気を誘う心地よい揺れに感じるんですよ。

 

また、寝かしつけスクワットはママだけじゃなく、
パパが行ってもOKです!

 

ベッドや布団で難しかった寝かしつけも、
スクワットなら赤ちゃんもぐっすり眠りにつけるでしょう。

パパもぜひ一緒に試してみてくださいね。

赤ちゃんの寝かしつけ定番!苦しくない!?おくるみの巻き方を復習!

寝かしつけの定番といえば、やはり『おくるみ』ではないでしょうか。

 

新生児から使えて、赤ちゃんも安心するお助けアイテムなので、
多くのご家庭で使用されています。

 

おくるみでぴったり巻くことで、赤ちゃんはママの胎内に居た頃を思い出し、
安心して眠りにつきます。

 

苦しくないのかな?と不思議に思いますが、
ぴったりと包み込まれる方が、
赤ちゃんにとっては落ち着くんですね。

 

寝かしつけだけでなく、泣き止まない時もおくるみはおすすめですよ!

 

では、おくるみの巻き方を復習していきましょう。

おくるみの巻き方

①おくるみを横にして置きます。

②赤ちゃんをおくるみの上に寝かせます。

このとき、赤ちゃんの位置は中央になります。
頭はおくるみから出るようにします。
赤ちゃんの肩とおくるみの上辺の位置を合わせてください。

③赤ちゃんの手は顎の下に来るように肘を曲げておきます。

④おくるみの左上の角→赤ちゃんの右わきへ、
おくるみの右上の角→赤ちゃんの左わきへ、
それぞれ巻き付けます。

⑤赤ちゃんの足の体勢は、両足裏をくっつくようにしてください。

おくるみの左下の角→右肩方向へ、
おくるみの右下の角→左肩方向へ、それぞれ持ち上げます。

⑥持ち上げた布のそれぞれの角を、
赤ちゃんの右肩・左肩の辺りに入れ込んで完成です。

 

これで、ぎゅっと包み込まれるような体勢になります。

おくるみが無い場合は、バスタオルでも代用できますよ。

 

また、夏場は暑くなりやすいため、おくるみの素材はガーゼなど、
通気性があるタイプがベストですね。

赤ちゃんの寝かしつけに抱っこ紐が使える!エルゴで寝かしつけるコツ!

効き目がある寝かしつけとして、抱っこをする方法も定番です。

しかし、ずっと抱っこをしていると手が痛くなり、
最悪腱鞘炎になってしまうこともあります。

 

そんなときは、抱っこ紐を活用して寝かしつけてみましょう

 

おすすめ抱っこ紐は『エルゴ』です

エルゴを使って寝かしつけるコツを覚えておきましょう。

 

まず赤ちゃんを寝せる前に、布団を暖めておきましょう

布団が冷たいとひんやりとした感触で、
目が覚めてしまうこともあります

 

そして、エルゴを使って寝かしつけをする場合の抱き方は、
基本的に縦抱きにしましょう。

縦抱きの状態からゆっくりとお布団に移動させます。

 

コツは、背中のバックルを外すときに、赤ちゃんの体を片手で支え、
起きないようにゆっくりと外すことです。

 

そして赤ちゃんをママやパパの体から離さず、
ピッタリとくっつけておくこともポイントですよ!

 

赤ちゃんを布団に完全に降ろすまで、
ピッタリ体はくっつけておきましょう。

離れる動作もゆっくりと行えば、気付かず眠っているでしょう。

 

エルゴ抱っこ紐は公式オンラインショップで購入できます。

母親じゃないとできない訳がない!赤ちゃんの寝かしつけに父親の本領発揮!

赤ちゃんの寝かしつけは母親じゃないとできない、
という訳ではないので、父親が行っても全然大丈夫です。

 

ママが用事で出掛けるときなど、赤ちゃんはパパとお留守番、
なんてこともありますよね。

 

そんなとき、赤ちゃんが眠くなったら、
寝かしつけもパパがするというご家庭もあると思います。

そんなときこそ父親の本領を発揮しましょう!

 

まだ慣れないパパの寝かしつけは、夜の方がいいといわれています

 

夜の方が赤ちゃんの体は休む体勢に入っているので、
眠りに落ちやすいからです。

 

ママと同じように体を優しくトントンしたり声を掛けたりと、
特別なことはしなくてもいいですよ。

 

パパがこれをやったら赤ちゃんが早く寝てくれる、というような、
パパなりのルーティーンがあれば、積極的に行いましょう

 

寝かしつけをマスターすれば、
赤ちゃんとの信頼関係が更にアップできますよ!

まとめ

赤ちゃんの寝かしつけのコツは、
起きていて機嫌がいい時に寝せることです

 

また、少しずつ昼夜のリズムを付けると、
夜自然に寝るようになりますよ。

 

寝る気配がない時は、ホワイトノイズや自然音などを流し、
眠気を誘ってみましょう

 

ずっと抱っこをしたままの寝かしつけは辛いものです。

抱き方を工夫して、入眠できる工夫をしましょう。

 

添い乳をする際は、すぐに寝かしつけず、
少し起こしておくのがポイントです。

 

赤ちゃんを縦抱きにし、軽いスクワットをすると眠りにおちやすいです。

パパも一緒にやってみましょう!

 

安定の『おくるみ』も、寝かしつけにおすすめのアイテムです。

巻き方をもう一度復習しましょう。

 

『エルゴ』抱っこ紐で寝かしつけたら、
赤ちゃんを布団に降ろすまで、体を離さないのがコツです。

 

寝かしつけはママだけでなく、パパも積極的に行いましょう。

コツをマスターすれば上手くできますし、
赤ちゃんとの信頼関係もアップするでしょう!

タイトルとURLをコピーしました