障害者割引の交通系ICカードを導入!SuicaやPASMOで利用できる!

お金
スポンサードリンク

関東圏の交通機関にも障害者割引が適用された交通系ICカードが導入されます

 

今回導入されることになったのは、関東エリアの交通機関なのですが、
関西エリアにおいては、交通系ICカードに障害者割引が既に導入されています。

 

障害者割引は、SuicaやPASMOで利用できるようになります

 

障害者割引を適用するためには事前に駅の窓口などでの登録が必要です

 

障害者割引が適用されたICカードを利用することで、
駅の改札口で障害者手帳を駅員の人に見せる手間がなくなります。

 

改札口でタッチするだけで、障害者割引が適用された状態で、
電車を乗り降りすることができるようになります。

 

改札口での手間が省けることで、障害者の方にとって利便性が良くなり、
今よりも快適に電車が利用できるようになるといいですね。

 

今回は、SuicaやPASMOに導入される、
障害者割引の交通系ICカードについてお話ししていきます。

スポンサードリンク

障害者割引がSuicaやPASMOに導入!改札口をタッチで適用される!

障害者割引がSuicaやPASMOの交通系ICカードに導入されます。

 

関西のエリアでは、交通系ICカードによる障害者割引を既に実施しており、
今回、2022年度の後半に関東のエリアでも導入されることが決まりました。

 

SuicaやPASMOの交通系ICカードに障害者割引を適用するためには
事前に駅の窓口などで登録を済ませておく必要があります

 

SuicaやPASMOの交通系ICカードに障害者割引を適用することで、
駅の改札口ではICカードをかざすだけで通過できるようになります。

 

今までは改札口で駅員の人に声を掛けて、障害者手帳を提示する必要がありましたが
ICカードにあらかじめ導入しておくことで、障害者の方はタッチで通過できます

 

毎回改札口で駅員に声を掛け、割引を適用させるのは大変なことだと思います。

 

今回のサービスの導入によって、障害者の方への負担が軽減されて、
電車の利用がスムーズに行えるようになるといいですね。

 

ただ、自分が少し気になっていることとして、
ICカードの不正利用や、それに伴うサービスの停止などが気がかりで仕方ありません。

 

ここでいうICカードの不正利用とは障害者の方のことではなく
一般の人たちの中にズルをして不正に利用する人がいないかということです

 

不正利用などのトラブルを回避するために、
本人確認などの対策や、さらには罰則などについても色々と考えていく必要があると思います。

サービスの導入で障害者への負担が軽くなる!駅員からしてもメリットがある!

SuicaやPASMOに障害者割引が導入されることで様々なメリットが生まれます。

 

一番大きなメリットは障害者の方がスムーズに改札口を出られるようになることです

 

改札口で障害者手帳を開いて駅員に提出するというのは、
障害者の方にとっては、とても大きな負担となるはずです。

 

障害といっても色々なケースがありますが、
例えば手が不自由である、目が見えないなど、
その人にとっては障害者手帳を開くだけでも大変なはずです。

 

また同時に、改札口の駅員にも負担がかかることとなります。

 

駅によっては人が多くて混雑していて、改札口で立っていると、
イライラする人も中にはいると思います。

 

障害者の方が何かの拍子で突き飛ばされたりしたら、とても危険です。

 

SuicaやPASMOの交通系ICカードに障害者割引が適用されることで、
障害者の方への安全性と利便性が高まることを期待しています。

まとめ

今回は、障害者割引適用の交通ICカードについて紹介しました。

 

障害者割引は、SuicaとPASMOの交通系ICカードに適用されます

事前に駅の窓口などで登録を済ませておく必要があります

 

割引の適用後は改札口をタッチで通過できるようになります。

 

改札口で駅員の人に障害者手帳を提示する必要がなくなります。

 

障害者の方が今よりも快適に交通機関を利用できるようになるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました