ハロウィンの仮装準備!簡単お手軽に私服で楽しむには?

スポンサードリンク

10月のビックイベントと言えば、ハロウィンですよね!

海外のイベントとして知られるハロウィンは、
ここ数年、日本でも10月の欠かせない行事として、
浸透しています。

ハロウィンの時期が近づくと、町はオレンジや紫の、
ハロウィンカラー一色になりますし、可愛いオバケや、
カボチャのディスプレイで見ているだけでも、
楽しくなりますよね。

ハロウィンイベントやハロウィンパーティー等も、
地域のイベントとして開催されていますから、
知人や友人達と一緒に参加する人も多いでしょう。

ハロウィンイベントに行くんだったらやっぱり、
仮装をして皆と一緒に楽しみたいですよね!

「でも、仮装するなら時間もお金もかかるし…。」

等と躊躇している人もいるかもしれませんね。

実はハロウィン仮装を簡単・低コストで出来る、
方法があるんですよ。

例えば、100円ショップはハロウィンの時期になると、
お店の一角に特設コーナーが設けられ沢山の、
ハロウィンアイテムが並びます。

商品の中にはとても100円と思えない様な、
クオリティーの高いものありますから毎年人気で、
早々に売り切れてしまうアイテムもありますよ。

気になるアイテムは早目にチェックしゲットして、
おきたいところですね。

また、手作りする事で市販品よりぐっと安く済みますし、
どこにも売っていない、あなただけのオリジナル仮装が出来ますよ。

手作りと言うと、なんだか敷居が高い感じがしますが、
ハロウィンで定番のゾンビ衣装や悪魔の角カチューシャ等、
簡単に作る事が出来ますから是非チャレンジしてみて下さい。

「ハロウィンでどんな仮装をして良いかわからない」

と悩んでいる男性は、簡単でカッコよく決まる、
ドラキュラやアニメキャラ等がおすすめですよ。

それではハロウィンの仮装について詳しく見ていきましょう

ハロウィンの仮装準備は簡単にしたい!安いのがいい!その方法は?

ハロウィンの仮装は全身コーデでバッチリ決める!

と言う人もいれば、

「ハロウィンには仮装して行きたいけど準備する時間もないし、
そんなにお金をかけられないな…」

と言う人もいる事でしょう。

仮装の準備をしようとすると、時間もかかりますし、
それなりにお金もかかりますよね。

ハロウィンの仮装衣装は、お店やネットで沢山販売されていますが、
ハロウィンの時期だけにしか着られない服に高いお金を、
かけるのはちょっと…と思う事もあります。

準備に時間をかけず、なるべく安い価格でハロウィンの、
仮装をするには100円ショップを利用するのが、
おすすめですよ。

ハロウィンの時期が近づくと100円ショップでは、
様々なアイテムが店頭に並びます。

顔に貼るタトゥーシールは、ハロウィンに欠かせない、
ホラー系の傷口や血のり可愛い系のカボチャや、
星・月等の柄があり、簡単にハロウィンの雰囲気を、
作る事が出来ますよ。

スポンサードリンク

さらにボディーペイントも100円ショップで買えちゃいます。
キラキラが入ったものや、暗闇で光るものまでありますから、
ハロウィンの夜に目を引きますね。

特に女性におすすめなのが、ハロウィン仕様のつけまつげです。
蜘蛛の巣や蝶々、コウモリやクロス等をモチーフにし、
繊細でクオリティーの高い作りになっていますよ。

普段の服装でもワンポイントにハロウィンらしいアイテムを、
取り入れる事で十分ハロウィンをアピール出来ますので、
是非お試し下さいね。

ハロウィンの仮装をしよう!簡単に手作りできる大人向けは?

ハロウィンの衣装は色々なテーマがありますね。

定番の魔女や悪魔、ゾンビやミイラ、アニメキャラ、
ナースや花嫁、吸血鬼にアニマル系等々、どれにしようか、
迷ってしまうほどです。

ハロウィンの衣装は、お店で購入する事も出来ますが、
意外と高いですし、他の人とかぶってしまう事もあります。

そこで、簡単な手作りに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

簡単に出来てハロウィンらしさが出るのは「ゾンビ」です。
用意するもの不要になった洋服と、アクリル絵の具だけ。

洋服に血をイメージする赤色の絵具を塗りましょう。

ゾンビは土の中から蘇りますから、土色の茶色絵具等を、
使っても雰囲気が出ますよ。

用意する服は絵具の色が目立ちやすい白がベストですね。

男性ならシャツやTシャツ、女性なら白のワンピース等が、
ゾンビの雰囲気を作りやすいです。

洋服を所々切り裂いてさらに不気味さを演出してみましょう。

また、ハロウィンと言えばミイラも定番ですね。

包帯を頭からグルグル巻きつけていくだけで、
ホラー系の仮装が出来るのでとても簡単です。

包帯がない場合は、要らなくなった白いシーツや布等で、
代用してもOK。

中に着る服は白のTシャツやズボンを選び、包帯を布製ボンドで、
固定しておくと衣装が崩れにくいですよ。

包帯の所々に赤のペイントをするとより一層、
ミイラっぽさが出ますね。

ハロウィン仮装ではカチューシャもコーディネートの、
ポイントになりますよ。

猫耳やユニコーンの角、悪魔の角やコウモリの羽等の、
カチューシャを付けると、それだけでハロウィンの雰囲気が、
出るものです。

でも市販の物では自分のイメージと違う事もあるでしょう。

そんな時は思い切って手作りしてみてはいかがですか?

材料は100円ショップで購入出来るシンプルなカチューシャと、
モチーフを作る樹脂粘土、出来上がったものを、
カチューシャに固定する為のグルーガン等です。

まずは樹脂粘土で好きな形を作ります。
樹脂粘土はあらかじめ色が付いているものがありますで、
色塗りの手間が省けますね。

モチーフを乾かしたら、グルーガンでカチューシャに、
固定しましょう。

接着面が乾燥したら完成ですよ。

もっと華やかにしたいと言う時は、100円ショップにある、
造花やリボン等の手芸パーツを付けても良いですね。

どれも簡単に手作り出来てオリジナリティーを出せますよ。

衣装を作る工程もハロウィンの楽しみの一つですね。

ハロウィンに仮装したい!簡単な大人の男性向け衣装は?

「ハロウィンに仮装したいけど、どんな衣装が良いかな?」

と悩んでいる男性もいるでしょう。

男性が手軽に出来て、さまになるハロウィン衣装と言えば、
ドラキュラ」です。

ドラキュラの衣装はダークスーツ黒のマントですね。

ビジネスマンなら普段着ているダークスーツでOKです。

黒のマントは安いもので200円から売られていますよ。

ヘアースタイルはドラキュラらしくオールバックにして、
100円ショップ等で購入出来るを付けてみましょう。

さらに蝶ネクタイがあれば完璧です。

ドラキュラは簡単に仮装出来て、スタイルもかっこいいので、
ハロウィン仮装初心者の男性に特におすすめですよ。

他にも、アニメキャラをテーマにした仮装も人気です。

「ワンピース」のルフィは赤のシャツに青のハーフパンツ、
麦わら帽子を被れば誰が見てもルフィだと分かりますね。

「ウォーリーを探せ」のウォーリーは、赤白ボーダーの、
長袖Tシャツにジーンズ、ニット帽に丸眼鏡で完成です。

私服を利用する事で、簡単低コストでハロウィンの仮装を、
楽しむ事が出来ますから色んなテーマで挑戦してみて下さいね。

まとめ

ハロウィンの仮装についてご紹介いたしましたが、
気になる仮装はありましたか?

近年ハロウィンイベントは益々盛り上がりを見せています。

せっかくのイベントですから、仮装して暫し日常生活から離れ、
思いっきり楽しみたいものですよね。

忙しくて準備できないと言う人も、私服に少しプラスする事で、
素敵な仮装が出来ますよ。

今年のハロウィンは個性ある仮装で楽しい思い出を、
沢山作りましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする