赤ちゃんの落下事故…よく寝るなら心配ない?普段と変わらないなら◎!

子育て
スポンサードリンク

小さな赤ちゃんは自分の身を守ることができないので、
側にいる大人が危険から守ってあげる必要があります。

 

しかし、ママやパパが一瞬目を離した隙に、
ソファやイスから落下してしまった、なんてこともあるでしょう。

 

落下事故は気を付けていても起こることがありますよね。

そしてその後の、赤ちゃんの様子には気を付けたいものです。

 

頭をぶつけてしまうと、脳がダメージを受けていないか、
大丈夫なのかとママは不安になりますよね。

 

まず、赤ちゃんのその後の様子をチェックしてみてください。

普段と様子が変わりなく、よく寝るなら特に心配はないでしょう

 

しかし、元気であっても2~3日は念のために、
気を付けて様子をみてあげてくださいね。

 

落下直後には、まず次の点をチェックしてみましょう。

 

ちゃんと息をしていますか

落下したときに打った箇所はケガをしていませんか

血が出ていないか、腫れていないかなどを確認しましょう

嘔吐はしていませんか

 

このような点を確認してみてください。

もし様子がおかしいなら、すぐに医療機関を受診してくださいね。

 

落下した日の夜、いつも通りよく寝るのであれば、
心配はないと思いますが、気になるのであれば、
かかりつけの病院の先生に相談してみましょう。

 

ほかにも、ぐったりしている意識がない顔色が悪い
といった様子があれば、すぐに医療機関を受診してください。

 

赤ちゃんが2~3日経っても普段通り元気で、
良く寝るといったことであれば大丈夫でしょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんが頭ぶつけた後にウトウトと寝る&視線が合わないのは危険?

赤ちゃんの予期せぬ事故は良く起こります。

周囲の大人が気を付けていても、回避できないものもあります。

 

まだ動きが不安定な赤ちゃんは、
頭をぶつけたという事故は多くありますね。

 

落下した時、転んだ時、近くのテーブルにゴツンと頭をぶつけた、
なんてこともあるでしょう。

 

頭をぶつけると、脳に異常が起きていないか、
救急車を呼んだ方がいいのかと、心配になりますよね。

 

頭をぶつけた直後ウトウトと寝る視線が合わない
といった症状があれば、すぐに救急車を呼びましょう

 

赤ちゃんがママやパパの声に反応しない場合も同じです。

 

ウトウトと寝る、視線が合わないといった症状は、
脳に何らかのダメージを受けている可能性があります

脳出血骨折脳に損傷を起こしている危険も考えられます。

 

ほかにも、けいれんを起こしている手や足の動きがおかしい
声を掛けても反応しない嘔吐を繰り返す
といったことはありませんか?

 

ママやパパから見て、明らかに赤ちゃんの様子がおかしいのであれば、
救急車を呼んだ方がいいでしょう。

 

救急車を呼ぶべきか判断に迷う場合は、
自家用車タクシーを使って、
医療機関を受診したほうがいいですね。

 

もちろん、何ともなければそれに越したことはありません。

頭をぶつけた時は判断が難しいですが、
心配なら脳神経外科の受診をおすすめします。

 

赤ちゃんが元気そうに見えても、頭を強く打っているのであれば、
一度病院で検査してもらった方が安心です。

赤ちゃん寝る時のビクビク…寝入りばなに起こるてんかんの可能性も?

赤ちゃんがスヤスヤと寝ている姿はとても可愛いものです。

しかし、寝る時に震えるようにビクビクとしていたら、
ちょっと気になりますよね。

 

寝る時のビクビクとした震えは、
寝入りばなに起こるてんかんの可能性もあります

 

てんかんの発作か見分けるポイントは、
アゴをかくかくさせる痙攣がどうかです。

痙攣は数秒繰り返す場合もあれば、数分続く場合もあります。

 

ほかにも、視線がどこか一点を見つめ固まっていたり
白目をむいている意識がない手や足がつっぱっている
といった症状があれば、てんかんの可能性があります。

 

もしそのような症状がみられたら、
無理に赤ちゃんを揺さぶったりするのは危険です

 

慌てず、赤ちゃんの衣服を緩め、横に寝かせてあげましょう。

 

震えているからといって、口に物を入れたり、
体を押さえつけるのはNGですよ

落ち着いてから医療機関を受診しましょう。

 

手足がピクピクと震えるといった症状は、
外部からのちょっとした刺激によるものです。

生理反応なので特に心配ないでしょう。

赤ちゃんの鼻づまりは寝るときどうする?細綿棒や鼻水吸引器で解消を!

赤ちゃんが寝るときの鼻づまりは、苦しそうですよね。

辛くてなかなか寝付けず、ぐずることもあるでしょう。

 

ある程度大きくなると自分で鼻をかめるようになりますが、
赤ちゃんはまだ自分で鼻水を出せません。

大人が解消してあげましょう。

 

寝るときに鼻づまりを解消しておけば、
スッキリして心地よく眠れますよね。

 

鼻づまりを解消するには、細綿棒鼻水吸引器がベストです

 

赤ちゃんの鼻はとても小さいので、
綿棒はベビータイプの細いものを使用しましょう

 

鼻先にだけ入れて使用するようにしてください。

奥まで入れるのは粘膜を傷つけ、鼻血が出る可能性もあるのでNGです

 

取れない場合は鼻を温めるなどして、
無理に取らないようにしましょう。

 

ドラックストアなどで販売されている、
赤ちゃんの鼻水吸引器もおすすめです。

赤ちゃんの月齢に合ったタイプを選びましょう。

 

奥に溜まった赤ちゃんの鼻水を吸い取ってくれるので、
とても便利ですよ。

 

ただし、鼻水が固まっているときは無理に取ろうとせず、
鼻を温めるなどして、様子を見てから使用してくださいね。

まとめ

赤ちゃんの落下事故は心配ですが、普段と様子が変わらず、
夜もよく寝るなら大丈夫でしょう

 

頭をぶつけて、ウトウト寝たり視線が合わない場合は、
すぐに医療機関を受診しましょう

他にも心配であれば、かかりつけ医に相談してみてくださいね。

 

寝る時のビクビクした痙攣は、てんかんの可能性もあります。

慌てず落ち着いたら医療機関を受診しましょう。

 

寝る時の鼻づまりは、細綿棒鼻水吸引器で解消できます。

無理せず行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました