Apple Payをクレジットカード以外で使うには?VISAプリペやau PAYプリペイドなどで!

キャッシュレス決済
スポンサードリンク

Apple Payはクレジットカード以外でも
VISAプリペau PAYプリペイドなどのプリペイドカードを登録して使うことができます。

 

VISAプリカは三井住友カードから、
au PAYプリペイドはau(KDDI株式会社)から発行されているプリペイドカードです。

 

VISAプリカVISAが使えるお店で
au PayプリペイドMasterCardが使えるお店で使うことができます

 

その他にも、ソフトバンクカードd CARDプリペイドメルペイといったプリペイドカードも、
Apple Payで使うことが出来ます。

 

そもそもプリペイドカードとは事前にお金をチャージ・入金して使うカードのことです。

 

クレジットカードでお買い物をするとついつい使いすぎてしまうこともありますが、
プリペイドカードは事前にチャージして使うので、使いすぎの心配なくお買い物が出来ます。

 

プリペイドカードをApple Payに登録する手順は、
クレジットカードと同様に追加したいカードをiPhoneのカメラで撮影し、
本人認証を行うことで利用することが出来ます。

 

また、プリペイドカードは審査不要・発行手数料無料・年会費無料なので、
手軽に持つことができます。

 

クレジットカードが無いけどApple Payで支払いをしたいのであれば、
プリペイドカードを登録してみてはいかがでしょうか。

 

もしくは、利用するシーンに合わせて、
クレジットカードとプリペイドカードを使い分けるのも良いかもしれません。

 

Apple Payには複数のカードを登録することが出来るので、使い分けることも可能です。

 

ただしプリペイドカードで利用する場合には、
うっかりチャージし忘れてしまい支払いの際に残金が足りないということもありますので、
その点はご注意を。

スポンサードリンク

Apple Pay登録クレジットカードを紛失したら?コールセンターへ連絡し無効手続きを!

もしもApple Payに登録したクレジットカードを紛失したら
すぐにクレジットカード会社のコールセンターに連絡し、
カード無効の手続きを取りましょう

 

カードそのものがあれば第三者に不正利用されてしまう可能性があります。

 

無くしたと気付いたらすぐに連絡しましょう!

 

コールセンターへの連絡先はクレジットカード会社のホームページに記載されています。

 

また、カードの無効手続き後のクレジットカードでApple Payを利用することが出来ません

カードそのものを無効にするので当然ですね。

 

お買い物のときに無効にしたカードでApple Payを使ってしまわないように気を付けましょう。

 

再度Apple Payを利用するためには、
再発行されるカードをWalletアプリに登録する必要があるため、
無効にしたクレジットカードの情報は削除しましょう。

 

登録されているカード情報を削除するには
iPhoneの設定からか、もしくはWalletアプリのカード画面から行えます。

 

クレジットカードを紛失してしまったら、コールセンターにすぐ連絡しましょうね。

ApplePayでのクレジットカード認証失敗は大問題!?カード会社から利用不可判定が?

クレジットカードの登録を済ませApple Payで支払いをしたときにクレジットカードの認証に失敗すると、
大問題かもしれません。

 

「クレジットカードの認証に失敗しました。」のようなメッセージが表示された場合
何らかの理由でクレジットカードの発行会社から、利用不可の判定を受けています

 

この場合Apple Pay側の問題ではなく、
クレジットカードそのものに問題があるため少々やっかいです。

 

クレジットカードの利用不可判定の理由としては以下の理由が考えられます。

 

利用可能額を超えた
クレジットカードの有効期限が切れた
暗証番号を複数回間違えてしまった
クレジットカードの切り替えを行った
支払いを滞納していた
規約違反をしていた
カード不正利用検知システムが働いた

 

クレジットカード会社から利用不可の判定を受けている場合は、
会社へ問い合わせるなどして対応を行う必要があります。

 

いずれの場合もクレジットカードが使える状態にすぐには戻りません

 

利用可能額を超えている場合には、利用可能枠を引き上げる申請を通す必要がありますし、

 

暗証番号を複数回間違えた場合には、
ロックを解除するかもしくはクレジットカードを再発行してもらう必要があります。

 

その場での支払いには別の手段で行うことにし、
クレジットカードの対応は別途行いましょう。

 

なお、引き続きApple Payで支払いを行いたい場合には、
別のクレジットカードかもしくはプリペイドカードなどに変更し決済を進めるようにしましょう。

まとめ

ここではApple Payをクレジット以外で使う方法、
クレジットカードを紛失した場合の対応、
支払いの際にクレジットカード認証が失敗した際の対応についてまとめました。

 

Apple Payはクレジットカード以外にも
VISAプリカやau PAYプリペイドなどの、
プリペイドカードを登録して使うことができます

利用するシーンに合わせてクレジットカードとプリペイドカードを使い分けても良いかもしれません。

 

Apple Payに登録したクレジットカードを紛失してしまった際には
すぐにクレジットカード会社のコールセンターに問い合わせて、
カード無効の手続きを取るようにしましょう

また一度カード無効の手続きを行ったクレジットカードを、
Apple Payで利用することはできません。

再発行されたカードを改めて登録しましょう。

 

Apple Payで支払いをした際にクレジットカードの認証に失敗した際は
クレジットカード側に何らかの問題があります

原因についてはクレジットカード会社に問い合わせましょう。

引き続きApple Payでの支払いを続ける場合は、
別のクレジットカードやプリペイドカードなどに変更し決済を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました