離乳食後期の食事作りがストレス!副菜こそが時短のカギだった!

スポンサードリンク

離乳食後期になると、食べられる食品が増え、
食事回数も1日3回になるなど、
少しずつ大人の食事に近づいていきますね。

 

作る回数が増えて時間もかかるので、
ママは食事作りがストレスに感じることもあるかもしれません。

 

離乳食はごはんなどの主食、野菜や海藻などの副菜、
肉や魚・大豆などの主菜をそろえてメニューを考えますよね。

 

1回の食事の割合主食の量が最も多く、次に多いのが副菜です

なので副菜作りを工夫することが時短のカギになるでしょう

 

副菜は主に野菜や海藻を使ってメニューを考えます

 

ほうれん草や小松菜、キャベツや白菜などの葉物
にんじんやじゃがいも、大根などの根菜類果物
ほかにもわかめやひじきなどの海藻類きのこ類などがあります。

 

これらの食材をうまく組み合わせて副菜を作りましょう。

野菜類は食べやすい大きさにカットして茹で、冷凍保存しておけば、
1週間分の副菜が時短で調理できますよ。

 

野菜を一から茹でなくても、煮物や味噌汁、
スープなどの副菜が簡単に完成します。

 

離乳食後期になると食べられる野菜や果物も増えるので、
少しずつ副菜でチャレンジしていきましょう。

スポンサードリンク

離乳食後期の副菜が思いつかない!先輩ママに人気の簡単レシピを紹介!

離乳食後期になると1日3食分のレシピを考えなければいけません。

できれば事前にレシピを考えておいた方が作りやすいですよね。

 

でも、レシピがマンネリ化してしまったり、
何を作ればいいか思いつかない日もあるでしょう。

 

特に副菜を思いつかないとお困りのママは多いようですね。

そこで、先輩ママに人気の、離乳食後期の副菜簡単レシピをご紹介していきますね!

さつまいもおやき

 

この投稿をInstagramで見る

 

そらしゅん(@sorasyun_gram)がシェアした投稿

<材料> ※1食分

・さつまいも…70g
・水…小さじ4
・片栗粉…小さじ3
・バター…少々

<作り方>

さつまいもの皮を剥き、大きく角切りにして、
電子レンジで加熱するか、蒸し器で蒸して柔らかくします。

加熱または蒸したさつまいもをボールに入れて潰します。
潰れてきたら、片栗粉の順に入れてよく混ぜます。

③全体が混ざったら、食べやすい形に形成します。
スティック状にすると手掴み食べがしやすいですよ。

④フライパンを熱し、バターを少々溶かして、
さつまいもを両面焼きます。
焼き色が付くまでじっくりと焼いたら完成です。

野菜の粉チーズあえ

<材料> ※1食分

・じゃがいも…1/4個
・にんじん…1/4個
・冷凍枝豆…4粒
・粉チーズ…少々

<作り方>

じゃがいもにんじんは皮を剥き、一口大に切り、
柔らかく茹でます。

冷凍枝豆は電子レンジで解凍してさやから豆を取り出し、
薄皮を取り除いて半分に切ります。

じゃがいもにんじん冷凍枝豆の水分をよく切って、
荒熱が取れたら粉チーズを少々まぶしたら完成です。

スポンサードリンク

離乳食後期のハムは掴んでも食べやすいオススメ食材!成分には注意!

ハムエッグやサンドイッチ、
パスタなどのメニューに使われる「ハム」は、
さまざまな食材と相性が良いです。

 

子どもにも大人にも人気なハムですが、
離乳食後期頃から使い始めるご家庭が多いようですね。

 

ハムは手掴みでも食べやすいので
離乳食後期の手掴み食べが始まった子には、
オススメの食材でよ!

 

しかしハムは加工食品なので、
塩分や添加物など成分が気になりますよね。

 

大人が食べるとちょうどいい塩加減かもしれませんが、
離乳食中の赤ちゃんには塩分が強いです。

なので、そのままあげるのは避けましょう

 

一度茹でて塩分や添加物を取り除いてから調理するのが基本です

 

また、離乳食で使うハムは、できるだけ塩分や添加物が少ないものや、
国産豚肉100%を使用しているものを選ぶと安心ですよ。

 

そして、成分表示を確認し、塩や発色剤、香辛料に漬け込んでいない、
「無塩せき」のハムを選ぶようにしましょう。

 

発色剤は健康に害を及ぼす危険性があるので、
赤ちゃんには避けた方がいいですね。

 

このように、ハムを買う際には成分よく確認し、
茹でて塩分や添加物を取り除いてから使えば、
離乳食後期のレシピにも役立ちますよ!

栄養もあって彩りにもなって優秀!離乳食後期のオススメねぎレシピ!

汁物や鍋物、トッピングすれば彩りにもなる優秀な「ねぎ」ですが、
実は栄養もあるんですよ。

 

ねぎは血行を促進して体を温める作用があり、
高血圧の予防にもなります。

 

また、免疫力を高める働きもあるので、
風邪に効くともいわれていますよね。

 

そんな優秀なねぎを、離乳食後期にも取り入れていきましょう。

ねぎを使った、離乳食後期にオススメのレシピをご紹介していきますね!

白身魚のチャーハン

<材料> ※1食分

・白身魚の刺身…1切れ
・にんじん…小さじ1強
・ねぎ…約2㎝
・5倍粥か軟飯…食べられる量
・ごま油…2〜3滴
・塩…少々
・溶き卵…1/2個

<作り方>

にんじんねぎは細かく切り、白身魚は皮と骨を取り除き、
一緒に柔らかくなるまでフライパンで茹でます。

②火が通ったら5倍粥か軟飯を加えて混ぜ、
ごま油を加えて更に混ぜます。

溶き卵を加え、火が通るようによく混ぜたら完成です。

鶏スープ

<材料>

・鶏挽肉…100g
・しいたけ…1個
・長ねぎ(白い部分)…10〜15㎝
・水…250〜300cc
・しょうゆ…小さじ1〜2
・片栗粉…小さじ1

<作り方>

しいたけ長ネギはみじん切りにします。

②小鍋にを入れて沸騰したら鶏挽肉を入れて弱火にし、
ふつふつとしてきたらしいたけ長ねぎを入れます。

③沸騰したらアクを取り、しょうゆを入れて、
火が通るまで煮ます。

④火が通ったら片栗粉でとろみをつけて完成です。

スポンサードリンク

塩分が気になるから茹でてから!離乳食後期の副菜にちくわも簡単!

メニューがマンネリ化しやすい離乳食後期ですが、
副菜にちょっと食材をプラスしてみても味に変化が出せますよ。

 

スーパーなどで気軽に購入できて、
値段も手頃な「ちくわ」も簡単に調理できますよね。

 

何だか物足りない時や、あと一品欲しい時、
ちくわがあればとても便利です。

ちくわは離乳食後期から食べられるので副菜にもおすすめです

 

気になる点としては、塩分や添加物が含まれていることでしょう。

ちくわはもともと、味が濃い目に作られている練り物です。

 

赤ちゃんにあげる場合はそのまま使用せず、
塩抜きをして、細かくカットしてから与えましょう

 

塩抜き方法は、ちくわを熱湯で数分茹でるだけです。

こうして下処理することで、安心して離乳食にも使えるでしょう。

 

ちくわを使った離乳食後期の簡単レシピをご紹介しますね。

ちくわのお好み焼き

<材料> ※ちくわ3本分

・キャベツ…3枚
・ちくわ…3本
・卵…2個
・小麦粉…大さじ4〜5
・サラダ油…少々
・水…大さじ2

<作り方>

キャベツを1㎝角にみじん切りにし、
ちくわは茹でて塩抜きをしてから、5〜10㎜角にカットします。

キャベツちくわ小麦粉をよく混ぜます。

③フライパンを熱し、薄くサラダ油を引き、
スプーンで食べやすい大きさに丸く生地を敷き、
弱火〜中火で焼きます。

④焼き色がついたら裏返し、フライパンのへりからを入れ、
蓋をして弱火で約2分蒸し焼きにします。

ソースケチャップしょうゆなど、
お好みで味付けしたら完成です。
余ったら冷凍保存も可能ですよ!

離乳食後期にコーンが人気!とうもろこしは時間がかかるからコーン缶で!

甘くてシャキッとするとうもろこしは、
子どもにも大人にも人気ですよね。

 

そんなとうもろこしは、コーン缶や冷凍でも気軽に購入できます。

コーンはサラダやシチュー、スープなど、
どんなメニューにも使うことができますよね。

 

離乳食後期にもコーンは人気の食材です。

とうもろこしは時間がかかって調理が大変だけど、
コーン缶ならすぐに使うことができるので、とても便利です

 

彩りも良く赤ちゃんも喜ぶ、離乳食後期の、
コーンを使ったレシピをご紹介していきますね!

コーンクリーム

<材料> ※コーン缶1缶分

・食塩無添加のコーン缶…1缶
・牛乳…150ml
・薄力粉…大さじ2

<作り方>

コーンはザルにあげるなどして水気を切ります。

牛乳と一緒にブレンダーにかけて、
しっかりととろとろの状態にします。

③とろとろになったら薄力粉を加え、
もう一度ブレンダーで混ぜます。

④混ぜたら小鍋に移し、弱火でゆっくりと混ぜながら煮込みます。
固まってきたら完成です。

 

完成したコーンクリームは、パスタに混ぜたりご飯に掛けたり
野菜などをプラスしてコーンクリームスープにしてもOKです。

ほんのり甘くて冷凍保存も可能な万能ソースですよ!

離乳食後期になってもほうれん草は優秀!冷凍保存のコツとオススメレシピ!

ほうれん草はビタミンやミネラルが豊富で、
離乳食初期から使える優秀な野菜です。

 

栄養豊富なほうれん草は、冷凍保存も可能なので、
離乳食後期になっても使い続けたいですよね。

 

そこで、ほうれん草の冷凍保存のコツと、
離乳食後期にオススメのレシピをご紹介していきますね!

 

まず、ほうれん草の冷凍保存の方法についてです。

ほうれん草の冷凍保存の方法

ほうれん草は根元の土が付着しているので
よく水洗いしてから調理します

 

そしてアク抜きを忘れてはいけません

熱湯でほうれん草を柔らかくなるまで茹でて、
流水にさらすことでアク抜きをします。

 

アク抜きをすることでエグみがなくなり、
美味しく食べられますよ!

 

茹でたほうれん草は細かくカットし、
保存袋や製氷皿に入れ、1週間で使い切れる量(50〜60g)を目安に、
冷凍保存しましょう。

 

続いて、離乳食後期にオススメの、
ほうれん草を使ったレシピをご紹介しますね!

ほうれん草じゃがいものコーンソテー

<材料> ※1食分

・ほうれん草…15g
・じゃがいも…20g
・コーン…大さじ1
・バター…5g

<作り方>

ほうれん草は茹でたらみじん切りにし、
じゃがいもは細切りにして柔らかく茹でます。
コーンは缶の汁を除いて使います。

②フライパンにバターを溶かし、①の材料を全て入れます。
よく混ぜて炒めます。
バターのいい香りがしてきたら火を止めて完成です。

離乳食後期の食事は副菜からメインを考える!みんなの簡単献立例!

離乳食後期の食事は主食、副菜、メインの主菜と、
3品ほどの献立を考えなければいけません。

 

栄養バランスを考えながら作るのは大変ですが
副菜からメインを考えると、献立を作りやすくなりますよ。

 

例えば、副菜は手掴みで食べられる野菜を1種類用意します。

にんじん大根さつまいもブロッコリーなどを茹でたものです。

 

手掴みで食べられるようにスティック状にしたり、
持ちやすい大きさに整えましょう。

 

副菜を決めたら、主食のお粥やうどん、パスタなどを決めます。

 

そして、メインの主菜を決めます。

肉や魚、野菜や豆腐を組み合わせたおかずやスープですね。

 

では離乳食後期の簡単献立例をご紹介していきますね。

副菜

・さつまいもスティック

主食

・お粥(5倍粥)

主菜

・具沢山スープ
(キャベツ、玉ねぎ、鶏ササミ)

 

メインのスープは、和風出し、ミルク風、トマト風など、
具材によって味を変えればバリエーションが広がりますよ!

 

全体的に栄養バランスが不足しているかなと思ったら
おかゆやうどんにしらす、納豆、きなこ、
青のりなどの食材を一品プラスしてみましょう

まとめ

離乳食後期の食事作りは大変ですよね。

副菜となる野菜を事前に茹で、下処理して冷凍保存しておけば
簡単に調理ができて時短にもなりますよ。

 

副菜が思いつかない時にオススメの人気簡単レシピは、
さつまいもおやき」、「野菜の粉チーズあえ」です。

 

ハムは手掴みしやすく食べやすいですが、
調理前に茹でて塩分や添加物を除去しましょう

 

栄養豊富なねぎレシピは、「白身魚のチャーハン」、
鶏スープ」がおすすめです。

 

ちくわを使うとき、熱湯で茹でて塩抜きしてから調理しましょう。

 

コーン缶」は離乳食後期にも人気です。

コーンを使った「コーンクリーム」は冷凍可能な万能ソースですよ!

 

ほうれん草は茹でて細かくカットして、1週間ほど冷凍保存可能です。

ほうれん草じゃがいものコーンソテー」がおすすめレシピです!

 

先に副菜の野菜を1種類考えてから
主食とメインのおかずを決めましょう

メインは具材に合わせて味を変えればバリエーションが広がります。

タイトルとURLをコピーしました