新生児の我が子のくしゃみ…鼻水が出るなら?心配なチェックポイント!

妊娠・出産
スポンサードリンク

小さな新生児ベビーも、くしゃみをすることがあります。

 

大人のように、鼻へのちょっとした刺激で出るくしゃみもあれば、
何度もくしゃみしたり、鼻水も出ていることがあります。

 

たまたまくしゃみが出た場合は気にならないかと思いますが、
くしゃみの回数が多かったり、鼻水も出ていれば、
風邪かな?と心配してしまいますよね。

 

頻繁にくしゃみや鼻水が出て、
心配になったときのチェックポイントは次のとおりです。

 

まず、鼻水の状態をチェックしてみましょう

 

鼻水が透明でサラサラしている場合は、
アレルギーの可能性が考えられます

 

部屋や布団のホコリ・ダニが原因となり、
アレルギー症状を起こしているのでしょう。

 

ホコリ・ダニアレルギーであれば、
赤ちゃんの寝室や寝具を変える、
布団のダニ駆除をするといった対処が必要です。

 

また、アレルギーの心配がある場合は、
一度小児科への相談してみてください。

 

アレルギー検査をし、
今後の生活での注意事項を教えてもらうことも大切です。

 

 

また、鼻水の色が黄色や緑色っぽく、ドロっとしている場合は、
風邪や感染症の可能性が考えられます

 

ドロドロした鼻水をそのままにしておくと鼻が詰まり、
苦しくなってしまうでしょう。

 

赤ちゃんは自分で鼻をかむことができませんので、
取り出してあげた方がいいですね。

 

このように、新生児の鼻水の色や状態を知ることで、
アレルギーなのか、風邪なのかを見分けるヒントになります。

 

どちらにしても、小児科を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク

新生児のくしゃみの原因って!?寒いのかと厚着をさせるその前に…

新生児が何度かくしゃみをすると、
風邪なのかとママは心配になりますよね。

 

もしかして寒いのかな?と思って、
一枚衣類を多めに着せたり、厚めの布団にしたりと、
気を使うことがあるかもしれません。

 

でも、その前に新生児のくしゃみについて、
特徴を知っておくことも大切です。

 

まず、新生児は大人と違い、鼻の粘膜へのちょっとした刺激で、
くしゃみがでることがよくあります

 

特に生後2ヶ月頃までは、
くしゃみやしゃっくりが多いと考えて良いでしょう。

 

例えば、太陽の光が眩しい時空気が乾燥している時
また寒い時もくしゃみが出ることがあります。

 

寒い時期にくしゃみが多いと、「寒いのかな?風邪かな?」と、
ママも心配してしまうでしょう。

 

空気がピリッと冷たい時も、くしゃみが出るものだと、
覚えておくといいですね。

 

鼻水や咳など、気になる症状が出ていなければ、
寒い時期のくしゃみに関しては、特に問題ないでしょう。

 

また、乾燥してホコリが舞っている時も、
くしゃみの頻度が多くなります。

 

風の刺激を防ぐためには、エアコンや扇風機の風を、
直接赤ちゃんに当てないよう、室内環境を見直してみましょう

 

乾燥を防ぐには、加湿器を設置するのも一つの方法です。

 

光での刺激を防ぐには、カーテンを引く、照明を一段暗くする、
といった方法で対処しましょう。

 

寒いのかもと厚着をさせる前に、
室内環境を整えておくことも大切ですよ。

新生児がくしゃみばかり!鼻づまりは大丈夫!?チェックポイントと解消法!

新生児はちょっとした刺激でもくしゃみが出やすいものです。

 

しかし、何度もくしゃみを繰り返したり、
同時に鼻づまりや鼻水が出る、といった症状があれば、
何か原因があるのでしょうか。

 

新生児は体がとても小さく、鼻の穴も狭いです。

そのため、ちょっとしたことで詰まりやすいのも特徴です。

 

特に風邪を引いてなくても、ちょっとした刺激でくしゃみをし、
鼻が詰まってズーズー音がしていることもあります。

 

鼻づまりが気になる場合は、先ほどもお伝えしたように、
まずは鼻水の色や状態をチェックしてみましょう。

 

透明でサラサラしていてくしゃみが多ければ、
アレルギー症状が考えられます

 

ドロっとした黄色や緑っぽい色の鼻水であれば、
風邪の可能性が高いでしょう

 

鼻がつまっていたら、赤ちゃんも苦しいと思いますので、
取ってあげましょう。

 

綿棒を使って鼻先を刺激してあげると、
くしゃみと共に出てくることがあります。

 

また、チューブなどを使って、
鼻水を吸い取る器具を利用する方法もあります。

 

このように、自宅でママが鼻水を取り除いてあげることもできますが、上手くできない場合は、小児科に相談してみましょう。

 

鼻づまりが酷くなると、中耳炎や副鼻腔炎の心配もあります。

そうならないためにも、日頃から鼻づまりがないかチェックしておくことも大切ですね。

新生児の我が子が風邪かも!?鼻水とくしゃみの他にもここを観察!

新生児ベビーも風邪を引くことがあります。

 

ママから見て赤ちゃんの風邪の症状で最も分かりやすいのが、
鼻水とくしゃみですよね。

 

しかし鼻水とくしゃみは、アレルギーなど風邪以外の原因も考えられます。

 

そのため、新生児のほかの症状も観察してみることが、
風邪なのかを見極めるポイントになります。

 

まず熱を計ってみましょう。

赤ちゃんは元々体温が高めですが、
38度以上あったら、風邪の可能性が高いです

 

そして、母乳やミルクがしっかり飲めているかです。

普段よりも飲めていない場合は、
風邪の可能性も考えられますね。

 

また、いつもより機嫌が悪くよく泣く
激しくぐずるといったことも、体調が悪いと考えられます。

 

ほかにも、元気がなかったり、ぐったりしているなど、
明らかにいつもと様子が違うのであれば、
早めに小児科を受診しましょう。

まとめ

新生児がくしゃみをし、鼻水が出ていたら、
鼻水の色や状態をチェックすることが大切です

 

鼻水が透明でサラサラならアレルギー
ドロっとして黄色や緑っぽい色なら、風邪の可能性があります。

 

赤ちゃんはちょっとした刺激でくしゃみが出やすいので、
すぐに厚着にさせなくても大丈夫でしょう

 

風邪かな?と思ったら熱を計り母乳やミルクが飲めているか、
機嫌が悪くないかなどもチェックし、
早めに小児科を受診しましょう。

タイトルとURLをコピーしました