スタッドレスタイヤで普通の道は?9℃以下ではノーマルより高性能!

冬がやってきたら欠かせないのが、タイヤ交換ですよね。

特に雪が積もる地域では、スタッドレスタイヤは欠かせない存在です。

 

しかし、普通の道をスタッドレスタイヤで走っている方も、
意外といますよね。

 

春先になったけどまだノーマルタイヤと交換していない、
タイヤ交換をせずそのまま履きつぶしたい、
など、理由はそれぞれあるかと思います。

 

では、スタッドレスタイヤで普通の道を走っても、
問題はないのでしょうか。

 

結論として、スタッドレスタイヤで普通の道を走っても、
特に問題ありません

 

気温が9℃以下の場合は、ノーマルタイヤよりも、
スタッドレスタイヤの方が適しているといえます。

 

多くの人は『スタッドレス=雪道を走る』、
というイメージがあることでしょう。

 

しかし雪道と普通の道、といったことよりも、
気温を目安にタイヤ交換を考えるとよいでしょう。

 

気温が9℃以下ならスタッドレスタイヤの方が、
性能レベルが高いです。

 

反対に気温が9℃以上であれば、
ノーマルタイヤの方が適しているといえます。

 

タイヤは外気温を目安に作られています。

 

スタッドレスタイヤは、9℃以下でもゴムが硬くならないように設計されています。

 

氷や雪でのスリップを防ぐ効果はもちろんですが、
冷えた路面にも適しているんですね。

 

ノーマルタイヤは、9℃以上での使用を前提に作られています。

夏の熱い路面にも耐えられるように、硬めのゴムが使われています。

 

そういった理由から、冬の外気温が低い普通の道では、
ノーマルタイヤよりスタッドレスタイヤの方が高性能といえます。

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤは最初の皮むきで吸水・密着・ひっかき性能UP!

スタッドレスタイヤの性能をUPさせる方法があるって、
ご存じでしょうか。

 

それはタイヤを使用する前に、『皮むき』をすることです。

 

いまいちピンとこないかもしれないので、
『皮むき』についてご説明していきましょう。

 

新しいスタッドレスタイヤの表面には、
タイヤを作る際に付着した、薄いゴムの皮が残っています。

 

見た目は小さくて丸いポツポツとした黒っぽいものです。

 

このタイヤの皮を取ることによって、
スタッドレスタイヤの性能がUPするんですよ!

 

それは、スタッドレスタイヤの特徴でもある、
『吸収』・『密着』・『ひっかき』という、3つの性能です。

 

雪道や凍った路面の水分を吸収して密着させ、
凍った路面をしっかりとひっかき、滑りを防止します。

 

ではどのように皮むきを行うのか疑問に思いますよね。

 

何か特殊な道具を使うのかと考えますが、
皮むきの方法は簡単です。

 

本格的な冬になる前に、乾いた道を走行することです

普通道で約100㎞、高速道路では約200㎞が目安となります。

 

こうして、車を走らせることによって、
徐々にタイヤの皮はすり減ってなくなります。

 

また、雪が降る前にタイヤを慣れさせておくことにより、
スタッドレスタイヤ本来の力が、さらに発揮できますよ!

 

余裕を持ってスタッドレスタイヤを交換し、
車を走らせ皮むきをしてみてください。

スタッドレスタイヤの空気圧は低めがいい訳じゃない!普通でOK!

スタッドレスタイヤを交換する際には、
タイヤの点検として、空気圧のチェックも必要です。

 

運転中は空気圧、気になりますよね。

 

スタッドレスタイヤの場合、空気圧は低めにするといい、
なんて話もありますが、実際どうなのでしょうか。

 

一般的にタイヤの空気圧は、適正な値が基本です。

高めでも低めでもなく普通でOKです

 

スタッドレスタイヤの場合も、
取り付けてからすぐ低めに設定するのではなく、
最初は普通に設定しましょう。

 

一度車を走行してみて違和感を感じたなら、
調整してみるのがベストですよ。

 

道路状況によって走行感覚も違ってくるので、
合わせて調整すると良いでしょう。

 

基本的には適正な値にしておくと安心です。

スタッドレスタイヤのデメリットは揺れ大きい・燃費悪・凍結に弱い!

冬に欠かせないスタッドレスタイヤですが、
雪道やアイスバーンに強い、というメリットがありますよね。

 

では反対にどんなデメリットがあるのでしょうか。

揺れが大きい

いわゆる車の乗り心地ですね。

 

揺れはスタッドレスタイヤの特徴でもある、
タイヤの柔らかさに原因があります。

 

タイヤのゴムが柔らかく、路面に密着しやすくなっていますよね。

 

特にカーブの走行中は路面の密着が強まるので、
揺れが大きくなってしまいます。

燃費が悪い

スタッドレスタイヤは、ゴムが柔らかいので、
路面とタイヤの密着する面積が、ゴムの硬いノーマルタイヤよりも多いです。

 

そのため、タイヤが転がるときに出る摩擦力も増えますよね。

 

このように摩擦力がノーマルタイヤよりも多いため、
燃費も悪くなってしまいます

凍結に弱い

スタッドレスタイヤは雪道や凍結した路面に強いと考えますよね。

 

しかし、雪道にこそ強いものの、
タイヤによっては凍結した路面に弱いという種類もあります

 

スタッドレスタイヤを購入する際は、
アイスバーンに強いタイプを選ぶことがおすすめです。

雪道にも凍った路面にも安心して使えますよ。

 

スタッドレスタイヤは、きちんと冬の道に合わせて作られています。

 

デメリットはありますが、危険なものではないので、
特に心配はいらないでしょう。

まとめ

スタッドレスタイヤは、雪道や凍った路面以外でも、
9℃以下なら普通の道にも最適です

 

スタッドレスタイヤを新しく購入したら、
乾いた道路を走り、『皮むき』をしましょう。

性能がUPしますよ!

 

空気圧は低めではなく、基本は適正な値に設定しましょう

天候や道路状況によって調整すればOKです。

 

スタッドレスタイヤはデメリットもありますが、
危険を伴うことではないので、大丈夫です。

 

冬道は特に注意をし、安全運転を心掛けましょう。

タイトルとURLをコピーしました