UberEatsはクレジットカード・デビットカード・LINE Pay・PayPayに現金も!

出前
スポンサードリンク

UberEatsの支払い方法はクレジットカード以外にも様々な電子マネーに対応しています

 

さらに、一部エリア限定で現金払いも対応しています

カードよりも現金派の人には嬉しいですよね。

 

現在対応している電子マネーは、LINE PayPayPay、さらにはApplePayがあります。

 

支払い方法をキャッシュレスにしておくと、料理の受け取りがとてもスムーズなのでおすすめです。

 

中にはポイント還元などのキャンペーンを実施している時もあるので、
ぜひチェックしてみて下さい。

 

クレジットカードでの支払いも、大手ブランドのものであれば大抵は使う事ができます。

 

UberEatsがサービスを始めた時はクレジットカード決済がメインで、
他の支払いには対応していませんでした。

 

ですがサービスが拡大して現金や電子マネーなど、
様々な決済方法が選べるようになっています。

 

もしかしたら、今後の展開によっては交通系電子マネーやQRコード決済などもできるかもしれませんね。

 

このように、UberEatsの支払い方法はカード以外にも様々な選択肢があります。

 

それぞれメリットがあるので、あなたに合った決済方法で注文してみて下さい。

スポンサードリンク

UberEatsの現金払いはお釣り出る?あらかじめ現金払い拒否の配達員もいる!

決済方法を現金にしている場合、お釣りはちゃんと貰えるのでしょうか?

 

お釣りは、出ます。

配達員がお釣りを準備してくれているのでそこはご安心下さい

 

しかし、現金払いは地域が限定されているのと配達員によっては対応していない事があります

 

UberEatsはそもそも飲食店にとって外注の配達サービスでもあります。

 

なので現金払いができるかどうかは『お店』ではなく、
『配達員』によって変わるという事です。

 

さらに、商品の受け渡しの時に現金のやり取り、
つまりお釣りの受け渡しが完了しないと商品が受け取れない、
なんてトラブルにもなりかねません。

 

もちろんこちらが注文しているので『お客様』の立場ですが、
現金で支払う時は金額ちょうど、
もしくはお釣りが少なく済むように用意しておくといいかもしれません。

 

配達員によってはそもそも現金に対応していない事があります。

その場合はカードや電子マネーでしか支払いができません。

 

こちらから配達員を指名する事はできないので、
支払い方法は複数用意しておいた方がいいでしょう。

UberEatsのキャンセルはお店が注文を受け付ける前~商品を受け取る前まで!

UberEatsでの注文をキャンセルしたい時は、アプリからキャンセルする事ができます。

 

ですが、出来る限りキャンセルはしない事が1番です。

お店にも配達員にも迷惑がかかる事は知っておきましょう。

 

キャンセルができるタイミングとしては、
お店が注文を受け付ける前から商品を配達員から受け取る直前まで可能です

 

タイミングによってはキャンセル料がかかるので
払い戻しがされないので注意しましょう

 

簡単に言えば、キャンセルのタイミングが早いほどキャンセル料はかからず、
払い戻しもきちんとされます。

 

ちなみに、配達員が商品を配達中はアプリでキャンセルする事ができなくなります

 

その場合、UberEatsのサポートセンターに電話をしなくてはなりません。

 

当然ですがアプリでキャンセルするより手間がかかりますし、
もちろんキャンセル料も発生します。

 

このように、注文直後から商品を受け取る前までならキャンセルする事ができます。

 

ですがやむを得ない事情が無い限り、キャンセルはしないようにしましょう。

UberEatsの配達遅い場合は…アプリで現在地を確認しメッセージで指示を!

注文した商品がなかなか届かないという時は
配達員とメッセージ機能を使ってやりとりができます

 

配達員がお店で商品を受け取った後は、アプリで配達員の状況が確認できます。

 

見た感じで『迷子になっていそう』、『わかりづらそう』と思ったら、
ぜひ助け舟を出してあげて下さい。

 

他にも、住所の入力を間違えてしまった時などもメッセージで配達員に知らせる事ができます。

 

サポートセンターに連絡を取る事もできますが
家の近くにいるなら配達員とコンタクトを取った方がスムーズですよね。

 

もしメッセージでは伝わりづらい内容なら電話機能も使えます

 

これはUberEatsのアプリ内の電話機能なので、
電話番号が外に漏れる事はありません。

 

ですが配達中は電話に出られない事があるのでそこは注意しておきましょう。

 

このように、配達が遅い時は配達員と連絡を取る事ができます。

 

メッセージだけでなく電話でも連絡ができるので、
伝えたい内容によって使い分けるといいでしょう。

まとめ

ここまでUberEatsの支払い方法やキャンセルのタイミング、
配達員との連絡についてご紹介しました。

 

UberEatsの決済方法クレジットカードだけでなく、
現金電子マネーにも対応しています

ですがトラブルを避けるためにも支払い方法は2種類以上用意しておくといいでしょう。

特に現金支払いは配達員や地域によっては対応していないので注意が必要です

 

注文をキャンセルしたい時はアプリからできますが、
タイミングによってはサポートセンターに連絡が必要です。

キャンセルが遅いほど払い戻しはされませんし、
お店や配達員に迷惑がかかるので気を付けましょう。

 

配達が遅いと思ったらアプリ内で配達員に直接メッセージを送る事ができます。

マンションの入り方や部屋番号などがわかりづらそうな時はぜひ助けてあげて下さい。

 

UberEatsはとても便利なサービスで今後さらに拡大していくと思います。

 

その反面トラブルの種も増えがちですので、
注文する時は支払い方法をたくさん用意したり、
キャンセルしなくて済むように注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました