腰痛持ち向け抱っこ紐のおすすめはミアミリー!正規取扱店で購入を!

子育て・育児
スポンサードリンク

抱っこ紐は、赤ちゃんのお世話に必要なアイテムの一つです。

 

生まれたての赤ちゃんはとても小さくて軽く、
抱っこ紐なしでも大丈夫なのでは、と思ってしまいますが、
赤ちゃんの体重はどんどん増えていきます。

 

そして赤ちゃんのお世話をしているうちに、
腰痛になってしまった、というママも少なくありません。

 

そんな腰痛持ちのママにおすすめが、
『ミアミリー』の抱っこ紐です

 

ミアミリーはスイスのブランドで、世界中のママが愛用しています。

実際に子育て中に腰痛を経験した方が作ったという、
抱っこ紐なんですよ。

 

そのため、肩や腰に負担が少ないように設計されています。

特にヒップシートが、腰回りをしっかりとサポートしてくれます。

腰痛持ちのママには助かりますよ。

 

抱っこ紐の装着って、慣れるまで大変そうなイメージがありますよね。

 

でもこのミアミリーは、使い方も簡単なので心配いりません。

使い方に自信がないというママにもおすすめです。

 

それに、インファント・インサートを使えば、
新生児から使用でき、48ヶ月までずっと使えるので、
買い替える必要もないのが嬉しいですね。

 

対面抱き、前向き抱き、横抱きや腰抱きに、おんぶなど、
全部で9通りもの抱き方ができるんですよ。

 

そんなミアミリーの抱っこ紐は、正規取扱店で購入できます。

北海道・東北・沖縄を除いた地域に正規取扱店があります。

 

また、オンラインショップもありますので、
お近くに取扱店舗がない方は、そちらでも購入できます。

ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ウエストポーチ型抱っこ紐のおすすめはポグネーオルガの抱っこひも!

赤ちゃんのお世話に欠かせない抱っこ紐ですが、
『ウエストポーチ型』というタイプもあります。

 

ウエストポーチ型の抱っこ紐は、
名前の通り、ウエストポーチのように腰に装着して、
そこに赤ちゃんを座らせることができます。

 

赤ちゃんの抱っこと、降ろす動作を楽にできることが、
大きな特徴です。

1歳前後のある程度大きくなった赤ちゃんにおすすめです。

 

ウエストポーチ型抱っこ紐でおすすめのメーカーは、
『ポグネーオルガ』です

 

韓国生まれのブランドで、日本以外でも、アメリカやカナダなど、
世界各20カ国で愛用されています。

 

ポグネーオルガの特徴は、抱っこ紐にプラスして、
ヒップシートが付いているので、腰の負担を軽減してくれます。

 

対面抱き、前抱きやおんぶなども可能です

 

ヒップシートを取り外して単体で使うこともOKという、
二通りの使い方があります。

 

成長と共に使い分けができるのでは、とても便利ですね。

 

そしてなんといっても、腰回りをしっかりガードしてくれるので、
腰痛持ちのママにもおすすめですよ。

 

肩ベルトのクッションも暑いので、肩こり予防にもなります

赤ちゃんの落下防止用のベビーベルトは、
メッシュになっているので、汗をかいても蒸れません。

 

ママにとっても赤ちゃんにとっても快適な、
ポグネーオルガ抱っこ紐です。

 

北海道・沖縄を除いた地域に取扱店舗がありますが、
楽天などオンラインストアでも購入することができますよ!

対面抱き用クロス抱っこ紐おすすめはキウミベビーのクロス抱っこ紐!

抱っこ紐にはいろいろなメーカーやタイプがあって、
いざ購入する際には迷ってしまいますよね。

 

抱っこ紐は最初、対面抱きで使うことがほとんどだと思います。

 

そんな対面抱きにおすすめ抱っこ紐は、
『キウミベビー』のクロスタイプ抱っこ紐です

 

こちらの大きな特徴は、なんといっても着脱が簡単なところです!

 

とってもコンパクトなので、持ち運びにも便利で、
荷物が多い赤ちゃんの外出時には助かりますよ。

 

そして価格も海外メーカーなどに比べてお手頃です

 

対面抱きのみでシンプルに使いたい、
というママにはおすすめですよ。

 

肩ひもも幅が広く作られているので、肩への負担も少ないです。

赤ちゃんにも優しいコットン生地なので、安心です。

そして、丸洗いできるのも嬉しいポイントです。

 

キウミベビーのクロスタイプ抱っこ紐は、
キウミ抱っこ紐の公式サイト、もしくはアマゾンで購入できます。

抱っこ紐ヒップシート型おすすめはポルバンヒップシートとDaG1!

ヒップシート型は、ウエストに固定したヒップシートに、
赤ちゃんを乗せて抱っこするタイプの抱っこ紐です。

1歳過ぎ頃を目安に使用できます。

 

ヒップシート型抱っこ紐でおすすめは、
『ポルバンヒップシート』とテラスベビーの『DaG1』です

 

ポルバンヒップシート』は、本体のみでも使えますが、
別売りのショルダーをプラスすることによって、
首が座った4ヶ月頃の赤ちゃんから使用可能です

 

ポルバンヒップシートは、ガッチリとしたウエストベルトで固定されるので、
腰への負担も軽減されます。

 

本体はポケットが付いていて、収納できるようになっています。

赤ちゃんに必要なタオルなどを入れておくと便利ですね。

 

こちらはヤフーや楽天で購入可能です。

 

もう一つのおすすめは、テラスベビーの『DaG1』です。

 

こちらはコンパクトに折りたたむことができる、
ヒップシート抱っこ紐です。

 

毎日保育園などに送ってから電車通勤するママには、
荷物の負担が少なくなるのでおすすめですよ。

 

ファスナー付きの収納も嬉しいポイントです。

そのため抱っこ以外でも、
ウエストポーチとして使えるデザインになっているんですよ。

 

3ヵ月~36ヶ月まで対応可能です

 

アカチャンホンポやトイザらスを中心に、
全国に取扱店舗があります。

 

ネット通販では、アマゾンや楽天、ヤフーで購入することが可能です。

セカンド抱っこ紐のおすすめは着脱簡単&軽いフェリシモ抱っこひも!

スポンサードリンク

可愛い雑貨や洋服で人気の『フェリシモ』から、
ベビーアイテムとして抱っこ紐が販売されています。

 

フェリシモといえば、可愛くてオシャレな通販、
というイメージがありますよね。

 

抱っこひもはデザインがオシャレな上に、
着脱が簡単で持ち運びが便利なので、
セカンド抱っこ紐としても人気が高くおすすめです

 

ちょっとした外出など、抱っこ紐の出番が少ない日にピッタリです。

抱っこ紐が必要なのか微妙なときってありますよね。

 

そんなときでもフェリシモ抱っこ紐なら、
小さく折りたためて荷物の負担にならないので、
気にせず持ち歩けますよ。

 

なんと縦横15㎝まで折りたたみ可能なんです。

これならバッグに入れておいても、かさばらないですよね。

 

それに、大型の抱っこ紐に比べてとても軽いのがポイントです。

 

生地は赤ちゃんにも安心な綿100%で、
洗濯機で丸洗いもOKですよ!

 

しっかり丈夫に作られているので、安定感もあります。

裏表がデザインされているので、
リバーシブルで使えるという点も魅力的ですね。

 

肩幅も広く作られているので、肩や腰への負担も軽減し、
疲れにくいというメリットがあります。

 

上からすっぽりと装着することができるので、着脱は簡単ですよ。

赤ちゃんを抱っこしたり、降ろしたりする際も、ラクに動けます。

 

フェリシモ公式サイトから購入できるので、
チェックしてみてくださいね。

3歳用抱っこ紐おすすめはキューズベリー抱っこ紐!重くても平気?

抱っこ紐は赤ちゃんの頃だけに限らず、
2~4歳頃まで必要な場面もあります。

 

特に2~3歳になると、良く歩くようになりますが、
まだまだ小さい子どもです。

 

すぐに疲れたり飽きてくると「抱っこ!」と、
せがまれることでしょう。

 

疲れてしまうと子どもはすぐに寝てしまいます。

寝ている子どもをずっと抱っこしなければいけないのは、
体力的にも辛いものです。

 

そんな3歳頃には『キューズベリー』の抱っこ紐がおすすめです

 

キューズベリーは大阪にある、抱っこ紐とおんぶ紐の専門店です。

 

おんぶもできる『おんぶ抱っこ紐』と、
軽量でコンパクトにたためる『コンパクト抱っこ紐』があります

 

デザインにもこだわりがあり、
デニム生地で作られたものもあるんですよ。

とってもオシャレですね。

 

日本人の体形に合わせて作られているので、
フィット感もバツグンです。

 

背中や肩を覆う布面積が多いので、
肩や腰の負担を軽減でき、子どもの重さにも十分耐えられます。

 

赤ちゃんの頃と違って、2~3歳ころになると、
体重も増えて重いですよね。

 

キューズベリー抱っこ紐は、
そんな重さを支えることができるくらい、
しっかり丈夫な作りになっているので安心です。

 

おんぶ抱っこ紐は、おんぶする際に使用しても安定感があります。

 

また、ママだけでなく、パパと兼用できるサイズもありますよ。

休日など二人で使いたい方には、兼用サイズがおすすめです。

 

大阪にあるキューズベリー実店舗では、
実際に試着してみることが可能です。

 

その他取り扱い店舗は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

また、通販希望の方は、キューズベリー公式サイトから購入できますよ!

寝かしつけ抱っこ紐おすすめはグレゴ腰ベルト付子守帯ルーポップゼロ!

赤ちゃんや小さい子どもは、
抱っこすると安心して眠ってしまいますよね。

 

もしくはお昼寝などの前に、
抱っこして寝かしつけることもあるかと思います。

 

そんな寝かしつけにおすすめの抱っこ紐は、
『グレゴ』の『ルーポップゼロ』です

 

こちらは寝かしつけや落ち着かせができると評判の、
腰ベルト付き抱っこ紐です。

 

なんと86%のママが、寝かしつけの実感をしているそうですよ。

 

赤ちゃんが心地よく、安心して眠れるような、
おくるみのようなインサートが付いています。

 

このインサートは頭部もしっかり包んでくれて、
頭や首をしっかりサポートしてくれます。

まるでママが抱っこしているような感覚です。

 

赤ちゃんが眠ってからも、サッと取り外しができ、
お布団に移動可能なところがポイントです

 

ほかにも通気性があるメッシュ生地が使われているので、
汗っかきな赤ちゃんも快適に過ごせますよ。

 

腰と肩のベルトで重さを分散しているので、着け心地が軽く、
ママやパパの身体の負担も軽減してくれます。

 

そのうえ、折りたたみ可能でコンパクトにもなるので、
おすすめですよ!

その重さは500mlペットボトル程度です。

 

グレコのルーポップゼロは、
アマゾンや楽天、ヤフーでネット通販可能です。

抱っこ紐でおんぶ…おすすめは「ひも結び式子守帯OPPER」!

ある程度大きくなったら赤ちゃんをおんぶして、
寝ている間に家事などができるようになります。

 

そのため抱っこ紐は、おんぶ紐と兼用できたらいいですよね。

 

おんぶもできる、おすすめ抱っこ紐は、
『OPPER』の『ひも結び式子守帯』です

 

こちらは昔ながらのひも結びタイプの抱っこ紐です。

 

肩ベルトを前でクロスさせてから、
お腹の前でシンプルにひもを結んで固定する感じですね。

 

赤ちゃんにはしっかりと安全ベルトが付いているので、
心配はいりませんよ。

 

もし肩ひもが緩くなっても、簡単に結び直せるので便利ですよ。

 

私もひも結び式を使っていましたが、
使い方も難しくなく、すぐに慣れて使いやすかったですよ。

 

シンプル好きなママにはおすすめです。

 

OPPERのひも結び式子守帯は、ネット通販で購入可能です。

アマゾンや楽天、ヤフーのほか、ベルメゾンなどでも販売しています。

まとめ

腰痛持ちママにおすすめの抱っこ紐は、
スイスブランドの『ミアミリー』です。

肩や腰の負担を軽減してくれますよ。

 

ウエストポーチ型の抱っこ紐では、『ポグネーオルガ』が最適です。

取り外して単体使用も可能です。

 

対面抱き専用のクロス抱っこ紐なら、
キウミベビー』がおすすめです。

着脱簡単でコンパクト収納可能ですよ!

 

ヒップシート型の抱っこ紐なら、『ポルバンヒップシート』と、
テラスベビーの『DaG1』がおすすめです。

 

セカンド抱っこ紐は、『フェリシモ抱っこひも』です。

着脱が簡単で、コンパクトに持ち歩けます。

 

3歳用なら、『キューズベリー』の抱っこ紐が便利です。

重い体重をしっかり支えてくれます。

 

寝かしつけには、
グレコ 腰ベルト付子守帯ルーポップゼロ!』です。

赤ちゃんをしっかり包み込み、眠りに導きます。

 

おんぶ用には『OPPER』のひも結び式子守帯です。

 

ご紹介した抱っこ紐は店舗が近くになくても、
通販可能なのでチェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました