ガキ使・笑ってはいけない2018のツイッター目撃情報!撮影場所はどこ?

スポンサードリンク

今年も「ガキの使いじゃあらへんで」の毎年恒例バス目撃情報が、
SNSなどに投稿されています。

昨年のガキつかでは黒人のコスプレでの差別問題などがあり、
2018年は放送されるのか心配の声が多くあがっていましたが、
今年も例年通りロケバスが目撃され撮影が終了しました。

昨年と同じく千葉県勝浦市でバスが目撃され、
11月15日には正式にタイトルも発表され、
2018年のガキつかの正式タイトルは、
「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」に決定しました。

今年のタイトルにはトレジャーハンターと入っているので、
冒険ものの要素を取り入れた展開が多そうです。

昨年と同じ場所をロケ地にしたのにも理由がありそうです。

実際に放送を見てからのお楽しみですね。

笑ってはいけない2018のツイッター目撃情報は?

毎年恒例のロケバス目撃情報が今年もSNSに続々と投稿されました。

昨年はロケバス目撃情報が11月5日でしたが、
今年も11月5日です。

今年は、11月の第一月曜日に目撃されています。

また2年連続で千葉県がロケ地で、
さらに昨年と同じ廃校を使用したそうです。

基本的に撮影には廃校が使われることが多いので、
今回も廃校が使用されました。

前年度と同じロケ地なのでいろいろ問題があった、
昨年のリベンジという意味もあるのかもしれないですね。

千葉県勝浦市での目撃ツイートだと思われるのが、11月5日。
日程的に撮影初日の可能性が高いです。

毎度おなじみのバス内でのやり取りシーンですね。

ロケバスの案内には、
「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」と表記されています。

今年もガキつかとすぐにわかるようなロケバスですね。

隠す気がないので宣伝のために拡散してほしいのかもしれないです。

正面からバスが撮影された同日に、
バス後方からの写真も投稿されています。

今年も昨年に続き、
「ヘイポー」シリーズでユニークな名前です。

この名前にはどんな意味が込められているのか毎年なぞですね。

ロケバスに使用されているのは、
京都市のバスだそうです。

この投稿は11月6日で、
すべてのロケバス目撃情報の投稿日時が5~6日と目撃情報が少ない気もしますが、
正式な撮影開始日時は不明です。

実際に投稿された写真のバスに、
乗っていたのかどうかも分からない状況です。

なにか理由があってバスだけ巡回していた可能性もあります。

ロケ地となった廃校二校を行き来しているはずなので、
移動中のバスを目撃されている可能性が高いです。

実際にどれくらいの頻度で移動しているのかはわかりませんが、
詳細な撮影日時は不明です。

他にもゲストを目撃したという情報が出回っていますが、
実際のところ真偽が不明です。

その中でも、元貴乃花親方(花田光司)が出演するという情報が、
出回っています情報源が不明です。

実際に出演するとなれば、
バラエティではあまり見ないので楽しみです。

出演するなら、お仕置き行使枠の可能性が高い気がします。

笑ってはいけない2018の撮影場所は?

撮影場所はSNSでの目撃情報から、
撮影場所は千葉県勝浦市にある勝浦市立北中学校だそうです。

このツイートが11月9日なので、目撃情報が11月5日~11月9日と幅広くなりますが、
撮影後機材を片付けるのに時間がかかっていただけかもしれないですね。

基本的には勝浦市立北中学校(千葉県勝浦市小羽戸58-2 )で撮影して、
バスでの移動もあります。一ヵ所しか目撃されていませんがロケ地は移動しているはずです。

今年も廃校を二校貸し切っているので、
もう一校は同じく千葉県勝浦市にあり、
昨年のロケ地でもある勝浦市立興津中学校も使用されてる可能性が高いです。

どちらの中学校もすでに勝浦中学校に統合され、
廃校になっているので、生徒は居ないそうです。

昨年のロケ地にはもう一か所あり、
今年も国際武道大学も使用される可能性は高いですね。

すでに撮影は終了していますが、
勝浦市立北中学校以外の目撃情報がないので、
実際にロケ地だった場所は放送を見てからのお楽しみとなります。

深夜撮影に勝浦市立興津中学校が使用された可能性が高いので、
目撃情報がないのかもしれないです。

今年は平成最後のガキつかとなるので、
今回のロケ地には意味が込められていそうです。

スポンサードリンク

2018年は「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」に!ネタバレ情報はある?

ツイッターでの目撃情報から今年のガキつかは、
「絶対に笑ってはいけない考古学研究所24時!」というタイトルだとうわさされていました。

実際に浜田さん本人がツイッターでネタバレしていたとうわさになっていたほどですが、
浜田さんの偽アカウントの発言だったということで、
うそだとすぐに分かりました。

正式タイトル「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」が発表された今では、
実際のタイトルだった可能性があるのかは謎のままです。

毎年タイトルは「場所名」ではなく「職業名」が入ることが多いので、
冷静に考えると違う可能性が高かったのかと思います。

過去に「病院」「空港」などがタイトルに入っているので一概には言えませんが、
職業名が入ることが多いです。

今年もバスに記載されている名前から考えると、
昨年と同じく「ヘイポー」シリーズなので、
年限定タイトルではなく、ガースー黒光り時代は完全に終わったみたいです。

豪華ゲストについてですが、今年もはっきりとした明言がさけられているので、
誰が出演するかはまだ確定的な情報はありません。

まとめ

2018年ガキつかのロケバス目撃情報は、
例年通り11月に多数ありました。

今年は昨年の放送日以降、黒人差別問題などで話題になったり、
平成最後の年はガキつかを見れないのかもしれないと思うことがありました。

しかし、毎年恒例のロケバス目撃情報がSNSに投稿され、
ガキつかファンの方たちは安心したと思います。

そして、11月15日に今年も正式タイトルが発表され、
撮影も無事に終了しました。

「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」ということで、
内容の想像が膨らみますが、例年通り、
大晦日は笑って過ごせるような内容になっていればいいですね。

笑ってはいけないシリーズの最初が、
2003年の「絶対に笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅!」で、
当時は大晦日に放送されていません。

大晦日に放送されるようになったのは、
2006年の「絶対に笑ってはいけない警察24時!」からですが、
ガキつかは平成の30年間中、約半分の年に放送されています。

ガキつかは平成を代表する作品として、
これからも長く語り継がれることになりそうです。

出演者にとっては、来年以降も出演したいと思えるような、
視聴者にとってもは、来年以降も見たいと思うような内容になっていればいいですね。

新元号の最初からガキつかをみて、
最高の新年を迎えたいのです。

平成最後のガキつかは絶対に見逃せませんね。

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする