年末年始の実家挨拶に優先するのはどちらか?新婚1年目は夫の実家からが鉄則なの!?

スポンサードリンク

年末年始の親族挨拶のマナーについて知りたい人も多いと思います。

そこで今回は、年末年始の親族挨拶のマナーについて紹介します。

年末年始の実家挨拶の優先順位など知りたい人は、是非参考にしてください。

 

年末年始の実家挨拶に優先するのはどちらなのでしょうか?

新婚1年目は夫の実家からが鉄則となっているようですが
必ずしも夫の実家を優先しなければいけないという決まりはありません

 

ただ一つ言えることとしては、
やはり年末年始の挨拶では夫の実家を優先する人が多いです。

 

しかし、昔と比べると今の時代は、
夫の実家を優先することにこだわる人も少なくなってきています。

 

例えばそれぞれの家庭の事情によって、
夫の実家を優先するか妻の実家を優先するか意見が分かれています。

 

年末年始の実家挨拶でどちらを優先するかについては、
お互い夫婦でよく話し合って決めるようにしてください。

 

年末年始における夫の実家の都合などをよく聞いておき、
どちらを優先するのがいいのか考えてみてください。

 

年末年始の実家挨拶に優先するのはどちらかというと、
新婚1年目は夫の実家からが鉄則となっています。

 

しかし、必ずしも夫の実家を優先しなければいけない決まりはありません。

スポンサードリンク

年末年始挨拶で自分(嫁)の両親はどうする?実家が遠ければ無理しなくても許される!?

年末年始挨拶で自分(嫁)の両親はどうするのがよいのでしょうか?

実家が遠ければ無理しなくても許されるのでしょうか?

 

結論から言うと、家庭の事情によっても異なるとは思いますが
実家が遠ければ無理してまで行かなくても大丈夫だと自分は考えています

 

実家が遠いから年末年始の挨拶に行けないなどと、
事前に一言連絡を入れておけば許されると思いますよ。

 

また、新婚の場合は何かと忙しかったりもするので、
年末年始の挨拶に行けない理由を両親にきちんと伝えることも大事です。

 

実家が遠くて年末年始の挨拶に行けない場合は、
手紙や電話を使って挨拶するのでも大丈夫だと自分は思います。

 

日頃から自分(嫁)の両親に感謝の気持ちを伝えることも大事ですね。

 

年末年始挨拶で自分(嫁)の両親はどうするのかというと、
実家が遠ければ無理しなくても許されると思います。

年末年始の義両親への挨拶が不安?マナーをきちんとしたい人におすすめのサイトがある!?

年末年始は義両親に会いに行くけど、マナーをきちんとしたいですよね。

年末年始の義両親への挨拶が不安な人もかなり多いと思います。

 

相手に失礼のないように挨拶やマナーをきちんと知っておくと安心ですよ

 

挨拶などのマナーをきちんとしたい人に、おすすめのサイトがあります。

話術.comというサイトでは、年末年始の正しい挨拶の仕方が書かれています。

話術.comのサイトを活用して、年末年始挨拶のマナーを学んでみましょう。

話術.com

話術.comでは、義両親への年末年始挨拶やマナーについて紹介しています。

すぐ使える挨拶例が書かれていて、マナーをきちんとしたい人におすすめです。

年始や帰省時の挨拶例が詳しく書かれているので、是非参考にしてみましょう。

 

年末年始の義両親への挨拶が不安な人でも、
話術.comを活用すれば正しい挨拶の仕方を学ぶことができますよ。

 

話術.comはマナーをきちんとしたい人にはおすすめのサイトなので、
是非参考にして有効活用してもらいたいです。

年末年始挨拶でご無沙汰してる親戚にも結婚報告したい!年賀状の一言添え書きの案は?

年末年始の挨拶でご無沙汰してる親戚にも結婚報告したい時がありますよね。

結婚報告する時、年賀状の一言添え書きはどのように書けばよいのでしょうか。

 

ご無沙汰してる親戚に適切な一言添え書きとしては、
「お元気でお過ごしでしょうか」「ご家族皆様お変わりありませんか」
などといったものがあります。

 

ご無沙汰してる親戚だからこそ、
相手の健康を気遣う一言を書くのがいいですね。

 

ご無沙汰してる親戚に対して健康を気遣う一言添え書きは、
相手にとってうれしい一言であり、印象も良くなると思います。

 

年賀状の一言添え書きをする時の注意点として、
疎遠な親戚の場合だと相手がどのような状況か分からないことが多いです。

 

結婚報告と一言添え書きの内容は、
疎遠な親戚に送る場合は、こちらの楽しいことばかりを書くのはNGです。

 

「久しくご無沙汰いたしております」
「長らくご無沙汰いたしまして申し訳ありません」
などのように、なかなか会えないことに対する謝罪の一言でもいいです。

 

「またお会いできるのを楽しみにしております」などのように、
ご無沙汰してる親戚にまた会いたいという気持ちを伝えるのもいいです。

まとめ

今回は、年末年始の親族挨拶のマナーについて紹介しました。

 

年末年始の実家挨拶に優先するのはどちらかというと、
新婚1年目は夫の実家からが鉄則な場合が多いようです。

 

年末年始挨拶で自分(嫁)の両親はどうするのかというと、
実家が遠ければ無理しなくても許されると思います。

 

日頃から自分の両親に対して感謝の気持ちを伝えるのがいいですね。

 

年末年始の義両親への挨拶が不安な人は、
マナーをきちんとしたい人におすすめのサイト、話術.comを活用しましょう。

 

年末年始挨拶でご無沙汰してる親戚にも結婚報告したいなら、
「お元気でお過ごしでしょうか」「ご家族皆様お変わりありませんか」などと、
年賀状の一言添え書きをするのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました