クリスマスプレゼントはいつまであげる?断られないうちは無理にやめなくてもいい!?

12月の年中行事
スポンサードリンク

子供へのクリスマスプレゼントはいつまであげるのがよいのか悩みますよね。

一般的に、クリスマスプレゼントは何歳まであげるのがよいのでしょうか?

 

最初に伝えておきたいこととして、
クリスマスプレゼントをあげるのは断られないうちは無理にやめなくても大丈夫です

 

というのも、子供の成長は1人1人違いますし、
それぞれの家庭によってクリスマスプレゼントをやめる時期は異なるからです。

 

また、サンタさんがいると信じてクリスマスプレゼントをお願いするのは、
小学4年生ぐらいまででそれ以降はいないと分かると興味がなくなる子供もいます

 

小学4年生ぐらいであれば、サンタさんを信じている素直で優しい子供も多いので、
ご自身のお子さんが信じているならクリスマスプレゼントを渡してあげていいと思います。

 

いずれにせよ、子供もいつかはサンタさんがいないと分かるはずなので、
子供の成長を見守りながら、断られないうちは渡してあげてもいいと思いますよ。

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントは子供にいつまであげる?18~20歳あたりで終わりが多数派!

子供がサンタさんにお願いしてクリスマスプレゼントをもらうのは、
それぞれの家庭によって異なりますが、大体小学4年生ぐらいまでです。

 

では、クリスマスの贈り物として子供にあげるのはいつまでがよいのでしょうか?

この場合の贈り物とは、サンタではなく親から子供へのクリスマスプレゼントのことです。

 

一般的には、クリスマスプレゼントを子供にあげるのは
18歳から20歳あたりで終わりというのが多数派となっています

クリスマスプレゼントは、高校卒業のタイミングや成人したら終わりというのが多いです。

 

子供が大人になって実家を出てしまうと、家族みんなでクリスマスを迎える機会も減り、
必然的にクリスマスプレゼントを渡す機会が減ってしまうことが原因かもしれません。

 

子供にクリスマスプレゼントをあげるのをやめるのは、18歳から20歳あたりですが、
中には、自分の子供が20歳を過ぎてからもずっと贈ってあげるという親御さんもいます

クリスマスプレゼントをあげること自体は、年齢に関係なく素敵なことだと思います。

クリスマスプレゼントをあげるのは18歳から20歳あたりで終わりが多数派ですが、
少数派ながら、毎年クリスマスプレゼントを自分の子供にあげる親御さんもいるのです。

 

クリスマスプレゼントは子供にいつまであげるのかについてですが、
自分の子供が嫌がっていない場合や、気を遣ってしまうなどと負担にならないのであれば、
年齢に関係なくクリスマスプレゼントをあげるのもありだと自分は思います。

「クリスマスプレゼントは現金がいい」と言う子供は?早いと小4ぐらいで言い始める!

クリスマスプレゼントが欲しいと言う子供は、
ゲームソフトやおもちゃなどをお願いするケースが多いかと思います。

 

でも中には、「クリスマスプレゼントは現金がいい」と言う子供も意外と多くいます

 

早いと小学4年生ぐらいで言い始めるパターンが多いです。

 

「クリスマスプレゼントは現金がいい」と言う子供の心理としては、
クリスマスでサンタさんがいないと分かったからというのが大きな理由だと思います。

 

実際に、クリスマスプレゼントとして現金をプレゼントする親御さんも数多くいます。

 

でも、クリスマスプレゼントで現金を渡すのに抵抗がある親御さんもいると思います。

 

「クリスマスプレゼントは現金がいい」と子供に言われたら、
商品券などといった現金に代わるチケット類をプレゼントしてみるのはどうでしょうか?

 

クリスマスプレゼントで現金を子供にプレゼントする場合は
小学4年生ぐらいだと、一般的に3000円から5000円程度が相場です

 

現金の代わりに商品券などをプレゼントする場合も、
3000円から5000円程度を目安にプレゼントするのがよいでしょう。

クリスマスプレゼントが嬉しくない時期が?サンタがいないと分かると興味なくなる!?

「子供にクリスマスプレゼントを渡したけれどあまり喜んでくれない…」

「毎年クリスマスプレゼントを楽しみにしていたのに興味がなくなったみたい…」

 

親からしてみると、クリスマスプレゼントをあげても喜んでもらえないと残念ですよね。

でも、毎年喜んでいた子供でも、クリスマスプレゼントが嬉しくない時期があるのです。

 

結論から言ってしまうと、サンタがいないと分かった時期です

小学校に入学する時期になると多くの子供がサンタはいないと思うようになります

 

サンタがいないと分かるのは、周囲の友だちなどの影響があると思います。

 

子供にとってサンタさんとは、ある意味憧れのような存在です。

 

毎年サンタさんからもらっていたプレゼントは、
実は親からのプレゼントだったことに気づくので興味がなくなってしまうのです。

 

親に負担をかけないためにクリスマスプレゼントを欲しがらなくなる子供もいます

 

ある意味、クリスマスプレゼントが嬉しくない時期は子供が成長した証とも言えますね。

まとめ

今回は、クリスマスプレゼントをいつまであげるのかについて解説してきました。

 

子供にクリスマスプレゼントをいつまであげるのかは
それぞれの家庭によっても違ってくるので断られないうちは無理にやめなくてもいいです

 

サンタさんからではなく親から子供へクリスマスプレゼントをあげる場合は
18歳から20歳あたりで終わりというのが多数派です

 

「クリスマスプレゼントは現金がいい」と言う子供も最近では多いですが、
早いと小学4年生ぐらいで言い始める子供もいます。

クリスマスプレゼントで現金をあげるのに抵抗がある人は
代わりに商品券や図書カードなどをあげるのでもよいのではないかと思います。

 

サンタさんがいないと分かるとクリスマスプレゼントに興味がなくなる子供もいますが、
親に負担をかけないように遠慮しているのが大きいです。

 

クリスマスプレゼントをいつまであげるかはとても悩みますが、
子供の成長と共に、無理せずゆっくりと気軽に考えていく方がいいと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました