3歳児用のお弁当の作り方!詰め方やおすすめの冷凍食品まで徹底解説!

スポンサードリンク

楽しい遠足にはママの手作りお弁当が欠かせませんよね。

お昼のお弁当タイムは子どもたちの楽しみの一つでもあります。

 

ママとしてはおいしいお弁当を作って、
子どもに喜んでもらえたら嬉しいですよね。

 

特に初めての3歳児用のお弁当となれば、
作り方や詰め方などよく分からないといった声も聞かれます。

 

そこで、3歳児にぴったりのお弁当の作り方について、
詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

お弁当の作り方や詰め方のほかに、
バリエーションが豊富な冷凍食品などについて、
徹底解説していきますね。

 

まずは詰め方のポイントについてです。

 

完食してもらい、達成感を味わってもらうためにも、
ご飯いつもよりも少ない量で、おかず子どもが好きなものを中心に詰めましょう

 

おかずと彩りを心掛け、
カラフルで可愛いバランやピックを使ってもいいですね。

 

また、おかずの大きさは、食べやすいように小さめにすることです。

 

詰め方のポイントは、大きいおかずから順に入れていきます

主食のご飯やパン、おにぎりを最初に入れるのがベストですね。

 

そして、おすすめの冷凍食品は、
ハンバーグからあげコロッケなどです。

最近の冷凍食品はおいしいと評判ですよね。

 

それでは、3歳のお弁当の作り方について、
更に詳しくみていきましょう!

スポンサードリンク

3歳児が喜ぶお弁当!先輩ママ直伝!お弁当作りのコツ!

3歳児といえば保育園や幼稚園に通い出し、
お弁当を食べること自体にまだ慣れていないでしょう。

 

ママもまだ作り慣れていない方が多いかと思います。

 

3歳児はどんなお弁当を作れば喜んでくれるのか、
先輩ママ直伝のお弁当作りのコツをお伝えしていきますね!

 

まず、お弁当の量についてです。

 

自宅でご飯を食べる時との違いは、
食事の時間が決められていることです。

 

決められた時間内で食べ終えなければいけません。

なので、時間を気にせずゆっくりと食べているわけにはいきませんよね。

 

また、慣れない場所で慣れないお弁当を食べるのは、
普段より時間もかかってしまいます。

 

そのような点を考慮し、3歳児のお弁当の量は、
いつもよりも少な目」がポイントです

 

そして、食べやすいものを入れることを心掛けましょう。

 

おにぎりやサンドイッチなど、手づかみで食べられる物がいいですね。

 

3歳児はまだお箸を使うのは難しいですし、個人差はありますが、
フォークやスプーンを使うのにも時間がかかります。

 

そしておにぎりやサンドイッチは、
食べやすい大きさがおすすめです。

 

あまり大きくせず、一口サイズを意識すると詰めやすく、
子どもも食べやすいでしょう

 

また、おかずについては、基本的に子どもが好きな物を中心に入れてあげましょう

 

栄養面を考えたら、ママとしては苦手な野菜もしっかり摂って欲しいと思いますよね。

 

しかし、決められた時間内に無理せず食べられることが大切です。

なので、基本は好きなおかずを中心に入れてあげましょう。

 

栄養面については普段の食事で、
苦手な食べ物も少しずつ食べられるように工夫すれば大丈夫です

 

それにお弁当を開けて好きなおかずが入っていると、
子どもも喜びますよね。

 

遠足など特別な日には、子どもが喜ぶお弁当にしてあげましょう。

3歳の我が子に持たせるお弁当!食べやすくて衛生面も安心のオススメ食材!

では、3歳児に持たせるお弁当は、
どのような内容がベストなのでしょうか。

 

食べやすいことはもちろんのこと、衛生面も気になりますよね。

安心のオススメ食材をご紹介していきますね!

揚げ物

揚げ物は子どもが大好きなおかずの一つですよね。

3歳児のお弁当のおかずにも人気です。

 

子どもに人気といえば、唐揚げとんかつでしょうか。

また、揚げ物は中まで火が通っているので安心食材ですよ。

梅干し

梅干しはそのまま入れるよりも、ご飯に混ぜ込んで詰める
もしくは梅干しの混ぜ込みおにぎりが、
子どもでも食べやすいのでオススメです。

 

サッパリとして抗菌効果もバッチリですよ。

冷凍食品

冷凍食品も実はお弁当にオススメ食材なんですよ。

 

バリエーションが豊かな冷凍食品の中でも、
特にそのままお弁当に詰められるタイプがオススメです。

 

自然解解凍でもおいしいですし、何よりも保冷剤代わりになりますので、
衛生面も安心ですね。

きんぴらごぼう

きんぴらごぼうは濃い目の味で、汁気が出ないため、
お弁当のおかずにはピッタリです。

それに子どもはしょうゆ味が大好きですよね。

 

3歳児用には薄く切って作ると食べやすいでしょう。

3歳児にピッタリなお弁当のおすすめ容量は!?どれくらい食べれる!?

お弁当を作る前に、まずお弁当箱を用意しなければいけません。

 

さまざまなタイプのお弁当箱が販売されていますが、
3歳児にピッタリな容量はどれくらいなのでしょうか。

 

おすすめの容量は、280~300mlです

 

これは、3歳児がどれくらい食べられるのかを基準に考えた量になります。

 

3歳児の胃の容量は、約500mlが目安です。

お弁当だけでなく、水分もプラスして考えましょう

 

また、食欲には個人差がありますので、
子どもの食べられる量に応じて調整してあげましょう。

 

しかし、基本は小さ目で全部食べられる量がベストです。

詰めすぎもNGですね。

 

残さず食べられると、完食できたことによる達成感が味わえますよ!

 

お弁当箱の半分くらいのスペースに主食を詰め、
もう半分のスペースには主菜・副菜を、
半分ずつ詰めるのがポイントです。

 

スペースが余ったら子どもが好きなフルーツを入れると喜ばれますね。

スポンサードリンク

3歳児のお弁当!大事なのは食べやすくて可愛い詰め方!写真で解説!

3歳児のお弁当作りには、大事なポイントがいくつかあります。

 

まずは食べやすいお弁当であること、そして見た目が可愛ければ、
子どもは食べようという気持ちになります

 

3歳児にオススメお弁当の写真も一緒にご紹介しますね。

 

先ほどもお伝えしましたが、お弁当の詰め方の基本は、
半分に主食もう半分には主菜・副菜を詰めます。

 

お弁当の主食といえば、おにぎりサンドイッチなどですね。

おにぎりやサンドイッチは小さく丸めた一口サイズにすると食べやすいですよ。

 

そして主菜お肉などのおかずです。

子どもが好きなおかずといえば、唐揚げミートボール
ハンバーグなどでしょう。

 

副菜ミニトマトポテトサラダブロッコリー卵焼きなど、
野菜を中心に考えます。

 

ブロッコリー人参アスパラなどの野菜は、
カラフルな上に隙間に入れられるので便利ですよ。

 

詰め方のポイントは、食べやすい大きさにすること

唐揚げやハンバーグなどのおかずは、
カットして小さくしてから詰めましょう

 

また、見た目を可愛くするには、可愛らしいバランやピックなど、
お弁当グッズの使用もオススメです。

 

食べやすくて可愛い3歳のお弁当の写真を、
ぜひ参考にしてみてください!

 

この投稿をInstagramで見る

 

a(*ˊᗜˋ*)/m.uuy.h(@0207yuu0123)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@hika.mei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

rumi(@rumimin3)がシェアした投稿

完食してほしい!3歳児用お弁当に入れるオススメのおかず5選!

3歳のお弁当、ママとしては完食して欲しいものです。

子どもが好きなおかずを入れ、おいしく食べてもらいましょう。

 

そこで、3歳児用お弁当にオススメのおかず、
5選をお伝えしていきますね!

ハンバーグ

<材料>

・合挽き肉…300g
・玉ねぎ(すりおろし)…半分~1個
・パン粉…大さじ3
・塩コショウ…少々
☆ケチャップ…大さじ3
☆ソース・みりん…各大さじ2
☆砂糖・醤油・油…各大さじ1

<作り方>

☆の調味料を混ぜ合わせておきます。

他の材料をしっかりとこね、お好みの大きさに分けます。

③フライパンにを引いて、中火で焼き、焦げ目が付いたら裏返し、
蓋をして蒸し焼きにします。

④火が通ったら☆のタレを絡ませ、1~2分蒸し焼きにして完成です。

にんじんのツナ煮

<材料>

人参…2本(300g)
ツナ(オイル缶詰)…小1缶
サラダ油…適量


しょうゆ…大さじ2
みりん…大さじ2
塩…少々

<作り方>

①スライサーなどを使って人参を細切りにします。

②フライパンで人参を炒め、しんなりしたら汁を軽く切ったツナと、
を入れ、で味を調えたら完成です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

akina(@nyaromememe)がシェアした投稿

青のりポテト

<材料> ※1人分

・じゃがいも…1/2個
・青のり…少々
・塩…少々

<作り方>

じゃがいもを細長く切り、塩ゆでします。

②火が通ったらザルに取って水気を切り、
青のりをまぶして完成です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Azusa in the Kitchen(@azusasasakiho)がシェアした投稿

スティックゴマチキン

<材料> ※4~5人分

・鶏もも肉…2枚


・しょうゆ…大さじ3
・酒…大さじ1
・ごま油…大さじ1
・塩…少々
・しょうが汁…小さじ2
・白すりごま…大さじ1
・黒炒りごま…大さじ1

・片栗粉、揚げ油…各適量

<作り方>

①めん棒で鶏肉の厚さを整え、スティック状に切り、
に漬けます。

漬けた鶏肉片栗粉をまぶし、中火に熱した油で揚げます。

③揚げたら持ち手の部分にアルミホイルを巻き、完成です。

甘い卵焼き

<材料> ※卵2個分

・卵…2個
・砂糖…小さじ2
・ほんだし…小さじ1/3
・塩…少々

<作り方>

①ボウルにを割り、調味料を入れて混ぜます。

②フライパンが温まったらを1/3流し、手前に巻きます。
これを2回繰り返したら完成です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nagisakim(@nagitamaruo)がシェアした投稿

3歳のお弁当に冷凍食品が時短のカギ!先輩ママの意見を聞きたい!

お弁当のおかずにとっても便利な冷凍食品ですが、
3歳児のお弁当にはどうなのか、先輩ママの意見を聞いてみましょう。

 

3歳児のお弁当には、およそ6割のママが冷凍食品を使っています

何といっても時間がない時に助かるという声が多いですね。

 

全てのおかずを手作りしている時間がないとき、
もう一品欲しい時などに、冷凍食品はとっても便利です。

 

最近はおいしくて種類も豊富なので、
子どももおいしいと満足してくれますよね。

 

また、自然解凍OKなおかずは、お弁当に入れておくだけで、
保冷効果が期待されます

 

人気がある冷凍食品は、ハンバーグからあげコロッケです。

作ると手間がかかりそうなものが人気ですね。

 

このように、時短になるため、揚げ物を冷凍食品に頼るママは多いです。

また、反対に野菜は冷凍というママもいます。

 

その日に合わせて必要なおかずを利用する形がいいでしょう。

これなら食べれる!3歳のお弁当に野菜を彩りに使って可愛く入れる!

野菜は苦手という3歳児は多いです。

 

でもせっかくなので、3歳のお弁当に野菜を彩りに使い、
可愛く作ってみませんか。

 

お弁当にピッタリの野菜は、ミニトマトコーンブロッコリー
きゅうりかぼちゃ人参などです

 

そこでお弁当におすすめの野菜レシピをご紹介しますね。

かぼちゃのレンジ甘煮

レンジを使って簡単に作れます!

<材料> ※1/4個分

・かぼちゃ…1/4個
・砂糖…大さじ2


みりん…大さじ1
しょうゆ…大さじ1
水…3/4カップ

<作り方>

かぼちゃのワタを取り、一口大に切り、耐熱容器に入れ、
砂糖をかけたら、を加えてふんわりとラップします。

②500~600Wのレンジで6分加熱し、混ぜてから再び1~2分加熱して完成です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

no-ri-(@norichoa)がシェアした投稿

人参のだし煮

<材料> ※人参1本分

・人参…1本


・水…50cc
・醤油小さじ…1/2
・だしの素小さじ…1/4

<作り方>

人参の皮をむき、厚さ1㎝ほどに切ります。
星やハート型にくり抜くと可愛いですよ!

②レンジ加熱可能な容器に、人参を入れ、
600Wで6~8分加熱し、柔らかくなったら完成です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ご飯記録用(@95meshi75)がシェアした投稿

まとめ

3歳児用お弁当の作り方や詰め方のポイントは、
全部食べられる量にすることです

 

いつもよりも少な目でOKです。

まずは完食して達成感を得ることです。

 

おにぎりなど一口サイズで食べやすいようにして、
好きなおかずを中心に詰めましょう。

 

揚げもの梅干し冷凍食品は食べやすく、
衛生面でも安心です。

 

お弁当の容量280~300mlがベストです。

半分に主食もう半分は主菜と副菜を半分ずつ、
詰めすぎないようにしましょう

 

お弁当は食べやすくて見た目も可愛いものが喜ばれます。

可愛いピックやバランなど、お弁当グッズの利用もいいですね。

 

オススメおかずは、ハンバーグにんじんのツナ煮青のりポテト
スティックゴマチキン甘い卵焼きです。

 

冷凍食品を上手に利用すれば時短になり、
ママのストレスも軽減されますよ!

 

彩りを出すには野菜を使いましょう。

かぼちゃのレンジ甘煮人参のだし煮がオススメです。

 

副菜ミニトマトコーンブロッコリーも人気です。

タイトルとURLをコピーしました