ママ友ランチが面倒…金銭感覚が合わない・距離感近すぎは警戒せよ!

スポンサードリンク

子育てにはママ友とのお付き合いも欠かせなくなってきますよね。

入園前には少なかったママ友との交流…。

入園後にはぐっと増えていきます。

そんなママ友との交流に欠かせないのがランチです。

特に入園後は、ママ友作りに一生懸命になるママが多いのではないでしょうか。

ママ友とのランチ会に参加した後はどっと疲れたりと、
正直ランチ行くのが面倒、と感じているママも少なくありません。

クラスの交流を兼ねたランチ会や、
子どもの習い事絡みのランチ会など、
割と大規模なランチ会…気を使いますよね。

考えるだけで面倒、疲れちゃうって感じたり…。

そして…
金銭感覚が合わないママ友や、
距離感近すぎるママ友は警戒してください

ママ友と金銭感覚が合わなかったりすると、
ますます行くのが面倒に…。

ごくたまにならばいいけれど、
金銭感覚が違いすぎるママ友とのランチは、
嫌になってきちゃいますよね。

話も合わない場合が多いでしょう。

また、仲良くなったからといって、毎回ランチしよう!

など距離感が近すぎるママ友も注意です

ランチしながらお互いの色々な話をするのは楽しいのですが、
プライベートや相談話から、次第にお願い事に発展したり…。

重荷に感じ始めたら、ランチするのが面倒になってきますよね。

ママ友とのランチ、面倒になり始めたら無理しないことです。

ママ友ランチにありがちなトラブルは?来ない人の悪口と自慢話は厳禁!

スポンサードリンク

ママ友ランチでのありがちなトラブルについてお話ししますね。

まずは、ランチ代をちゃんと支払わない人は危険です

曖昧にせずきっちりと割り勘にすると、後々トラブルになりません。

一人一人会計ができるならそうした方がいいです。

お金のことに関しては少額でも、
しっかり支払うことを心がけたいものです。

ランチで批判的なことばかり言うママ友も嫌われます

楽しみにしてたママとのとのランチに行って、
批判されたり否定される言い方をされたら、
誰だって面白くないですよね。

一気に嫌な気持ちになって今後は行きたくなくなります。

そして、ランチに来てない人の悪口を言うのは厳禁です

その時はついつい盛り上がってしまうかもしれませんが、
どこで人の耳に入るかわかりません。

ママ友同士どこかで繋がっているかもしれないし、
悪口を言うことでトラブルに発展する恐れもあります。

また、自慢話も厳禁です

自慢話は聞いてる人によっては、
嫉妬したりと嫌な気持ちになることも。

自慢されている方は面白くはないですよね。

もうランチ行きたくない!って思われたり…。

このように、ママ友とのランチでトラブルが起きる場合もあるので、
発言にはくれぐれも気を付けて、楽しい時間を過ごしたいですね。

ママ友ランチ行きたくないなら無理せず…また誘ってと言っておこう!

楽しいときもあるけれど、
行きたくないこともあるママ友とのランチ。

疲れているときや、忙しいとき、気分が乗らないときなど、
断りたいけどどう言ったらいいの?

そんなこともありますよね。

まず行きたくないときは無理しないことです

ランチ会を当日欠席する方ってたまにいますよね。

子どもの具合が悪かったり、家の急用ができた、
体調が悪いなど理由は様々です。

それぞれ家庭があるのだから、
何かあって急に行けなくなるなんてことは、
ママ友ランチにはつきものです。

行けなくなったからと言って、責め立てる人はいないでしょう。

なので無理して行かなくても大丈夫ですよ。

断るときは、「また誘ってね!」と、一言伝えましょう

「誘ってくれてありがとう」という相手を気づかう気持ちがあれば、
印象も悪くないですよね。

行きたくないときは案外誰にでもあることなので、
真剣に悩みすぎなくても大丈夫ですよ。

ママ友ランチを断るときは事実を正直に!時々は自分から誘ってみよう!

スポンサードリンク

ママ友とのランチを断る…誰だって一度は経験ありますよね。

私自身何度か断ることもありましたし、断られたこともあります。

でも断られたからってそんなに気にしないですよ。

よくあることだと思っています。

そんなときは、なるべく事実を正直に伝えることがベストです

自分の体調がいまいち、子どもが熱を出した、
どうしても今日中にやらなければいけないことができてしまった…などなど。

どうしても気分が乗らなくて断ることもあるでしょう。

事実を伝えづらいときは、
体調が優れないなどやんわりと伝えましょう。

ママ友もランチを楽しみにしていたと思うので、
今度は自分からランチに誘ってみるのもいいですね。

時々は自分から誘ってみると、
きっとママ友に喜んでもらえるでしょう。

まとめ

ここまでママ友ランチについてお話してきましたが、
気の合うママ友とのランチなら本当に楽しいものです。

ただそんなときでも、面倒に感じてしまったり疲れてる時は、
誰でも経験があることだと思います。

行きたくないときは無理しなくても大丈夫ですよ。

そして、ランチに参加する場合は、
支払いや自慢話と悪口に気を付けてくださいね。

金銭感覚、距離感も大事ですね。

また、ランチを断る場合はなるべく理由を正直に伝え、
自分からも時々誘ってみましょう。

誘われるって嬉しいものですよね。

そうすることで、きっと友好なママ友関係を続けていけるでしょう。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする