チャイルドシートは安心価格のJoie!新生児対応!乗せ方まで徹底解説!

スポンサードリンク

赤ちゃんを車に乗せるとき、
必須アイテムなのがチャイルドシートです。

車をお持ちの方は、出産準備品の一つでもありますよね。

 

チャイルドシートといっても、
メーカーや種類などさまざまです。

 

いざ購入するとなれば、どんなメーカーやタイプがいいのか、
迷うことでしょう。

 

そこで、おすすめチャイルドシート『Joie』をご紹介しましょう。

 

Joieは、イギリス生まれのメーカーですが、
日本を含めた世界各国で愛用されているチャイルドシートです。

 

新生児から最大で12歳まで対応可能など、
数種類のタイプがあります。

 

Joieのチャイルドシートは、何といってもお手頃価格が魅力です

赤ちゃんが生まれると、何かと出費が多いので、
ママ・パパにとってお手頃価格は嬉しいですよね。

 

それに、新生児から大きくなるまで使えるなんて、とてもお得です。

買い替えの必要がないことも人気の一つです

 

そしてチャイルドシートといえば、
大きくて結構場所を取るイメージがありませんか?

 

でも、Joieはコンパクトタイプもありますので、
普通車に比べて車内が狭めの軽自動車にも、
問題なく取り付け可能なんですよ。

 

また、カラーのバリエーションも豊富なので、
車内に合ったカラーも選べますね。

 

Joieチャイルドシートは設置方法や、
赤ちゃんの乗せ方も簡単なのでおすすめですよ。

 

のちほど取り付け方や、赤ちゃんの乗せ方、
種類などもお伝えしていきますので、
購入する際の参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

我が家はJoie!先輩ママ評判のチャイルドシート5選で心配なし!

世界中で人気のJoieチャイルドシートですが、
日本でも種類豊富で心配なし!ということで、
使っているというご家庭は多いです。

 

そこで先輩ママ評判のjoieチャイルドシート5選をご紹介します。

全て楽天で購入できるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

gemm

新生児にぴったりサイズのジェムは、チャイルドシートだけでなく、
ベビーカーやキャリーなどとしても使える優れものです

 

一つでたくさん使いたいというママにはおすすめです。

日よけ付きなので紫外線対策にも安心ですよ。

Arc360°

こちらは片手で360°回転可能です。

乗せ降ろしに気を使う新生児期にはとても助かりますよ。

車内でお世話をする際にも、くるっと回転できるので便利です。

 

こちらは4歳ごろまで使用可能です

Stages ISOFIX

業界初の0~7歳までと、長く使えるチャイルドシートです

取り付け方も差し込むだけと簡単で、
長く使えるので買い替えの心配もなしですね。

Tilt

6.5㎏と軽量コンパクトタイプで、
持ち運びもしやすく車内も広々使えます。

コンパクトカーにおすすめですね。

 

メッシュで通気性もよく、日よけカバー付きで安心です。

Valiant

 

ベビーキッズジュニアモードまで使え、
角度ヘッドレストなど、成長に合わせて調整できます

 

そして軽量コンパクトなのが嬉しい特徴ですね。

こちらも人気にタイプです。

Joieのチャイルドシートは新生児の後ろ向き設置も簡単!取り付け方解説!

新生児をチャイルドシートに乗せるには一般的に、
後ろ向きで後部座席に設置します。

 

これは事故の衝撃を軽減するためで、Joieチャイルドシートも、
同じく後ろ向きに取り付けます。

 

取り付け方は簡単なので、参考にしてみてください。

 

新生児の場合は『ベビーモード』での付け方になります

リクライニング角度は「4段目」(青い▲マーク)になります。

『ベビーモード』での付け方

①最初にチャイルドシートを取り付ける座席の、
シートベルトをしめます

②チャイルドシートの背面を下にした状態で、座席に乗せます。

③本体の底にあるベルトスロットのねじれに注意しながら、
 自動車腰ベルトを通します

④本体をゆっくりと起こし、取り付ける位置を決めます。

自動車肩ベルトを本体の背面に回し
ベルトバスに自動車肩ベルトをしっかりと通します。

⑥上からチャイルドシート本体を押さえつつ、
自動車肩ベルトを斜め上方向に引き上げ、固定します。

ベルトグリップは、自動車ベルトのバックルに近い位置に取り付けます。

⑧最後に、取り付けたチャイルドシートが、
前後左右に3㎝以上動かないか、確認をしてOKであれば完了です。

 

このようにjoieチャイルドシートの取り付け方は、
難しくありません。

ぜひ動画も参考にしてみてくださいね。

【Joieチャイルドシート チルトの取付方法】

チャイルドシートはJoie!新生児ママも簡単!安心!我が子の乗せ方!

Joieのチャイルドシートは乗せ方も簡単です。

新生児ママも安心して赤ちゃんを乗せることができますよ。

 

赤ちゃんの乗せ方は次のように行います。

赤ちゃんの乗せ方

①まず、リクライニングがベビーモードになっているか、
 確認して下さい。
角度は新生児に最適の45度(4段目:青い▲マーク)です。

②赤ちゃんを乗せる前に、バックルを外して手前に倒し、
 差し込みダイニングは外側に出しておきます

赤ちゃんを乗せるときは、背筋が伸びるようにして楽な姿勢にし、
 お尻を一番低い位置にして座らせます
ゆっくりお尻から降ろすことがポイントです

乗せてから肩ベルトをして長さを調整します。
赤ちゃんの頭を片手で支えながら行いましょう。
ベルトがねじれてないかを確認し、バックルを留めます。

 

新生児は首がすわっていないので、負担にならないよう、
ゆっくり優しく肩ベルトを装着してくださいね。

 

このようにJoieチャイルドシートへの乗せ方は、

一般的で難しくはないといえます。

 

乗せ方の動画もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【katoji_joie_チャイルドシートへのお子様の乗せ方】

まとめ

イギリス生まれのチャイルドシート『Joie』は、
日本でも愛用者が多く人気が高いです。

 

新生児~最長12歳頃まで使えるタイプもあるので、
長く使いたいママにはおすすめです

 

軽量コンパクトタイプや、360°回転タイプ
ジュニアまで長く使えるタイプなど種類も豊富なので、
ぜひお好みのものを選んでみてくださいね。

 

設置の仕方赤ちゃんの乗せ方も簡単なので、
新生児ママにもおすすめですよ。

 

また、安心お手頃価格なのも魅力でしょう。

タイトルとURLをコピーしました