観葉植物の植え替え業者選びは出張可能か店頭でのサービスかが大事!

スポンサードリンク

観葉植物は多くの方々が育てているかと思いますが、
きちんと育てるにはメンテナンスが必要になってきます。

 

植え替えをすることで観葉植物はより美しく、
また健康的に育つでしょう。

 

しかし、どうやってやればいいのかよく分からないし、
自分でちゃんと行えるのか不安だ、という方も多いかと思います。

 

そんなときは、プロの専門業者にお任せした方が安心です。

 

専門業者はたくさんありますので、
サービス内容を事前によく確認してから、決めるようにしましょう

 

まず、自分で店頭に持ち込むか、もしくは配送するかです。

または、出張サービスを行っている業者もあります。

 

自分でお店に持ち込む場合は、観葉植物の大きさにもよりますが、
車が必要になる場合もありますよね。

 

近所にお店があり、自転車や徒歩で自分で持ち運べるなら、
店頭サービスの利用が便利です。

 

宅配業者に依頼して配送してもらう、もしくは植え替え業者が、
引き取りや配達を行ってくれる場合もあります。

 

忙しい方は自分の都合に合わせて、
宅配や配達サービスを利用した方がいいのかもしれません。

 

出張サービスが可能なら、自宅に直接植え替え作業をしに来てくれる、といった業者もあります。

 

大きくて持ち運びが大変な観葉植物などは、
出張サービスを利用した方が楽かもしれませんね。

 

しかし、植え替え作業が行えるスペースが確保できている場合のみ、
OKな業者もあります。

集合住宅にお住いの場合は難しいかもしれませんね。

 

このように、業者によってサービスもさまざまです。

 

ご自分で利用したい方法を検討してから、
植え替え業者選びを始めることが大事です。

スポンサードリンク

観葉植物植え替えは持ち込みで5~7号鉢3000円~(出張料別途)

観葉植物の植え替えについて知識がなく不安なら、
専門の業者に依頼した方が安心ですね。

 

サービス内容も店頭持ち込みや、出張サービスなど、
さまざまです。

 

では、気になる料金は一体どれくらいになるのでしょうか。

 

埼玉県上尾市にある『ニワナショナル』では、
観葉植物のメンテナンスや、庭のお手入れなどを行っている専門ショップです。

 

植え替えの料金については次のようになります。

・5~7号鉢(直径約15~21㎝)3,000円~
・8~10号鉢(直径約24~30㎝)6,000円~
・11~13号鉢(直径約33~39㎝)10,000円~

 

気を付けて欲しい点は、出張料金は別途発生することです。

 

埼玉県内であれば5,000円~、東京都内であれば8,000円~、
いずれの出張料金がかかります。

 

『ニワナショナル』では植え替えサービス以外にも、
観葉植物の掃除やメンテナンス、
剪定や殺菌消毒なども行っています。

 

気になることがあれば、相談してみてもいいですね。

 

こちらは出張サービスのみ可能で、
店頭持ち込みは行っていませんのでご注意ください。

 

東京都港区にある植物専門店『REN』は、店頭持ち込みOKです。

 

植え替え費用は5号鉢で1,900円ですが、
処分費用が植物1,000円、器1,500円とそれぞれ発生します。

 

出張サービスは基本料金12,000円で、
港区近隣エリアを中心に対応しています。

 

このように、お店によってサービス内容も異なりますので、
植え替え情報を集めることをおすすめします。

観葉植物植え替え依頼の注意…安く抑えるなら資材や鉢を自分で用意!

業者に観葉植物の植え替えを依頼するにあたって、
注意すべき点や押さえておくべき点もあります。

 

植え替え作業料金意外にも、出張サービスを利用する場合は、
出張代が発生しますよね。

 

ほかにも、観葉植物が弱っている場合は交換が必要ですし、
鉢が割れてしまっていたり、新しい鉢にしたいといった場合は、
鉢代もプラスされます。

 

このように、思ったよりも費用がかかってしまうことがあるので、
注意が必要です。

全て合わせると思ったより高かった!なんてことも考えられます。

 

業者に依頼する前に、どれくらい料金がかかるのかを、
しっかりと確認しておきましょう。

できれば見積もりを出してもらうと分かりやすいですね。

 

なるべく安く抑えたいのであれば、土や肥料などといった資材や、
鉢はご自分で用意することをおすすめします

 

そして出張サービスや配達などを利用せず、
ご自分で店頭に持ち込むことです。

そうすることで費用を少し抑えられますよ。

観葉植物植え替えに最適時期は5~9月!その時期しかやらない業者も!

観葉植物には元気なシーズンがあります。

そのため植え替えも、一年中OKというわけではなく、
適した時期があります

 

最適時期はいつなのかといいますと、5~9月です

それくらいの時期が、熱帯雨林で育つ観葉植物にとっては、
ちょうど良い暖かさで適しているんですね。

 

反対に寒い時期などは休眠期といって、
植え替えに適していない時期になります。

 

休眠期に植え替えを行うことは、
観葉植物にとってリスクといえるでしょう。

病気になったり、枯れてしまうこともあるからです。

 

そのため休眠期に植え替えサービスの依頼を、
行っていない業者もあります。

 

せっかく植え替えをしても、病気になったり枯れてしまっては、
意味がありませんからね。

 

依頼する際は植え替えOKな時期かを、
確認してみてくださいね。

 

なるべく適した最適時期の
5~9月にすることをおすすめします。

観葉植物植え替えで根を切る意味は?伸びるスペース確保と新陳代謝!

スポンサードリンク

観葉植物が元気に育ち、長持ちさせるためにも、
植え替えは欠かせません。

 

観葉植物を購入してから、ずっとそのままにしておけば、
葉が増え、根も伸び放題です。

 

そのため、定期的にメンテナンスすることは大切です。

 

植え替え時には主に、根を切るという作業があります。

この根を切るということには、どのような意味があるのでしょうか。

 

観葉植物は、成長により葉も増えますが、根も伸びてきます。

 

伸びた根は、そのままにしておくと鉢の中にスペースが無くなり、
根詰まりを起こしてしまいます

 

鉢の底の穴から根が出ていることがありますよね。

それが根詰まりした状態です。

 

このような状態では、水分が吸われるまで時間がかかってしまいます

 

水分が吸われずに長時間溜まっていると、
そこにコケが生えてしまうこともあるんですよ。

 

そのため定期的に根をカットし、ある程度、
鉢の中にスペースを確保しておかなければなりません。

 

また、根を切ることによって、新陳代謝を促すという意味もあります。

 

根が伸びてくると、お互いぶつかり合って、
水分やミネラルといった、栄養分の奪い合いになってしまいます。

 

それでは観葉植物にしっかりと栄養が行き届きませんよね。

 

長く伸びた部分をカットすることで、
新陳代謝がよくなり、吸収力のある強い根が復活します。

 

また、カットすることで、刺激が与えられるので、
新しい根が早く伸びてきます。

 

そのまま伸ばしっぱなしの状態よりも、
カットした方が根の成長も早まるのです。

 

植え替え時に根を切ることには、このような重要な意味があります。

ヤシの実チップ「ベラボン」で観葉植物植え替え!根張りが良くなる?

観葉植物が元気に育つには、土台となる土が重要になってきます。

 

植え替えをする際は、せっかくなので土選びにも気を付けてもらいたいですね。

 

観葉植物におすすめの、『ベラボン』という、
ヤシの実チップの培養土があります

 

名前の通りベラボンは、原料がヤシの実です。

ヤシの実を加工し、水分を吸収できるようにした培養土です。

 

ベラボンの特徴は、水分を含むと膨張して、
1.5倍ほどに膨らみます。

反対に乾くと縮みます。

 

これの膨張と収縮を繰り返すことによって、
土の目詰まりを防いでくれるんです。

 

そのため保水機能や排水機能が優れているので、
土の中に新鮮な空気を送り込むことができます。

 

この環境が根にとってプラスになるんですね。

 

また、土の中に空気が入ると、暑い夏でも蒸れることなく、
冬場は保温効果があります。

 

肥料などの栄養分を保持する力も高いです。

 

ヤシの実チップの快適な環境は、根にとって過ごしやすいので、
根張りもよくなりますよ。

観葉植物にとって、根の強さは大切ですよね。

 

また、ベラボンは腐りにくいため、
カビや虫などを予防する効果もあります。

長いもので効果は5年ほどです。

 

植え替えの際には、メリットが多いベラボンを、
ぜひ使用してみてください。

観葉植物植え替え…モンステラは7~9月!目安は底から根が出てる!

モンステラはその独特な葉の形から、
インテリアとして人気が高い観葉植物です。

 

モンステラは部屋に置いておくだけでオシャレな観葉植物ですが、
葉が伸びるのも早いです。

 

どんどん成長して、気付けば葉が増えていたりしますよね。

そのため、きちんと植え替えをして、健康的に育てたいものです。

 

モンステラの植え替えは、7~9月に行うのがベストです

だいたい2年に一度がいいといわれています。

 

高温多湿の暑い時期になると、モンステラの育成が盛んになります。

 

成長期は多少のダメージがあっても、その分回復力もあるので、
植え替え時期に向いているんですね。

 

植え替え時期の目安ですが、鉢の底をチェックしてみて、
根が出ていればそろそろです

 

根が出てきているということは、
根詰まりを起こしている可能性があります。

 

そうなったら、しっかり栄養が行き届かなくなってしまいます。

根を少しカットして、大きめの鉢に植え替えた方がいいでしょう。

 

モンステラは丈夫で育てやすいといわれています。

きちんと管理することで、より健康的に大きく育ち、
お部屋の雰囲気を明るくしてくれることでしょう。

観葉植物植え替えの目安…パキラは購入して2年経過か根の張り出し!

パキラはツヤツヤとした葉が特徴の観葉植物で、
モンステラ同様、インテリアとしても人気があります。

 

日光を好むので、室内では日当たりが良い場所に置くと、
すくすくと成長します。

 

大きいものから小さいものまで、サイズもさまざまです。

 

パキラの植え替え時期は、
購入してから2年以上経過した頃がベストです

 

もしくは、鉢の底から根が張り出していたら、
そろそろ植え替え時期ですね。

 

時期的には5~7月、もしくは9~10月がベストシーズンです

 

観葉植物のなかでもパキラは成長が早いです。

すぐに葉が伸び、根も伸びてくるでしょう。

 

ほかの観葉植物同様、根が伸びてしまっては、
きちんと栄養が行き届かなくなってしまいます。

 

そうなると、葉や茎も元気がなくなり、弱ってしまいますよね。

弱る前にはメンテナンスが必要です。

 

成長して大きくなったら、
サイズより少し大きめの鉢に入れ替えましょう。

 

観葉植物は丈夫で手入れも簡単ですが、
こうして時期に合った植え替えをすることでより長持ちし、
鑑賞を楽しめますよ。

まとめ

観葉植物の植え替えは、専門業者に依頼すると安心です

店頭持ち込み、出張や配達可能かを、良くチェックしましょう。

 

料金は5~7号鉢で3,000円~などです。

出張などは別途料金が発生することがあります

 

なるべく料金を安く抑えたいなら、
ご自分で資材や鉢を用意し、店頭持ち込みがおすすめです。

 

植え替えに最適シーズンは、観葉植物が元気な5~9月です。

それ以外の休眠期は、受け付けていない業者もあるので、
ご注意ください。

 

植え替え時には根を切ります。

鉢のスペースが保たれて栄養補給ができ、
新陳代謝が良くなることで、成長を促します。

 

ヤシの実チップ培養土の『ベラボン』は、膨張収縮効果に優れ、
根にとって優しい環境を作ってくれます。

 

モンステラ』は7~9月、『パキラ』は購入後2年が、
植え替え時期です。

または鉢底から根が出た頃が目安です。

 

植え替えは面倒かもしれませんが、
観葉植物が丈夫に育つためには必要です。

時期をみて行いましょう!

タイトルとURLをコピーしました