車検証の再発行はどこで?管轄する運輸支局へ理由書を持ってGO!

スポンサードリンク

車は定期的なメンテナンスとして2~3年に一度、
車検をすることが国で定められています。

 

検査した受けた印として、『車検証』が発行されますよね。

車検や車を売却する際に必要となる大切な書類です。

基本的に車検証は車に置いておかなければいけません。

 

もし紛失してしまったら、再発行の手続きが必要です。

では、どこで手続きが行えるのでしょうか?

 

普通車の場合は、管轄する運輸支局で再発行ができます

 

どこの運輸支局に行けばいいんだろう?と思うかもしれませんが、
ご自分の車のナンバープレートを見てみましょう。

 

そこに書かれている地域の運輸支局が管轄になります。

東京であれば、品川・足立など、
神奈川であれば横浜・川崎などですね。

 

運輸支局の場所などは、ネットで調べておきましょう。

 

再発行に必要な書類は次のとおりです。

 

・理由書

・免許証などの身分証明証

・印鑑

・手数料納付書(※当日窓口で入手します。)

・再交付申請書(※当日窓口で入手します。)

 

自分で用意するものの一つに『理由書』がありますが、
一体どんな書類なのか、疑問に思うかもしれませんね。

 

名前のとおり車検証を失くした、または盗難によって、
車検証を持っていない理由が書かれた書類です。

忘れずに持参しましょう。

 

ほかに、手数料も必要になります。

 

手続きは次のような流れになります。

車検証の再発行手続きの流れ

①管轄の運輸支局の受付窓口に行きます。

②手続きに必要な書類を提出します。

③再発行手続きが完了して、かかった手数料を支払ったら終了です。

 

手続き自体はとても簡単なので、迷うことなく行えるでしょう。

 

ちなみに軽自動車の方はどこで手続きが行えるかといいますと、
管轄の軽自動車検査協会になります

 

運輸支局とは異なるので注意してくださいね。

スポンサードリンク

車検証再発行にかかる時間は申請して30分ほど!平日16時まで!

車検証再発行にはいつ行けばいいのか、
どれくらい時間がかかるのかも気になりますよね。

 

何となく時間がかかりそうなイメージがありますが、
窓口に申請してから、30分ほどで終了します

 

ただし、手続きする時間帯は決まっていますので、
受付時間に間に合うように向かいましょう。

 

車検証再発行の手続きは平日のみ行えます

土日祝日や年末年始はお休みなので注意してくださいね。

 

受付時間は次のとおりです。

◎午前:8時45分~11時45分
◎午後:13時~16時

 

お昼休みは受付ができませんのでご注意ください。

16時を過ぎたら窓口が閉まりますので、ギリギリではなく、
余裕をもって行くことをおすすめします。

 

普段は手続き自体が約30分で終了しますが、
月末は業者の方が多く訪れるので、混み合う場合もあります。

 

混雑時には1時間以上待ち時間が発生することもありますので、
待ちたくない方は、月末の利用は避けた方がいいでしょう。

 

また、特に混雑するといわれているのが3月末です。

長ければ半日~丸1日かかってしまうこともあります。

できれば3月末の利用は、避けた方がいいかもしれませんね。

 

運輸支局は土日祝日は営業していませんので、
平日は仕事が休めないという方は、
ディーラーなどの業者に依頼してみましょう。

車検証の再発行は再交付手数料300円!ディーラーでは代行料あり!

車検証の再発行の手続きは自分でも行えますが、
手数料がかかります。

 

再交付申請手数料は300円です

 

ほかにも申請書の用紙代が1枚約100円かかります。

合わせるとだいたい400~500円になるでしょう。

それほど高くはありませんね。

 

運輸支局は土日祝日はお休みなので、
平日仕事が休めないという方は、
ディーラーさんにお願いするのも一つの方法です。

 

ディーラーさんにお願いする場合は、別途代行料がかかります

代行料はディーラーさんによって異なりますが、
だいたい4,000円~5,000円が相場と言われています。

 

ただし、少し日にちがかかってしまうことが多いようです。

ディーラーさんにお願いする場合は、
1週間ほどかかると頭に入れておきましょう。

 

代行料が少しプラスされますが、車を引き取りに来てくれて、
車検証の再発行の手続きを終えてから、
自宅まで持ってきてもらえるのはラクですよね。

 

もし車検や点検などの時期と重なっていたら、
一緒に車検証の再発の行手続きもお願いしてみましょう。

代行料をサービスしてもらえるかもしれません。

車検証の再発行…平日行けない人はディーラーさんに代行依頼を!

先ほどもお伝えしたように、仕事が忙しく、
車検証の再発行をしに運輸支局になかなか出向けない場合は、
ディーラーさんに代行で依頼をしてみましょう。

 

ディーラーさんに依頼した場合も、手続きの流れは基本的に同じです。

 

ディーラーさんに依頼した場合は、委任状が必要となります

本人が代理人にお願いしたことを示す書類ですね。

委任状の形式は特に指定がなく自由です。

 

そしてディーラーさんにお願いした場合は、
別途代行手数料がかかります。

 

どれくらいの料金なのかはディーラーさんによって異なりますので、
お願いする前によく確認しておきましょう。

 

ディーラーさんはプロのですので、
車検証の再発行手続きなどには慣れていることでしょう。

安心してお任せできますよ。

 

それに手続きをお願いしたついでに、
車のメンテナンスや清掃サービスを行ってくれるかもしれません。

 

お馴染みのディーラーさんであれば、安心してお任せできますし、
快く引き受けてくれる場合がほとんどでしょう。

車検証再発行で理由書必要なのは車検証を紛失・盗難で返納不可の時!

スポンサードリンク

車検証の再発行の手続きには、必要書類が何点かありますが、
『理由書』が必要な場合もあります。

 

車検証が紛失した場合や、盗難によって返納が不可能なケースであれば、
理由書も必要です

 

理由書には、返納できない理由などを記入します。

 

紛失したのであれば、
いつどこで紛失したのかといった内容を記入します。

 

盗難に遭ったことが理由であれば、盗難届を出した警察署
届出をした日付受理番号などを記入しなければいけません。

 

そのため、盗難に遭った場合は、
すぐに最寄りの警察署に届出を出しましょう。

 

理由書がなければ、車検証の再発行の手続きが行えないこともあります。

事前に用意しておきましょう。

 

では理由書はどのように用意したらいいのか、ということですが、
ネットで無料でダウンロードが可能です。

 

もちろん、自分で作成できる方であれば、
自分で用意してもいいでしょう。

特に決められた様式はなく、A4用紙1枚に収まる形でOKです。

 

理由書に記載すべき内容は次のとおりです。

理由書に記載すべき内容

①申請を出す運輸支局名

②自動車登録番号や車両番号(ナンバー)

③車台番号

④理由書を提出する理由(紛失・盗難など)
※盗難の場合は、盗難に遭った日付、届出た警察署名、
届出年月日、受理番号

⑤紛失や盗難の詳しい状況や理由など

⑥理由書を提出する年月日

⑦申請する本人の住所、氏名、認印

 

記入する際には黒のペンやボールペンなど、
消えないものを使用しましょう。

 

もし字を間違えてしまった場合は、間違えた箇所に二重線を引き、
申請する本人の訂正印を押してください。

車検証再発行の委任状は使用者本人が申請する場合は省略できる!

車検証の再発行は、本人が行えない場合は、
代理人でも手続きすることができます。

 

ディーラーさんなどにお願いする方もいらっしゃいますよね。

そういった場合は、『委任状』の提出も必要になります。

 

委任状は、代理人が手続きをする際に必要な提出書類なので、
車の使用者本人が申請する場合は必要ありません

 

委任状って何?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

 

委任状は本人が手続きを行えない場合に、
本人指定の代理人に権限を委任することを証明した書類です。

 

このような理由から、本人が自分で車検証の再発行を申請する場合は、
代理人が必要ないので、委任状も省略することができます。

 

代理人にお願いする場合は、委任状で指定した代理人が、
手続きを行わなければなりません。

 

委任状に指定した代理人と、手続きを行う代理人が別人であれば、
認められません

 

代理人は委任されたことを証明するために、
身分証明書の掲示を求められます。

運転免許証などを用意しておきましょう。

 

このように、本人が申請した場合と、
ディーラーなどの代理人にお願いした場合では、
必要書類も異なります。

 

代理人にお願いする場合は、
委任状の用意も忘れずに準備しましょう。

車検証再発行に必要な書類って?本人が申請すれば理由書も省略可!

車検証の再発行を行うには、
事前に用意しておかなければならない書類等があります。

 

申請手続きの必要書類は次のとおりです。

申請手続きの必要書類

①申請書(第3号様式)

②手数料納付書

③身分証明書

④理由書

⑤委任状 ※代理人が申請する方のみ

①申請書(第3号様式)

まず①申請書についてですが、こちらは、
運輸支局に用意されています。

1枚100円ほどですね。

 

本人が申請する場合は、
申請書に紛失や盗難理由を記載する欄があるので、記入しましょう。

 

理由書と同じ内容になるので、本人が申請する場合に限って、
理由書を省略することも可能です。

②手数料納付書

②手数料納付書は、運輸支局でもらうことができます。

300円の検査登録印紙代を貼って提出します。

②手数料納付書

③身分証明書は、運転免許証を提出する方がほとんどですね。

ほかには、健康保険証やパスポートなどもOKです。

④理由書

④理由書は先ほどもお伝えしたように、
紛失や盗難にあった場合の詳細を記入した書類です。

 

本人が申請する場合は省略することもできますが、
代理人が申請する場合は必要になりますのでお忘れなく。

⑤委任状

⑤委任状も先ほどお伝えしたように、
代理人が申請する場合に必要な書類です。

本人が申請する場合は不要です。

 

車検証の再発行は本人が手続きする場合と代理人の場合で、
必要書類も異なります。

 

事前にきちんと持ち物を確認し、
当日は忘れ物が無いように気を付けましょう。

車検証の再発行…法人の場合は代表者印の押印が必要&他はほぼ同じ!

個人での車検証の再発行についてお伝えしてきましたが、
法人の場合はどんな流れになるのでしょうか。

 

法人の場合も、基本的に手続きの流れは同じです

必要書類もほとんど個人での申請の場合と変わりませんが、
一つ注意しておくべき点もあります。

 

それは、代表者印の押印が必要になることです。

 

委任状が必要な場合は、代表者印の押印がされてなければいけません

 

車の使用者本人が申請する場合は、委任状はいりませんが、
代表者印が必要になります。

忘れずに持参しましょう。

 

ほかの必要書類については、先ほどお伝えした内容と同じになります。

 

まとめますと、本人が申請する場合は代表者印、
代理人が申請する場合は、代表者印を押印してある委任状、
以上がプラスされます。

 

法人の場合の車検証の再発行の手続きに必要な書類等は、
『代表者印』がポイントですね。

まとめ

車検証の再発行は普通車の場合、
管轄の運輸支局で手続きできます

紛失や盗難が原因なら、『理由書』も用意しましょう

 

再発行にかかる時間は、申請してから約30分です。

平日の16時までに行いましょう。

 

再発行の手続きには、再交付手数料が300円
用紙代100円ほどがかかります。

 

平日営業時間内に手続きに行けない方は、
お馴染みのディーラーさんにお願いしてみましょう。

代行料はプラスされますが、安心して任せられるでしょう。

 

理由書は車検証の紛失や盗難に遭い、
返納できないときに必要な書類です。

 

本人が手続きをする場合は、委任状は省略できます。

また、本人が手続きすれば、申請書に紛失や盗難の理由が記入できるので、理由書も省略可能です。

 

法人の場合は『代表者印』がポイントです。

本人が手続きするなら代表者印を、
代理人の場合は代表者印が押してある委任状が必要です。

 

事前に手続きに必要な書類を用意し、
当日は忘れ物がないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました