【港神戸花火大会2018】穴場スポット・臨時駐車場・交通規制まとめ

スポンサードリンク

【みなとこうべ海上花火大会2018】概要・日程・アクセス

大会名 兵庫県政150周年記念イベント
第48回みなとこうべ海上花火大会
開催日時 平成30年8月4日(土)
19時30時~20時30分
※雨天決行。荒天中止。中止決定は当日15:00です。
落雷の可能性がある場合は予定が変更になる可能性があります。
開催場所 兵庫県 神戸港(新港突堤~メリケンパーク沖海上の台船より打上げ)
打上げ数 約15,000発予定
アクセス 公共交通機関利用の場合
JR東海道本線元町駅から徒歩20分
駐車場 公式の臨時駐車場はありません
トイレ 各観覧場所にあり

今年のみなとこうべ海上花火大会の開催日程は
平成30年8月4日(土)の19:30~20:30になっています。

雨天の場合は決行されますが、荒天の場合は中止になります。

なお、荒天で無い場合でも、落雷の可能性が高い時は、
一時中止や、花火プログラムの変更など、
安全に留意した対策がとられますので、ご了承ください。

大会当日の15:00に、大会の有無は決定されますので、
詳しくは公式HPでチェックしてくださいね。

こちらの花火大会は年々打ち上げ数が増え、
今では約15,000発を打ち上げる、関西最大規模の花火大会にまでなりました。

港町神戸の誇る、夜景と華麗な花火のコラボレーションは圧巻です。

アクセスについてですが、
会場への車での乗り入れは、大規模な交通規制により出来ませんので、
公共交通機関のご利用をおススメします。

JR東海道本線元町駅から歩いて20分で会場に着きます。

【港神戸花火大会】穴場スポット

関西最大規模ですから、人の多さも最大規模。

混雑は避けられないでしょう。

そこで、少しでもゆっくりと花火を見たい方に、
穴場スポットをいくつかご紹介していきますね。

兵庫埠頭

花火の打ち上げ場所から少し離れた場所にあるので、
会場付近に比べると、やはり人が少なくなります。

ですが、そこからの眺めは、何も遮る物がありませんので、
キレイな花火を堪能することが出来ますよ!

”兵庫埠頭”

布引ハーブ園

こちらのハーブ園にはロープウェイがあり、
中腹に位置する風の丘芝生公園は、まさに知る人ぞ知る穴場スポット!

ただし、会場から直線距離で3㎞は離れていますので、
近くで見る迫力を感じるのは難しいかと思います。

”布引ハーブ園”

ビーナスブリッジ

ここは、有名なデートスポットですよね!

しかし、花火大会に人が集中しているこの日だけは、
いつもより人出も少なく、穴場スポットに変身するんです!

夜景と花火のコラボレーションを恋人同士で静かに眺めるのも、
素敵な思い出になりそうですね!

”ビーナスブリッジ”

少しでも混雑を避けたい方は、
会場からあえて少し遠くまで離れてみるのがおススメです。

花火の全体が見られるのは、遠くの特典ですからね!

【港神戸花火大会】臨時駐車場・近隣駐車場

車での参加を考えておられる方、
神戸花火大会には公式の臨時駐車場はありません。

大会側はあくまで公共交通機関の利用をすすめています。

それでも、車で参加したい方は、
少し離れた所で自身で駐車場を探しましょう。

とはいえ、大きな花火大会ですから、
臨時で駐車場を開放している所ももちろんありますので、
いくつかご紹介しておきますね。

ポートアイランド西地区臨時駐車場

例年通りであれば、収容台数は約250台くらいです。

地図はコチラ

ポートアイランド市民広場地下駐車場

例年通りであれば、収容台数は約180台程度です。

地図はコチラ

ポートアイランド南公園駐車場

例年通りであれば、収容台数は約80台程度です。

地図はコチラ

どの会場も、周辺に商業施設などがあるので、
規制区域内で無ければ、そちらの駐車場は利用可能ですが、
会場に近ければ近いほど、一瞬で満車になるでしょう。

少し離れた所に駐車して、歩いて向かうのが賢明だと思います。

スポンサードリンク

【港神戸花火大会】交通規制・渋滞情報

毎年、大人気の花火大会なので、
周辺道路での事故やパニックを避けるために、
当日は大規模な交通規制が行われます。

こちらの花火大会は、なんと海上の交通規制まで行われるとか。

どれだけ規模が大きいのかが分かりますよね。

事前の計画性が大切ですよ!

17:00から規制がかかりはじめ、
17:30には、全ての道路が規制がかかると思って良いでしょう。

車で会場に近づく方は、注意してくださいね。

周辺道路は、一車線規制になる所や、一方通行になる所など、
普段とは全く違う状況になりますので、大渋滞は避けられません。

出来る限り、公共交通機関のご利用をおススメします。

【港神戸花火大会】花火を楽しめるレストラン

オシャレな街、神戸には、花火を見ながらお食事を楽しめる、
素敵なレストランが存在します。

会場のお祭り気分も捨てがたいですが、たまには思考を変えて、
リッチな気分で花火を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

いくつかご紹介しておきますので、参考にしてみて下さい。

メリケンパーク

メリケンパークには、「神戸海洋博物館」の2階に2つのレストラン、
「ザオーシャンビューシノワーズガーデン」と、
「オーシャンプレイス」があります。

オリエンタルホテル内にも、いくつかレストランがあります。

地図はコチラ

ハーバーランド モザイク

コチラも、海の見えるお店がたくさん。

ただし、当然争奪戦ですので、早めの問い合わせと予約が必須です。

地図はコチラ

この他にも、海の見えるホテルが数多くあり、
ホテルによっては、食事だけの予約が出来る所もありますので、

とにかく数をあたって、なんとか席をゲットしましょう!

※上記、全ての店舗の全ての席から花火が見える訳ではありませんので、
ご予約の際に、きちんと確認して下さいね!

【港神戸花火大会】有料観覧席・無料観覧席

みなとこうべ花火大会には、
無料の観覧スポットと、有料観覧スポットが存在します。

他にも障害者の方の席や、スポンサー用の席などはありますが、
あくまで一般客が入れるゾーンをいくつか紹介しておきますね。

無料と有料が混在しているので、まとめて紹介します。

兵庫埠頭

兵庫埠頭基部から徒歩15分ほどのところに、
観覧スポットが用意されていますが、
地面が汚れている可能性が高いので、
必ず敷物を持参するようにしてください。

ポートアイランド北公園

ポートライナー中央駅より徒歩6分。

こちらは飲食ブースもありますので、お祭り気分が味わえます。

三宮までも徒歩30分かければ、帰れる位置になります。

ハーバーランド周辺

こちらは、商業施設も多いことから、大混雑のスポットで、
例年16:45頃には、入場制限が設けられるほど。

利用したい方は、とにかく早めの来場がカギを握ります。

同じエリア内でも、無料と有料で場所が分けてあったり、
少々わかりにくいので、詳しくは公式HPを見てみてください。

ちなみに、有料席についてですが、
この花火大会では一般個人サポーターという概念で、
全て自由席ではありますが、特別エリアが設けられます。

例年、前売りの時点で完売してしまう人気チケットですので、
発売されると同時に購入しておきましょう。

発売予定は6月下旬で、例年通りであれば、
前売り3,100円、当日3,600円で販売されます。

購入方法としては、コンビニやチケットぴあなど、
席の場所によっても異なる場合がありますので、
ご注意ください。

売切れ必至の有料チケットですが、
購入できれば、花火を安心して見られること間違い無しでしょう。