エルゴ抱っこ紐はいつまで使う?1歳半過ぎると乗り出してきて厳しい?

スポンサードリンク

ママと赤ちゃんの外出時に、
抱っこ紐は欠かせないアイテムの一つですよね。

 

赤ちゃんを包み込み守ってくれる抱っこ紐があることで、
外出先でも安心です。

 

赤ちゃんには欠かせないアイテムの抱っこ紐ですが、
いつまで使うのかと疑問に感じる方も多いと思います。

 

抱っこ紐はメーカーによって、適用月齢が異なることがあります。

 

『エルゴベビー』は、世界中で多くの方に愛用されている抱っこ紐です。

 

ハワイで誕生したエルゴは、赤ちゃんの動きやすさと快適性に優れたデザインで、
日本でも多くの方が使用していますよね。

 

エルゴの抱っこ紐は、タイプ別にさまざま販売されています。

 

なかでも定番シリーズの『オリジナル』と、
『360(スリーシックスティ)』は、
4ヶ月(首が座ってから)~48ヶ月まで使用できます

 

『OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)』、『ADAPT(アダプト)』は、
0ヶ月~48ヶ月まで使用できます

 

使用月齢は、新生児からOK、
もしくは首が座ってきた4ヶ月頃からOKですね。

 

どれも48ヶ月(4歳)まで使用可能とされていますが、
抱っこは24ヶ月(2歳)までで、
6ヶ月から48ヶ月の間はおんぶで使用してもOKです

 

多くの方は、赤ちゃんが歩けるようになる頃を目安に、
抱っこ紐を卒業するようです。

 

歩けるようになるには個人差がありますので、
だいたい1歳半頃~2歳頃が多いのではないでしょうか。

 

しかし、1歳半を過ぎた頃になると、抱っこしていても、
乗り出してくることもあるので、厳しいかもしれません。

 

赤ちゃんが寝ているとき助かりますが、活動したいときや、
降りて歩きたい場合は特に乗り出してきます。

活発に動くようになってきたら、気を付けなければいけません。

 

しかし、外出して疲れてきたり、眠りたいときには、
抱っこ紐の存在は欠かせませんね。

スポンサードリンク

エルゴ抱っこ紐は何キロまで?一応20kgだが14kgでギリギリ説も!

抱っこ紐は月齢とともに、何キロまで使用できるのかが、
説明書に記載されています。

 

しかし、赤ちゃんの体重は多少個人差があるので、
月齢と体重が必ずしも合っているとは限りませんよね。

 

では、エルゴ抱っこ紐は何キロまで使用できるのでしょうか。

 

エルゴ抱っこ紐の体重制限は、最大で20㎏です

しかし、20㎏で使用できるのは、おんぶの場合のみです

 

20㎏といえば5~6歳の平均体重になります。

それくらいの年齢でおんぶされている子は、
ほとんどいないかと思いますが、使用は可能とうことですね。

 

抱っこの場合の体重制限は、最大で12~13㎏までです

 

抱っこ紐として使用すると考えたら、
頑張っても14㎏くらいでギリギリですね。

 

月齢でいえば、24ヶ月~36ヶ月くらいになるでしょうか。

2~3歳くらいです。

 

10㎏を超えると、赤ちゃんはだいぶ重く感じられます。

そのため10㎏を目安に、抱っこ紐を卒業するママが多いようですね。

 

10㎏といえば1歳半~2歳くらいの平均体重です。

歩き始めるようになって間もない頃ですね。

 

外出時に疲れたら、抱っこが必要になります。

そのため、抱っこ紐が無いよりはあった方が絶対に助かります。

 

抱っこ紐なしで抱っこし続けるのはかなり辛いものです…。
というか無理でしょう。

 

それに赤ちゃんが疲れて眠ってしまったときにも、
抱っこ紐があれば助かりますよ!

 

3~4歳頃までなら、外出時に疲れて眠ってしまっても、
おんぶで使うこともできます。

 

ママの負担を減らすには、やはりエルゴ抱っこ紐は欠かせませんね。

エルゴ抱っこ紐の付け方…対面抱きは腰ベルトを装着し赤ちゃんを抱っこ!

エルゴ抱っこ紐の付け方は複雑そうに見えて、
最初は戸惑うかもしれませんね。

 

しかし慣れるとパパっと装着できるようになるので、
大丈夫ですよ!

 

では、エルゴ抱っこ紐の付け方を、ご説明していきますね。

対面抱きの付け方

新生児から使える対面抱きの付け方です。

 

①最初に腰ベルトを装着します。
赤ちゃんを抱っこし、抱っこ紐本体を身体の前に倒しておきます。

②赤ちゃんの両足が身体の両脇にくるように抱っこしましょう。
抱っこ紐本体を赤ちゃんの背中に被せます。

③右手で赤ちゃんと本体を支えます。
そして自分の左腕を、左の肩ひもに通します。

④次に左手で赤ちゃんを支え、
自分の右腕を右の肩ひもに通しましょう。

⑤首の後ろ辺りに両手を回し、胸ストラップのバックルを留めます。
ストラップのアクリルテープを引っ張って締めましょう。
ストラップが緩いと落ちてくるので、調整して締めましょう。

後ろに手を回して留めづらい場合は
事前に胸バックルを留めておき、頭を通しておいてもOKです。

エルゴ抱っこ紐は2種類!最上級モデルOMNI360とADAPT!

日本でも人気のエルゴ抱っこ紐ですが、
どんな種類があるのか気になりますよね。

 

エルゴ抱っこ紐には主に2種類のタイプがあります。

 

最上級モデルの『OMNI360』と、定番タイプの『ADAPT』です。

 

それぞれの特徴をご説明しますね。

OMNI360

OMNI360は、新生児~3歳頃まで使用可能です。

抱っことおんぶ合わせて、4通りの抱き方が可能です

前向き抱きでも使いたい方にはおすすめです。

 

価格は3万円ほどになります。

ADAPT

ADAPTは、新生児~4歳頃まで使用可能です。

抱っことおんぶ合わせて、3通りの抱き方が可能です

前向き抱きはできません

 

デザインが豊富なのが魅力的です。

価格は2万5千円ほどです。

 

どちらも新生児から、付属品(インサート)なしで利用できます。

実際に店頭で試してみると、選びやすいかと思います。

エルゴ抱っこ紐の付け方…新生児はタオルで底上げし脚を出さずに!

スポンサードリンク

エルゴ抱っこ紐には、新生児から使えるタイプもあります。

 

初めて抱っこ紐を使うのって、ちょっと緊張しちゃいますよね。

 

でも、付け方をマスターすれば、大丈夫ですよ!

対面抱きの付け方

新生児のエルゴ抱っこ紐の対面抱きの付け方を、
ご説明していきましょう。

 

①赤ちゃんを抱っこして、抱っこ紐本体にくっつけます。
アジャスターをボタンに留めて、
本体の上にベビーウエストベルトを乗せましょう。

②赤ちゃんのお尻とサポートクッションの位置を合わせます。

③赤ちゃんのお腹の前で、ベビーウエストベルトを巻きます。
必要なストラップを全て留めます。

④続いて抱っこ紐をご自分の身体に取り付けます。
ウエストバンドをおへその位置に固定し、
脱着テープとウエストストラップを留めます。

⑤肩側のストラップの長さを合うように調整します。
できたら、キャリアアタッチメントのボタンを外します。

⑥赤ちゃんをしっかりと固定し、
ウエストベルト周辺のボタンを留めます。

⑦外しておいた、キャリアアタッチメントのボタンを留めて、
ストラップを肩にかけ、赤ちゃんを抱っこ紐に覆いかぶせます。

⑧自分の首の後ろに両手を回し、胸ストラップのバックルを留めます。

このときに、ストラップが落ちないように、
長さを調整してください。

⑨最後に両肩のストラップの長さも調整して、
赤ちゃんがフィットしているか確認して下さい。

 

新生児の赤ちゃんはまだ小さいので、
無理に足が出ていなくても大丈夫です。

 

もし、抱っこ紐の中で赤ちゃんがずれてしまう場合は、
底上げ用にタオルを一枚挟んで、
ずれないように調整してみてくださいね。

1ヶ月検診の抱っこ紐にエルゴは?脚を出しての対面抱きが可能かも!

出産して1ヶ月経つ頃には、1ヶ月検診があります。

初めての検診と慣れない赤ちゃんとの外出で、
ママも緊張しちゃいますよね。

 

1ヶ月検診の際には、エルゴ抱っこ紐があれば便利ですよ!

 

抱っこ紐を使えば、荷物が多くても両手が使えるし、
なんといっても赤ちゃんが安心できるというメリットがあります。

 

検診に行くまで、電車やバスで移動する方にとっては、
両手が使えることは助かります。

 

1ヶ月検診には、赤ちゃんの脚を出した状態の、
対面向きが可能になります

 

対面向きとは、ママと赤ちゃんが向かい合わせになった状態の抱き方です。

 

多くの抱っこ紐で対応することができる、定番の抱き方ですね。

 

首を支えることができるように作られているので、
新生児の小さな赤ちゃんでも使用できるタイプがほとんどです

 

新生児用のエルゴ抱っこ紐以外では、
『インファイントインサート』という、
新生児用のパッドが別売りで販売されているので、ご安心ください。

 

新生児の首をしっかりと支えてくれますよ。

 

エルゴ抱っこ紐は赤ちゃんにとって、自然な姿勢になれるので、
リラックス効果も高く、安心して1ヶ月検診を迎えられることでしょう。

 

エルゴ抱っこ紐の付け方に自信がない方は、
検診に行く前に自宅で、何度か練習してみるといいですよ。

すぐに慣れることでしょう。

 

新生児はまだ小さいので、頭もすっぽりカバーに入り、
完全に包まれている状態になります。

頭部も守られるので、外では安心ですよ!

エルゴの抱っこ紐…前向きはいつから?首が座った5ヶ月以降は可能!

エルゴの抱っこ紐は、前向きが可能なタイプもあります。

 

前向き抱きとは対面抱きの反対で、
赤ちゃんが正面になるような抱き方です。

ママと向かい合わず、前を向いた状態ですね。

 

しかし、この前向き抱きはいつから可能なのかと疑問ですよね。

 

エルゴ抱っこ紐での前向き抱きは、5ヶ月~12ヶ月まで可能です

5ヶ月からOKではありますが、
基本的に首が座ってからになりますね。

 

前向きでも自然な開脚姿勢になるように作られているので、
安心ですよ。

 

赤ちゃんが前を向くことで視界が広がり、
周囲とコミュニケーションが取れるといったメリットがあります。

 

また、風や光といった自然を感じることで、
脳が刺激されて赤ちゃんの発達にもプラスになります。

 

暖かくて天気がいい日のお散歩は、
赤ちゃんにとっても気持ちがいいものです。

 

長時間は赤ちゃんの負担になりますが、
ちょっとしたお出かけやお散歩に適したのが、前向き抱きです。

 

いつから使えるのか疑問に思ったら、
5ヶ月を過ぎ、首が座ってから、と覚えておきましょう!

エルゴ抱っこ紐…前向きのやり方は腰ベルト⇒抱っこ⇒肩ストラップ!

続いては、エルゴ抱っこ紐の前向きのやり方について、
ご説明していきますね。

前向きのやり方

①シートアジャスターを内側のボタンに留めます。
このときに、肩アジャスターのバックルが留まっているか、
確認をしましょう。

②赤ちゃんを前向きにして抱っこして、
ベビーウエストベルトを取り付けます。

③赤ちゃんを正面の高めの位置で抱っこして、
脚がMの字になるように支えます。

④ヘッド・ネックサポーターを持ち上げ、
赤ちゃんの身体にフィットするように固定します。

⑤肩にストラップをかけたら、両手を自分の首の後ろに回し、
胸ストラップのバックルを留め、長さを調整しましょう。
このとき、赤ちゃんの脚がMの字姿勢になるようにしてください。

⑥肩ストラップの長さを調整して完了です。

 

エルゴ抱っこ紐の前向きのやり方は、
肩と胸のストラップに関しては、ほかの抱き方と同じです。

 

ポイントは、赤ちゃんの姿勢を整えてあげることです。

脚をちゃんとMの字姿勢にしてあげれば、楽になりますよ。

まとめ

人気のエルゴ抱っこ紐は、最大で48ヶ月まで使用できます

しかし、1歳半~2歳頃まで使用している方が最も多いです。

 

エルゴ抱っこ紐は、おんぶで最大20㎏までOKですが、
抱っこの場合は13~14㎏でギリギリです。

 

対面抱きは最初に腰ベルトを装着し、
赤ちゃんを抱っこしながら取り付けます。

 

エルゴ抱っこ紐には主に、最上級モデルの『OMNI360』
定番タイプの『ADAPT』があります。

店頭で試し、合うタイプを選ぶことをおすすめします。

 

新生児の場合の付け方のポイントは、
脚が出ていなくてもOKで、底上げ用にタオルを入れることです。

 

1ヶ月検診には、対面式がおすすめです。

両手が使えて移動中も安心ですよ。

 

前向き抱きは、首が座った5ヶ月~12ヶ月までとなります。

 

エルゴ抱っこ紐の前向きの付け方で、
肩や胸ストラップ調整は、ほかの抱き方と同じです。

ポイントは赤ちゃんの姿勢を調整してあげることです。

 

初めての抱っこ紐でも、
エルゴなら安心して使うことができますよ!

タイトルとURLをコピーしました