【四日市花火大会2018】駐車場・交通規制・穴場スポットまとめ

スポンサードリンク

【四日市花火大会2018】概要・日程・アクセス

大会名 第31回四日市花火大会
開催日時 平成30年8月19日(日)
19時15分~20時30分
※雨天時9月2日(日)に延期になります。順延日も荒天の場合中止。
開催場所 三重県四日市市富双 富双緑地
打上げ数 約4,000発予定
アクセス 公共交通機関を利用する場合:
〇JR関西本線 富田駅から徒歩15分
〇近鉄名古屋線 近鉄富田駅から徒歩25分

自家用車の場合:
会場周辺へのマイカー乗り入れは出来ません。
周辺駅で駐車し、上記交通機関を利用して下さい。

駐車場 無し
トイレ 仮設トイレあり

今年の四日市花火大会の開催日時は
平成30年8月19日(日)の19:15~20:30までの予定になっています。

雨天の場合は9月2日(日)に延期されますが、その日も荒天の場合は中止になります。

詳しくは公式HPを、チェックしてくださいね。
http://kankou43yokkaichi.com/hanabi/

四日市港で繰り広げられる花火大会です。

約4000発の花火と、コンビナートならではの夜景とのコラボレーションは、
四日市ならではで、必見です。

各企業が協賛の豪華絢爛の花火の数々をはじめ、
音と光の競演、中には会場でのアナウンスにより伝えられるメッセージ花火など、
心温まるものもあり、夏の終わりを彩るのにふさわしいイベントになっています。

アクセスについてですが、四日市花火大会は、
公式HPでも掲載されているように、
交通規制がかかるため会場周辺へのマイカーの乗り入れはできません。

なるべく、推奨されている、
JR関西本線富田駅から徒歩15分か、
近鉄名古屋線近鉄富田駅から徒歩25分のどちらかの選択肢をとりましょう。

少し離れた駐車場に止めて歩いていく事は可能ですが、
シャトルバス等の運行も無いので、周辺道路の混雑を考えると、
始めから電車を選んだ方が無難でしょうね・

【四日市花火大会】臨時駐車場・周辺駐車場

公共交通機関をおススメしましたが、駐車場が全くない!という訳ではありませんよ。

四日市競輪場駐車場が、臨時駐車場として無料開放されます。

収容台数は約3,000台です。
花火鑑賞エリアまでは徒歩20分ほどです。

”三重県四日市市大字羽津甲5163”

住所:510-0012 三重県四日市市大字羽津甲5163

しかし、この駐車場だけで足りるはずもなく、例年夕方には満車状態になります。

遠方の方など、どうしてもマイカーでの参加を希望される方は、
早めに到着できるように当日のスケジュールを組んでおいた方が良いでしょう。

万が一、臨時駐車場がいっぱいだった場合には、
イオンモール四日市北の駐車場が2,200台ほど収容できるようになっています。

あくまで商業施設の駐車場なので、おススメはしませんが、
どうしても利用したい場合は、花火大会の前後できちんと利用しましょうね。

あくまで、自己責任の駐車ですので、ご注意を。

【四日市花火大会】交通規制・渋滞情報

例年通りですと、会場周辺道路は、車両通行禁止となります。

それに伴って、規制区域外の道路も大渋滞が予想されます。

特に例年国道1号線と、国道23号線が非常に混雑しますのでご注意ください。

だいたい時間帯としては、16:00~22:00くらいの間が規制が掛かりますので、
動きがとれなくなります。

渋滞を避けたければ、とにかく早めに会場に到着してしまうのが鉄則だと思います。

会場には、屋台や露店も数多く出店されますし、
花火の前にゆっくりと、お祭りを堪能されてはいかがでしょう?

当日の交通規制に関しての詳細は公式HPをご覧ください。

行きがけは時間をずらせても、帰りはみんな一斉に帰宅ラッシュが始まりますので、
大渋滞は避けられないでしょう。

進まない車の中でイライラしながら運転するよりも、
駐車場で少し休憩をとってから、車を走らせた方が、
スムーズに進めてストレスが軽減されるかもしれませんね。

【四日市花火大会】場所取りに最適な穴場スポット

四日市花火大会を、無料で楽しめる穴場スポットをいくつかご紹介していきますね。

霞ヶ浦緑地

四日市港の海岸線にある緑地公園です。

花火が良く見えるとあって、それなりに混雑はしていますが、
広いので、スペースは確保できます。

少しゆったりと花火を見たい方におススメです。

三重県四日市市大字羽津甲5169
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-0b6bSe3GZbE/map/

天力須賀工業団グラウンド

こちらのスポットは、花火の打ち上げ場所に近いのがポイントです!

やっぱり花火は近くで臨場感を味わいたい、という方におススメです。

人気の高いスポットなので、混雑が予想されますので、
場所取りをするなら早めに行きましょう。

イオンモール四日市北駐車場

こちらの駐車場、収容台数2,200台と、広くて大きな駐車場なので、
当日は利用する方も多いんです。

実は、打ち上げ地点からも遠くないので、駐車場から花火を見る事ができるんです。

買い物ついでに花火鑑賞なんて、悪くないかもしれませんね。
営業時間内なので、利便性は抜群です。

垂坂公園・羽津山緑地

今まで紹介したスポットとは違い、打ち上げ地点から随分離れますが、
その分混雑はしていませんので、のんびりゆったり花火を見たい方にはおススメです。

なんといってもココの1番のポイントとして、
夜景と花火を同時に楽しむことができるという特典が!

カップルやご夫婦で、ロマンチックな花火鑑賞をされてみてはいかがでしょうか?

三重県四日市市羽津甲3-11
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-NhFlQti8ICY/

花火大会の楽しみ方は、人それぞれなので、
自分にあった鑑賞スポットを探すのも楽しいかもしれませんね。

スポンサードリンク

【四日市花火大会】有料観覧席・無料観覧席

広い範囲から楽しめる花火大会ですが、
ベストポジションで花火を満喫したい方のために、
毎年有料観覧席が準備されています。
(富双ふ頭に設置されます。)

指定席なので、周りを気にすることなく、
快適に迫力ある花火を楽しめますよ。

打上げ場所の真正面から花火を見られるので、
感動すること間違いなしです。

有料観覧席のチケットは、予約制で、
例年通りでしたら、7月初めから受付開始です。

チケットぴあや各コンビニなど、様々な方法で入手できますので、
予約に関する詳しい情報は、公式HPをチェックしてくださいね。

チケットの種類はこのようになっています。

いす席 指定席 2,000円/1人
芝生席 区間内自由席 2,000円/1人
2人シート席 指定席 4,000円/2人
6人テーブル席 指定席  15,000円/6人

花火大会当日までチケットを購入する事は出来ますが、
年々、人気が高まっている花火大会ですので、
事前に予約をさせることをおススメします。

【四日市花火大会】ホテル宿泊

花火大会の後は、ゆっくり休んで帰りたいのが本音ですよね。

周辺の宿について、いくつかご紹介します。

四日市都ホテル

少しリッチに、旅行気分も味わえる人気のホテルです。
https://www.miyakohotels.ne.jp/yokkaichi/

四日市アーバンホテル

駅前にあるので、立地条件は抜群。機能性重視の方におススメのホテルです。
http://www.urban-h.co.jp/

スーパーホテル四日市(国道1号線沿)

マイカーで参加された方にはアクセスが良いホテルです。温泉もついていますよ。
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/kokudo_yokkaichi/

ここでは周辺のホテルをご紹介しましたが、せっかく三重に来たなら、
少し足を延ばして、長島リゾートを楽しんで帰る!

なんて旅行プランも夏の思い出作りにピッタリなブランですね。

じゃらん

るるぶ

楽天トラベル

とにかく、夏休みのハイシーズン、そして人気の花火大会ですから、
宿は早めの予約が必須ですよ。

次の日の予定に合わせて、お気に入りの宿を探してみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする