ベビーカーって何歳から何歳まで使うもの?A型とB型どっちがいい?

スポンサードリンク

ベビーカーは小さなお子さんを持つお母さんには必須のアイテムのひとつ。

最近は安全面や快適さもずいぶんと進化し、
お子さんとのお出かけには欠かせないものとなりました。

でも、ベビーカーって一体何歳くらいまで使えるものなのでしょうか?

実はベビーカーの使用期間は、年齢とともに身長も大きな判断基準になっていて、
平均では1歳くらいから使い始め
お子さんの体つきもしっかりしてきて、
完全に自分ひとりで歩くようになる4歳頃が卒業のタイミングとされています。

今回は、お母さんになりたての新米ママの疑問を徹底解明したいと思います。

ベビーカーのA型っていつまで使える?A型のメリットとデメリット!

ベビーカーは、大きく2種類に分かれます。

大きく重量があり、ベッド部分が完全に倒れたりするタイプをA型と呼びます。

日本ではこちらが主流で、
ベビーカー、と聞いてパッとイメージされるものはこのA型のタイプではないでしょうか。

A型ベビーカーの大きなメリットは、なんといってもその安定感。

車体やタイヤが大きく頑丈で、多少悪い道でも操作しやすく、
転倒などの危険は小さいです。

ベッドが完全に寝かせられるのと、
赤ちゃんとお母さんが対面式になっているものがほとんどなので、
睡眠時間が多く、常に様子をみている必要がある、
生後1ヶ月くらいの比較的早い段階から、3〜4歳頃まで使用できます

ただ、その大きさが短所でもあり、大きさゆえに重たく、
女性には持ち運びが大変だったり、畳んだ状態でも場所を取ってしまうこと、
値段も高めであることがデメリットと感じてしまう人が多いようです。

B型のベビーカーはいつから使える?A型との使用期間の違い!

スポンサードリンク

A型のベビーカーを紹介しましたが、それに対して小型で、
赤ちゃんが前を向いて座る形になっているタイプのものをB型と呼びます。

こちらはそのコンパクトさと軽さがメリットで、
小回りが効いて、狭い道やお店の中でも通りやすくなっています。

また、A型と比べるととても軽いので、
赤ちゃんを乗せたまま階段を上るときなどでも、らくらく運べます。

お値段がリーズナブルなのも嬉しいポイントですね。

その反面、タイヤが小さく、
道が悪いとガタガタを不安定になり押しにくくなってしまいます。

また、赤ちゃんが座った形で乗ることになるので、
赤ちゃんがしっかりと腰すわりが出来る、
生後7ヶ月頃からでないと安全に乗ることが出来ません

なので、腰すわりが出来るようになる7ヶ月まではA型を使い、
そこからB型にチェンジするという人が多いようです。

ベビーカーのA型B型は結局どっちがいい?2つの違いまとめ!

A型とB型、2つのベビーカーを紹介してきましたが、
結局どちらを使うのが良いのでしょうか?

2つのベビーカーの特徴をまとめてみましょう。

A型は車体やタイヤが大きく、安定感があり安全で、
ベッド部分が倒れるので、生後すぐに使えます

その反面、重たくて場所を取ってしまい、価格も高め。

B型はコンパクトで軽く、価格も安めのものが多いです。

それゆえに悪い道では不安定になってしまい、ベッドも倒れないため、
赤ちゃんが腰すわりが出来るようになってからしか使用できません

このように、2つのベビーカーは全く正反対と言っていい特徴を持っています。

これらの特徴と、お母さんのライフスタイルを照らし合わせて、
どちらのベビーカーを使うと良いのかを考えてみると良いでしょう。

例えば、たくさんの荷物を持って赤ちゃんとお出かけすることが多かったりする方は、
A型のベビーカーなら荷物をかけたりも出来るので便利です。

しかし、電車に乗ることが多い人は、大きく重いA型では階段が辛かったり、
電車内でも気を使ってしまうかもしれません。

逆に、コンパクトで軽いB型はやはり扱いやすいようで、
赤ちゃんの腰が座ってきたらB型に変える人がほとんどのようです。

ベビーカーを押すのはほとんどの場合がお母さん。

やっぱり軽いベビーカーの方が便利なようですね。

赤ちゃんの生後すぐにベビーカーを使う必要がなければ、
B型に乗れるようになるまでは、だっこ紐などでお出かけするお母さんも多いです。

いずれにしても、B型は生後半年くらいは使わないので、
まずは赤ちゃんとの生活をイメージして、
A型が必要かどうかを見極めてみるといいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

A型とB型、どちらも便利なところもあり、不便なところもある。

こうしてみるとなかなか奥が深いですよね。

また、一口にA型とB型といっても、
メーカーによって形や大きさなどは様々あります。

ですので、ネットなどで見てすぐに決めるのではなく、
やはり実際にお店に足を運んで選んで見ることも大切です。

店員さんもベビー用品に詳しい人なので、相談にのってくれますよ。

赤ちゃんが一人で歩くようになるまで、数年間お世話になるベビーカーなので、
大切に選んでくださいね。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする