アイロンのかけ方の注意点!当て布を使うときのポイントとは?

スポンサードリンク

アイロンをかける際に、素材によっては当て布を使ってアイロンをする必要があります。

当て布を使ってアイロンをする際は、

  1. アイロンをかけたいところを霧吹きで湿らせる
  2. 当て布をかける
  3. 素材に合った温度に温めたアイロンをかけていく

の3つの工程を繰り返すだけです。

アイロンをかける前に霧吹きをかけて少々湿らせると、
霧吹きを吹きかけずにアイロンをかけるよりも、
シワが伸びやすくなって綺麗に仕上がりますよ。

もしもアイロンにスチーム機能があったら、
霧吹きなしでスチーム機能を使っても綺麗に仕上げることができます

当て布を使ってアイロンがけをする際に意識したいのが、
あまりアイロンを布地に押し付けないことです。

綺麗にしようとアイロンを強く押し付けてしまいたくなるかもしれませんが、
そうしてしまうと変な折り目が付いてしまう可能性があります。

また、アイロンも大きく動かすのではなく、
少しずつ滑らせていくことを意識しましょう。

当て布を使ったアイロンがけを、
写真付きで分かりやすく説明してくれているサイトを見つけたので、紹介しますね。

【当て布を使ったアイロンのかけ方】
https://nanapi.jp/ja/67971

アイロンをかけるときに当て布なしじゃダメ?必要な理由とは?

スポンサードリンク

アイロンをかけるのに当て布を使うのって、面倒だと思うかもしれません。

ですが、当て布はアイロンが衣服を伸ばす際に、
熱が原因で衣服が傷んでしまったり変形してしまったりするのを防ぐ役割があります。

また、布当て無しでアイロンをかけた場合、
衣類によってはテカってしまうこともあります。

テカテカした衣服は、着用した際に決まりませんよね。

テカリ防止のためにも、当て布はアイロンがけに必要なアイテムなのです。

特に洗濯表示でアイロンマークの下に波線がある場合は、
当て布でアイロンをかけることが推奨されているので、
ちゃんと当て布を使ってアイロンをかけましょうね。

ちなみに当て布が推奨される素材は、以下の通りです。

  • ウール
  • シルク
  • カシミヤ
  • ポリエステル
  • レーヨン
  • ニット
  • 濃い色の衣類

他にも、Tシャツなどでも絵柄がプリントされているものにも、
当て布を使ってアイロンをすることがオススメされています。

アイロンをかけるときにおすすめな当て布の素材は?

当て布におすすめの素材は、

  • 綿100%
  • 色の薄いもの
  • 薄い生地

です。

色の薄いものを使うのは、色移りを防ぐためです。

色の濃い布を使ってしまうと、熱が伝わることで当て布の色が落ちてしまい、
綺麗にしたいはずの服が台無しになる可能性があります。

無地が理想ですが、薄い色や模様の少ないものを使うのがオススメです。

アイロンをかけたいのに当て布がない!おすすめの代用品を紹介

「アイロンをかけたいけど当て布になるものが無い!」といって、
急いで当て布を買いに行く必要はありません。

当て布の代用として、
ハンカチバンダナタオル手拭いが挙げられます。

中でも手拭いは綿100%でできていることが多いですし、
大きさもあるのでハンカチよりも便利です。

できれば1枚は持っておきたいですね。

使う機会も無くて溜まってしまっているいらない布類は、
当て布として代用するようにしましょう。

ただ、先ほど紹介したオススメの当て布の素材である、
「綿100%・薄い色・薄い生地」の3つに当てはまる布を選んでくださいね。

ハンカチなどを当て布の代用として使う際の注意点としては、
何度も当て布として使うので、
当て布自体が変色したり傷んだりするようになってしまうところです。

大事な物を代用するのではなく、
いらないものを当て布の代用として使うようにしましょう。

まとめ

当て布は、ウールやシルクといったデリケートな衣服、
イラストなどがプリントされたTシャツや恋色の布地でできた衣類のアイロンがけをする際に必要なアイテムです。

当て布を使うことで、アイロンの熱で布地が痛んだり
変色したりテカったりすることを防ぐことができます

大事な衣服をアイロンがけする際は、
当て布を使ってアイロンをかけることをオススメします。

当て布の素材としては、
綿100%薄い色と布地のものが最適です。

もしも当て布が無いという場合は、
同じようなハンカチバンダナタオル手拭いを使っても代用することができますよ。

当て布として使って行くうちに、変色したり傷んだりしてしまうので、
なるべくいらない布地を当て布の代用品として使うようにしましょう。

当て布を使ってアイロンをする際は、
霧吹きで布地を軽く湿らせてから当て布をあてがい、
その上からアイロンをかけていきます。

霧吹きで軽く湿らせると、布のシワが伸びて綺麗に仕上げることができますよ。

スチーム機能が付いていたら、
霧吹きなしでスチームを使ってアイロンをかけましょう。

お気に入りの衣服は、いつまでも長く使って行きたいものです。

衣類によって適したアイロン方法で、お気に入りの服を綺麗に保ちましょう!

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする