離乳食の豆腐はそのままあげていい?初期は殺菌のため必ず火を通して!

食べもの・料理
スポンサードリンク

やわらかくて食べやすい豆腐は、
赤ちゃんにとっても胃腸に負担のかからない食材です。

 

つるんとそのまま食べられそうな豆腐ですが、
離乳食初期は殺菌のため、必ず火を通してからあげましょう

 

1歳頃までは加熱してあげるのがいいと考えられています。

特に離乳食初期はまだまだ消化器官が未熟です。

そのため赤ちゃんは菌への抵抗力も大人に比べてかなり弱いです

 

大人は冷奴など生でも豆腐を食べられますが、
消化器官が未熟な赤ちゃんが生で食べた場合、
胃腸へ負担がかかってしまうんですね。

 

しっかりと火を通し加熱することで殺菌され、
消化もしやすくなるでしょう。

 

また、生の豆腐は傷みやすいので、
もし傷んでいるものを知らずに食べてしまったら、
お腹をこわしてしまいますよね。

 

そのようなことを防ぐためにもよく火を通すことが、
大切となってきます。

 

やわらかくてすり潰しやすくて飲み込みやすいため、
食べられるようになると調理の幅も広がるでしょう。

 

ほかの食材との相性もいいので、慣れたら野菜や白身魚など、
さまざまな食材と一緒に調理することも可能です。

 

初期で豆腐をあげる場合は、
殺菌のためにも、必ず火を通してからあげましょう。

 

しっかり火を通し、清潔で安全な状態で赤ちゃんに食べてもらいたいですね!

スポンサードリンク

離乳食豆腐の加熱はレンジでいい!お湯で茹でるかレンジで加熱しよう!

たんぱく質やカルシウムなどが含まれて栄養たっぷりな豆腐は、
私たちの食生活に欠かせません。

 

とっても調理しやすい豆腐ですが、
殺菌のためにも加熱するのが必須です。

 

離乳食で使う場合、加熱はどう行えばいいのかといいますと、
電子レンジで温めるか、お湯で茹でる方法があります

 

どちらも難しくありませんので、
きちんと殺菌するためにも、忘れずに加熱しましょう。

 

では、豆腐の加熱の仕方について詳しくご説明していきますね!

電子レンジを使った加熱の仕方

①絹ごし豆腐1食分(10〜20g)を耐熱容器に入れ、
浸るくらいの水を入れます。

②ふんわりとラップをしたら、電子レンジ600Wで1〜2分温め、
完成です。

 

とても熱くなっているので、取り出す際には気をつけてくださいね。

 

また、豆腐から出てきた水分も栄養があります

調理の際には捨てずに混ぜて食べさせましょう。

お湯で茹でる加熱の仕方

①鍋に水を入れ火にかけ沸騰させます。

②沸騰したら絹ごし豆腐1食分(10〜20g)を入れ、
1〜2分茹でたら完成です。
味噌こしの中に豆腐を入れて茹でると取り出しやすくなりますよ。

 

このように豆腐の加熱は簡単にできます。

時間に余裕がない場合は電子レンジを使った方法が最も簡単でしょう。

 

加熱した後はすり潰ししたり、みじん切りにするなど、
月齢に合った方法で調理してくださいね。

 

離乳食で使う豆腐の加熱方法は、
電子レンジで温めるか、お湯で茹でる方法があります。

 

どちらも簡単にできますので、
殺菌のためにもしっかり行いましょう。

離乳食豆腐の調理法は?初めて食べさせる時は他の食材と混ぜないように!

調理方法もたくさんある豆腐ですが、
お粥や野菜の順に始めて、慣れてから与えるのが、
離乳食の基本的な流れになります。

 

調理法については、火を通した状態のペースト状からスタートしましょう。

 

そして初めて食べさせる時は
他の食材と混ぜないように気をつけましょう

 

初期は10倍粥からスタートし、
慣れたらすり潰して滑らかなペースト状の野菜、
といった順に進めていきます。

 

お粥や野菜に慣れた3〜4週目辺りから、
豆腐や白身魚もスタートできます。

 

離乳食の基本は食材をしっかりと加熱することですので、
豆腐も電子レンジや沸騰したお湯でしっかり火を通しましょう。

 

その後、すり鉢などを使ってすり潰してペースト状にしたり、
お湯を加えてポタージュ状にするなどして調理します。

 

また、豆腐は大豆アレルギーになりやすい食材なので
初めてチャレンジする時は、他の食材と混ぜずに、
様子を見ながら少しずつ与えていくことが大切です

 

他の食材と混ぜた離乳食を食べてアレルギーが発症してしまったら
どの食材が原因なのか特定しづらい場合があるからです。

 

豆腐の調理法は、火を通した状態のペースト状からスタートします。

 

初めて食べさせる時は、他の食材とは混ぜないように気をつけましょう!

離乳食で豆腐が苦手な子は?絹豆腐とバナナを10秒茹でて混ぜてみて!

つるんと喉越しもよく食べやすいイメージの豆腐ですが、
離乳食では苦手であまり食べてくれないという子もいます。

 

栄養満点な豆腐なので、苦手な子にも美味しく食べてもらいたいですよね。

 

あまり食べてくれない苦手な子には、
絹豆腐バナナを10秒ほど茹でて、
混ぜてみる方法がおすすめです!

 

バナナがやさしくまろやかな風味にしてくれるので
赤ちゃんでも食べやすくなりますよ。

バナナ豆腐

<材料> ※1食分

・バナナ…5g
・絹豆腐…15g

<作り方>

①鍋にお湯を沸かし、沸騰したらバナナ絹豆腐を入れます。

②10秒ほど茹でたら取り出して、二つをすり潰してよく混ぜます。

③赤ちゃんが食べやすい形状になったら完成です。

 

作り方もとっても簡単ですよね。

豆腐だけではあまり食べてくれないという場合は
一度バナナも一緒に混ぜてあげてみてください

 

離乳食で豆腐が苦手な子には、絹豆腐とバナナを10秒ほど茹でて、
混ぜてみる方法がおすすめですよ!

まとめ

離乳食初期に豆腐を食べさせる時は
殺菌のためにも必ず火を通してからあげましょう

 

加熱方法は電子レンジで温めるか、お湯で茹でる方法があります。

 

豆腐の調理法は加熱してペースト状から始めます。

初めて食べさせる時は他の食材と混ぜないようにしましょう。

アレルギーが出た場合、原因が特定しづらくなるからです

 

豆腐が苦手な子にはバナナと一緒に茹でて混ぜ、
やさしくてまろやかな甘味が特徴の、「バナナ豆腐」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました