知っておきたい!お歳暮を渡す時期は?地域によって違いがあった!

スポンサードリンク

1年間の感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮ですが、
何となく年の暮れに渡すものというイメージがありますよね。

 

渡す時期は正確にはいつが適切なものなのか、
事前に知っておきましょう!

 

お歳暮を渡す時期は、12月10日前後から20日頃までといわれています

しかし、地域によって渡す時期に違いがあります。

 

12月13日は「事始め(事納め)」で、
この時期からお正月の準備を始めるとされています。

 

そして一般的にどの家庭も年末に近づくほど、
お正月の準備で慌ただしくなりますよね。

 

このような理由から、12月20日頃まで届けた方が良いとされています。

 

しかし、地域によって日にちが前後している場合もあります。

贈りたい方が住む地域のお歳暮シーズンを、
事前に確認しておくといいですね。

 

年末には買い物や旅行で自宅を空ける方も多くいらっしゃいます。

ですので、お歳暮を贈る時期があまり遅くなると
相手のご迷惑になってしまうことも考えられます

 

お歳暮は12月20日頃までには訪問して渡すか、
到着するように配送をしましょう。

余裕を持って準備するようにしたいものですね。

 

お歳暮を渡す時期は、12月10日前後から20日頃までといわれています。

そして、住む地域によって違いがあります。

 

早すぎず遅すぎず、適切なタイミングで贈りましょう!

スポンサードリンク

お歳暮の送付時期は?こうすれば年の暮れになって焦らなくてすむ!

お歳暮は百貨店やネット通販で購入される方が多いです。

そして複数の方に贈りたい場合や、遠方に住む方に贈りたい場合は、
配送依頼をしますよね。

 

そのようなケースであれば送付時期に悩むところです。

年の暮れに焦らずにすむように、ポイントも一緒にお伝えしていきますね!

 

お歳暮の送付時期11月末〜12月上旬頃がベストでしょう

 

ただし、冒頭でもお伝えしたように、
住む地域によってお歳暮のシーズンは異なる場合もありますのでご注意ください。

 

年の暮れに焦らなくてもすむ方法は、早めに手配することです!

 

人気の品早めに完売してしまいます

そして、注文する時期が遅ければ遅くなるほど、
売り切れ商品が増えていきます。

 

また、配送に日数を要することもあるので、
ギリギリに注文した場合は間に合わず、
時期が過ぎてしまうことも…。

 

このようなことにならないためにも早めに注文し、
贈りたい方の住む地域に合わせて品物が到着するように、
手配することがポイントになります。

 

ネット通販サイトなどでは、早ければ10月頃からお歳暮特集が組まれます。

 

百貨店やギフトショップでも、11月にはお歳暮商品が出回ります。

その頃に準備を始めてもいいでしょう。

 

お歳暮の送付時期は11月〜12月上旬頃がベストでしょう。

 

年の暮れに焦らなくてもすむように、
早めに動くことが大切ですね!

スポンサードリンク

お歳暮を届ける時期はいつからいつまで?贈るときのマナー!

お歳暮カタログなんかを見ると、
早めに贈った方がいいのではと、考えてしまいますよね。

 

しかし、いつ贈ってもいいというわけではありません。

届ける時期はいつからいつまでなのか、
マナーも事前に把握しておきましょう。

 

お歳暮を届ける時期は、何度もお伝えしていますが、
だいたいの場合12月10日前後から20日頃までとされています

時期は地域によって前後する場合もあります。

 

そして、贈りたい方の都合に合わせて届けることが、
マナーとして大切です。

 

訪問して届ける場合相手の都合を伺い、
在宅している日時を事前に確認しておきましょう。

 

配送の場合は、相手が受け取れる日時に届けられるようにしましょう。

 

日持ちしない品や、冷蔵・冷凍の品を贈る場合は、
特に注意が必要です

 

相手が旅行や外出で不在の場合、受け取ることができず、
品物が傷んでしまったり、消費期限切れになってしまうことも。

 

もし、受け取れる日時がはっきりとしない場合は、
常温保存が可能で日持ちする品を選びましょう。

 

お歳暮を届ける時期は12月10日前後から20日頃が目安です。

贈りたい方の都合に合わせて届けることが、マナーとして大切です。

 

相手が困らないように、ベストなタイミングで届けたいですね!

お歳暮の到着時期は?地方によって適切な贈る時期が異なっていた!

お歳暮シーズンは、地方によって適切な贈る時期が若干異なっています。

 

ですので、特に遠方に贈る方は、
その地方のお歳暮シーズンに合わせて到着させなければいけません。

いつ贈るのがベストかを確認しておきましょう。

 

関東地方12月1日〜31日(早ければ11月末から)
関西地方12月13日〜31日までが一般的です

 

沖縄12月初旬〜25日です。

そのほかの地域は、12月10日前後から20日頃とされています。

 

地方によって贈る時期が少し前後している感じですね。

贈る相手の住んでいる地方のお歳暮シーズンを確認し、
間に合うように手配しましょう。

 

自分の住んでいる地域を基準にしてはいけませんよ。

 

近年はネット通販のお歳暮特集や、
百貨店などのお歳暮ギフトカタログも早く作られるため、
早い段階でチェックを始める方も増えています。

 

それに到着時期がバタバタした年末になってしまうと、
相手に迷惑をかけてしまいますよね。

 

12月20日頃までには届くように発送すれば、
失礼なく贈れるでしょう。

 

このように、その地方のお歳暮シーズンに、
到着時期を合わせなければいけません。

 

ベストなタイミングで届いて喜んでもらえるように、
事前に時期を確認しておくと安心ですよ!

スポンサードリンク

お歳暮は11月に贈ってもよい?関東地方では11月に贈るところも!

10〜11月頃になるとデパートやスーパーで、
お歳暮カタログを目にするようになります。

 

もうそんな時期なのかと感じる方も少なくないと思いますが、
11月に贈ってもよいのでしょうか?

 

関東地方では11月に贈るところもあります

ですので、そちらに住んでいる方に贈りたいならば、
11月末に贈っても特に問題ないといえるでしょう。

 

だけど、早く届きすぎても非常識だと思われるかもしれません

ですので、贈るなら11月25〜30日頃がいいでしょう。

 

関東地方ではその時期にお歳暮が届くことは、
珍しいことではないようですね。

 

しかし、必ずしもその時期に贈らなければいけない、
というわけではありません。

それ以降の12月でも問題はないですよ。

 

ほかの地域に贈る場合は、少し時期が早いのでご注意ください。

同じ日本でも住んでいる地域によって、
贈るべき時期が多少異なります。

 

非常識だと思われないように、
贈りたい相手の住む地域のルールに合わせて贈るようにしたいですね。

 

このように、関東地方ではお歳暮を11月末に贈るところもあります。

 

贈った方に驚かれないように、地域のルールを確認してから、
適切な日に届くように贈りましょう。

お歳暮を12月1日に贈るのは早い?関東地方は少し早い傾向にある!

お歳暮商品は11月を中心に出回り、
年々早めに準備をされる方が増えています。

では、12月1日に贈るのは早いのでしょうか?

 

関東地方ではお歳暮を贈るのが、
12月1日〜31日までとされています

早ければ11月末頃に贈るところもありますね。

 

ほかの地域はほとんどの場合、
12月10日頃から20日頃に贈るものと考えられています。

 

なので、関東地方は全国のほかの地域に比べて、
少し早く贈る傾向がありますね。

 

関東地方のお歳暮シーズン12月31日までとされていますが、
慌ただしい年末は旅行や外出で家を空けることが多いです

 

なので、できれば遅くても12月25日辺りまで届くようにした方が、
相手の迷惑にならずに済むでしょう。

 

お正月のごちそう用の食材としてカズノコ
いくらなどの生鮮食品を贈りたい場合は、
もう少し遅くてもOKでしょう

 

ただし、そのような場合は事前に相手が在宅しているかどうかを確認し、
問題なければ届けるか、配達手続きをしましょう。

 

お歳暮は百貨店やスーパーだけでなく、
ネット通販でも気軽に購入することができます。

 

早めに注文した場合、「早割」や「エコバックをプレゼント」など、
割引や特典が付くことも多くなっています。

 

そのようなこともあって、年々早めにお歳暮を購入する方が増えてきています。

 

また、12月はクリスマスや大晦日などのイベント、
大掃除やお正月の準備など、一年で最も慌ただしい月です。

 

忙しくなる前に早めにお歳暮を手配してしまおうと考えている方もいるため、
関東地方では特に早く贈る傾向があるようです。

 

このように、12月1日に贈るなら関東地方はOKですが、
そのほかの地域に贈る場合は少し早いです。

 

お歳暮のチェックや手配は早めにした方が良さそうですが、
地方のルールに合わせて届けられるよう気をつけましょう。

お歳暮のピーク時期はいつ?ピークを避けた際のメリットもあった!

毎年お歳暮シーズンになると、百貨店の特設コーナーは、
商品を選ぶお客さんや配送の手配をするお客さんで、
混雑していますよね。

 

そんなお歳暮のピーク時期っていつなのか気になりますよね!

お歳暮のピーク時期は、12月10日〜20日といわれています

その時期にお歳暮を贈る方が最も多いようですね。

 

しかし、このようなピーク時期を避けた際は、
メリットもあるんですよ!

 

ピークを避けて少し早めにお歳暮を贈るメリットは、
商品が売り切れの心配がなく、あらゆる品の中からじっくり選べて、
満足した品を贈ることができます

 

それに遅くなってしまうより早めに贈った方が、
気持ちもスッキリしますよね。

 

ピーク時に買いに行った場合混雑は避けられませんし、
売り切れも考えられるので、欲しい品物を購入できるかわかりません

 

ネット通販でもピーク時は、人気の品が売り切れてしまいます。

 

お歳暮のピーク時期は12月10日〜20日といわれています。

ピークを避けて少し早めに購入すれば売り切れの心配がなく、
満足した品を贈ることができますよ!

お歳暮を贈った相手に元旦のお年賀は必要?それぞれの違いがあった!

お年賀は年始のご挨拶として贈るギフトです。

お歳暮を贈ったのに元旦頃にお年賀を贈らなければいけないのか、
疑問に感じるかもしれませんね。

 

お歳暮を贈った相手にも元旦のお年賀は必要なのでしょうか?

 

訪問できるのであればお年賀を贈った方が喜ばれるでしょう

 

お歳暮は一年の感謝の気持ちを伝えるための贈り物ですが、
お年賀は「今年もよろしくお願いします」という気持ちを込めて渡す贈り物です。

 

このようにお歳暮とお年賀にはそれぞれ違いがあります。

 

お歳暮は訪問して直接渡せない場合、配送してもらうこともできますが、
お年賀の場合は、訪問してお渡しするのが一般的です。

 

そしてあまり高価な品物を選んだ場合
相手に気を使わせてしまします

ですので、簡単なお菓子の詰め合わせなどがおすすめです。

 

このように、お年賀は訪問できるのであれば、
贈った方が喜ばれますよ!

 

贈ったことがない方も、一年のご挨拶と共に贈ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

お歳暮を渡す時期は地域によって多少異なりますが、
一般的には12月10日頃〜20日頃とされています

 

忙しい年の暮れに焦らなくてもすむ方法は、
早めに手配することです。

11月頃に準備を始めてもいいでしょう。

 

お歳暮は相手の都合に合わせて贈りましょう。

日にちがはっきりしない場合は、
常温保存できて日持ちする品を選ぶといいでしょう。

 

お歳暮を贈る時期は地方によって異なりますので、
相手の地域に合わせて到着するように手配しましょう。

 

関東地方は12月1日から贈れますが、
早ければ11月末頃からでも大丈夫でしょう。

ほかの地域に比べて関東地方は贈るのが早い傾向があります。

 

気になるお歳暮のピーク時期は、12月10日〜20日です。

ピークを避けて少し早めに贈れば、売り切れの心配がなく、
満足した品を選んで贈れるというメリットがありますよ!

 

お年賀は訪問して渡すのが一般的なので、可能であれば、
お歳暮を贈った場合でも、お年賀を贈った方が喜ばれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました