クリスマスツリーの星の名前は?ベツレヘムの星またはクリスマスの星と呼ばれている!

12月の年中行事
スポンサードリンク

いよいよクリスマスシーズンがやってきてワクワクしますね!

子供も大人も1年間で1番心が踊る時期ではないでしょうか?

 

クリスマスムードを鮮やかに彩るクリスマスツリーの1番上に乗っている星は
「ベツヘレム」という名前です

「クリスマスの星」とも呼ばれてもいます。

 

クリスマスはイエス・キリストの誕生をお祝いするイベントだということは、
皆さんもご存知だと思います。

 

クリスマスツリーの1番上に乗っている星に名前があるのは、
この星にとても重要な意味があるからなのです。

 

「ベツレヘム」というのはイエス・キリストが生まれた地名です

イエス・キリストが生まれたときに、
ベツレヘムの星が東方の3人の博士(賢者)達を、
イエス・キリストの元に導いたそうです。

 

東方の3人の博士達にイエス・キリストの存在を知らせたこの星が、
人々を導くような大きく目立つ星はとても縁起のいいものだといわれています。

 

それでクリスマスツリーの1番上に飾られているのです。

この大きな星がイエス・キリストの誕生の象徴とされているんですね。

そして希望をもって上を向いていこう!という前向きなメッセージ性があるのです。

スポンサードリンク

クリスマスツリーのオーナメントボールの由来はアダムとイブが口にした禁断の果実!?

クリスマスツリーに昔はリンゴを飾っていたそうです。

リンゴは、アダムとイブが食べてはいけないと神にいわれていたのに食べてしまった「知恵の木の実」、
いわいる禁断の果実を象徴しています。

 

アダムとイブは神のいいつけをやぶったので、
エデンの園という楽園から追放されました。

そのことから神から人類はさまざまな苦しみを与えられ、
共に生きることになったのです。

 

神様の存在を再確認するための意味が
クリスマスツリーのオーナメントボールは込められているのでしょうか

 

またオーナメントボールが意味する違う説によりますと、
幸福」や「豊かな実り」の願いが込められているという説もあります。

クリスマスツリーのライトの数の目安は?150cmツリーで50~100球で部屋の明るさ次第!

クリスマスツリーのライトの数の目安は、
150cmのクリスマスツリーで50~100球が目安になります

◇クリスマスツリーのサイズによっての電球の目安

・120cm:
電球の数 30~50球

・150cm:
電球の数 50~100球

・180cm:
電球の数 100~150球

・210cm:
電球の数 150~200球

・240cmの:
電球の数 200~300球

 

部屋の中央にクリスマスツリーを飾る場合は、
この2倍ぐらいの電球の数でよいでしょう。

より明るさが増します。

 

電球の数が多いと華やかになりますが
多すぎて適した数にならないとごちゃごちゃして、
綺麗に見えなくなってしまいます

 

せっかく綺麗にデコレーションするのです。

綺麗にみえる比率があるのでその目安にしたがって電球の数を決めてみましょう。

クリスマスツリーてっぺんの天使は必要?聖人や天使モチーフのエンジェルは英国流!

クリスマスツリーの1番上に聖人や天使モチーフのエンジェルがのっているのをみたことがありますよね。

 

クリスマスツリーの1番上にのっているのが星ではなくて、
聖人や天使モチーフのエンジェルがのっているのは英国流なんです

 

クリスマスツリーの1番上にのっている天使は、
聖母マリアがイエス・キリストを身ごもった際、
受胎のお知らせをした天使「ガブリエル」を象徴しています。

 

新約聖書では天使は神の使者としてよく登場します。

イエス・キリストの誕生のお知らせのベルを鳴らしたのも、
天使たちという説もあります。

 

天使たちはよいできごとのお知らせをしてくれる神聖な存在なんですね。

 

有名な画家たちが描く天使たちは翼を持っていて、
神秘的でどこかあったかいような不思議な魅力があります。

 

クリスマスツリーの1番上にそんな天使たちを飾るのは、
天使たちがよいお知らせを舞い込んでくれますようにというメッセージ性があるのかなとも感じ取れます。

まとめ

クリスマスツリーの1番上にのっている星は、
ベツレヘムの星」または「クリスマスの星」と呼ばれています

この星はとても重要な意味が込められています。

 

「ベツレヘム」というのは、イエス・キリストが生まれた地名です。

クリスマスツリーの1番上に飾られているこの大きな星は、
イエス・キリストの誕生の象徴とされています。

 

ベツレヘムの星が東方の3人の博士(賢者)達に、
イエス・キリストの誕生をお知らせし、
イエス・キリストの元へ導きました。

希望をもって上を向いていこう!という前向きなメッセージ性があるのです。

 

どんな時でも希望を捨てずに上を向いていこう!という強い意思を持ち続けることは、
私たちに今1番大切なことかもしれません。

クリスマスツリーをみながら再認識しますね。

 

今年のクリスマスはクリスマスを楽しむだけではなく、
このルーツを意識しながらよりいっそう深いクリスマスになることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました