赤ちゃんの抱っこが怖い!反り返りする6ヶ月の我が子の原因は!?

子育て
スポンサードリンク

赤ちゃんが6ヶ月頃になると、
抱っこ中に突然体を反り返りすることがあります。

 

抱っこをしようとしたとき、
または抱っこ中に体を伸ばして反り返りをすると、
ママやパパはヒヤッとしてしまいますよね。

 

そうなると最も心配なのは落下です。

 

反り返りは一般的に赤ちゃんの成長機能の一つなので、
自然に起こると考えていいでしょう。

 

なぜ6ヶ月頃になると、反り返りをするようになるのでしょうか。

 

次のような原因が考えられます。

安定していない抱き方

赤ちゃんの抱っこに慣れていない時や、
重くなって抱きづらくなってきた時に、
抱き方が不安定になってしまうことがありますよね。

 

赤ちゃんにとってしっくりきていない抱き方の場合、
「ちゃんと抱っこして!」と、
反り返って知らせることが考えられます

機嫌が悪い

赤ちゃんは体も少しずつ大きくなりますが、
6ヶ月頃になると自我も芽生え始めてきます。

 

そのため、眠い甘えたいお腹空いた、といったように、
機嫌が悪い時、反り返ることがあります

体を動かす動作

首がすわり、寝返りができるようになるなど、
6ヶ月頃になると自分で動ける範囲が広がります。

 

そのため反り返る動作も、ただ単に体を動かしているだけ、
といったように考えられるのです。

スポンサードリンク

赤ちゃんが抱っこをしてもつっぱる!抱き方が苦しい!?考えられる原因5つ!

抱っこしてつっぱる時は、どうしてなのかと気になりますよね。

 

なぜそのようにつっぱるのか主な理由は、
抱き方が苦しいと考えられます。

 

赤ちゃんは抱き方が苦しいと心地悪いので、
つっぱって嫌がることがあります。

 

では、考えらえる原因をお伝えしていきましょう。

①脇が開いている

脇が開いている状態で抱きかかえると、
すき間ができてしまいます。

 

脇をきちんと閉めることで、
赤ちゃんとママの腕がぴったり密着できます

②アゴが上向き・腰が反る

抱っこした時にママのアゴが上向きだと、
自然と腰も反ってしまいます。

 

腰が反ることで二人の体の間に、
大きなすき間ができてしまうんですね。

 

そうなると赤ちゃんがつっぱりやすくなってしまいます。

③丸い姿勢を意識する

赤ちゃんが丸い姿勢になるように体勢を整えましょう

 

縦抱きの場合は、背中~お尻が「も」の字になるように意識するといいですよ。

④腰を反らせすぎない

赤ちゃんを抱っこしている多くのママは、
腰を反らせた抱き方をしています。

 

ママの腰にも負担がかかりますし、
赤ちゃんの首が反りやすくなるのです

そうなると背中~お尻が、「も」の字になりにくいですね。

⑤体を真っすぐ伸ばす

耳・肩・腕・くるぶしを、一直線になるようにイメージしましょう

ママが正しい姿勢になることで、
赤ちゃんも一緒にリラックスできます。

 

猫背や反り腰になっていると、赤ちゃんがフィットせずに、
お互い余計な力が掛かってしまいます。

 

正しい姿勢でリラックスして抱くことで、
赤ちゃんのつっぱりも予防できるでしょう。

赤ちゃんを抱っこしてもえびぞりに!そんな時の我が子のチェックポイント!

抱っこを嫌がるような赤ちゃんのえびぞりは、
ママ・パパにとっても、苦しい体勢になってしまいますよね。

 

多くの赤ちゃんの場合えびぞりは、
1歳頃になると自然にやめるといわれています。

 

では、抱っこしてもえびぞり状態の時の、
チェックポイントをお伝えしていきましょう。

不快感を伝えようとしている

抱き心地が悪い時もえびぞりが起こりますが、
ほかにも何か不快感が原因で起こることがあります

 

例えば、暑くて汗をかいているオムツが濡れている
お腹が空いた眠い、などが考えられますね。

 

特に泣いてエビぞりになっている場合は、
不快感の可能性があるので、原因をチェックしてみましょう

何か気になるものがある

キョロキョロしたり、何かを目で追っていたら、
赤ちゃんにとって気になるものを発見したのかもしれません

 

一生懸命気になるものを見ようとして、
自然にえびぞりになっていることもあります。

 

 

ほかにも、単に体を動かしたいといった原因も考えられますが、
反り返りの体勢が激しいなど、気になることがあれば、
かかりつけの小児科に相談してみましょう。

赤ちゃんを抱っこして突っ張る時に服つかむ!ママも安心な抱っこ服!

抱っこをしていると、赤ちゃんがいつの間にか、
ママの服つかむことってありませんか。

 

特に突っ張る時にはギュッと服つかむことが多いかと思います。

 

突っ張っている時の力で服をつかまれると、
生地が伸びてしまうこともありますよね。

 

なので、お気に入りの服は、
抱っこのときは着るのを避けた方がいいですね。

 

肌に優しいコットン素材や、
ボタン・装飾などが無いデザインがふさわしいといえます

 

服をつかまれることを考えたら、
チクチクしたウールのニットなども避けた方がいいでしょう。

 

割とゆったり目の服装がおすすめです。
おすすめの洋服をご紹介しますので、参考にしてみてください。

Milk teaベーシック2wayポケッタブルTee

ゆったりとした授乳用Tシャツですが普段も着られます。

着丈がショート・ロングと2Way仕様で、
収縮性もあるので着心地はバツグンです。

M~3L ecolocoオリジナル日本製 ラグランカットソー

日本製で綿100%の楽ちんカットソーです。

肌触りが良く、耐久性もあるので、
赤ちゃんがつかんでも長く使えるでしょう。

まとめ

赤ちゃんの反り返りの原因は、
抱き方機嫌の悪さなどが考えられます

 

抱き方を見直すことで、つっぱりも軽減されるでしょう。

 

えびぞりになる場合は、不快感がある
気になるものを見つけた、といったことが考えられます。

 

抱っこでつっぱる時赤ちゃんが服をつかむことがあります

服はゆったりめがおすすめですね。

 

反り返りの動作は赤ちゃんの成長の一つです。

自然に落ち着きますが、気になる場合は小児科を受診しましょう。

タイトルとURLをコピーしました