自動車保険の1日保険ネット申込はスマホ限定?携帯料金と同時決済!

スポンサードリンク

自動車免許は持っているけど、車は持っていないという方も、
意外といらっしゃいますよね。

 

普段車を利用する機会はほとんどないけれど、
時には運転が必要になることもあるかと思います。

 

帰省をした際に親の車を借りたり、友人の車でドライブに行き、
自分も運転をすることになったり…。

 

でも車を借りたときって、自動車保険が気になりますよね。

 

このように車を借りて運転する際にも、
1日自動車保険に加入することができるんですよ。

 

1日自動車保険の申込はネットからできます

スマホPCから気軽にできますよ!

ほかにはコンビニでも申込可能です。

 

このように、申込の仕方はさまざまですが、
なかでもスマホを使った場合は手続きの仕方が簡単なので、
特に便利ですよ。

 

必要な情報を登録し(初回のみ)、利用の申込をして、
契約が成立するという流れなので手続きも簡単です。

 

一度情報を登録しておけば、次からは申込契約だけなので、
手続きは更にラクになります。

 

スマホから申込をする場合の保険料の支払い方法は、2通りあります。

携帯電話料金との同時決済

1つ目は、毎月の携帯電話料金と保険料をプラスしての、
同時決済です。

携帯電話料金と一緒に支払いができるのは便利ですね。

 

しかし、気を付けて欲しいのは、
このプランに対応していない携帯電話会社もあります

 

そういった場合は、クレジットカード決済が基本になります。

申込をする前に、お使いのスマホから、
携帯電話料金と同時決済ができるのかを確認しておきましょう。

クレジットカード決済

2つ目は、クレジットカード決済です。

 

こちらは申込時に、クレジットカード情報を入力して決済する方法です。

 

また、PCからネット申込を行う場合は、
クレジットカード決済になります。

スポンサードリンク

自動車保険の1日保険はコンビニで加入可!ネット予約でスムーズに?

車を借りる際に便利な1日自動車保険は、
気軽に入ることができるのがメリットですね。

もしもの時に備えて、ぜひ加入しておきましょう。

 

先ほどもお伝えしましたように、1日自動車保険の申込方法は、
スマホやPCなどのネット利用が便利です。

 

ほかにもコンビニから加入することもできますので、
ご利用方法などをご説明していきますね。

 

コンビニへ行って直接加入手続きもできますが、
事前にネット予約をしておくことで、
更に手続きがスムーズに進みますよ!

 

流れは次のようになります。

ネット予約を使ったコンビニでの加入手続き

①PCやスマホからネット予約をします。
氏名住所使用する車運転免許証などの情報を登録します。

 

②指定したコンビニで手続きをします。
ロッピーマルチコピー機など、
コンビニによって手続き方法は異なります。

 

③店頭のレジで支払いをします。
支払いをした時点で、契約完了になります。

 

事前にネットから必要な情報を登録しておけば、
コンビニでの手続きも、予約番号を入力するだけです。

 

時間があるときに、事前にネットで必要な情報を登録しておくといいでしょう。

 

また、コンビニから申込をすれば、24時間365日、
いつでも加入することができます

急に車を借りる場合にも便利ですね。

高いけど万一に備えて…自動車保険1日保険も車両保険が付けられる!

乗り慣れない車を運転するとなれば、最初は不安なものです。

そんな時でも1日自動車保険という、
頼れる保険があるのは心強いでしょう。

 

1日自動車保険の補償内容も気になりますよね。

 

保険のプランは、『車両保険あり』と『車両保険なし』の、
2つがあります。

 

1日自動車保険でも、車両補償を付けることができるんですよ。

 

車両保険なしプランに比べて保険料は少々高くなりますが、
不安な方は万が一に備えて、付けることをおすすめします。

 

保険料が高くなるといっても、車両保険なしプランの保険料は、
ほとんどが500円ほどとお得です。

 

そのため、車両保険をプラスしても、
保険料は1,500~2,000円くらいで済みますよ。

 

借りた車をぶつけてしまったり、
事故に遭って修理が必要になったり…。

 

そんなときに車両保険を付けておけば、
修理費用として保険金が受け取れます。

 

補償される内容は、保険会社やプランによって異なります。

 

注意すべき点は、事前の申込が必要なことです。

車両保険を付ける場合は、一週間ほど余裕を持って申込しましょう。

 

ほかにも、古い車は補償金額が少ない
盗難の被害には対応していない、といった場合もあります。

 

加入する前に、補償内容をよく確認しておきましょう。

自動車保険1日保険はレンタカーには不要?免責補償追加がオススメ!

休日や旅行先でレンタカーを利用する方は、
たくさんいらっしゃるかと思います。

 

レンタカーを借りた場合にも、
1日自動車保険に加入しなければならないのでしょうか?

 

レンタカーの場合は、1日自動車保険に加入することができません

 

1日自動車保険の対象は、あくまでも『自家用車』に限ります。

身内や友人が所有している車を借りた場合に適用されるんですね。

 

レンタカーを借りる場合は、レンタカー会社指定の保険に加入することになります

 

しかし、基本的な保険プランだけでは、もし車の修理が必要になった場合、
レンタカーを借りた本人の負担金額が大きくなってしまいます。

 

そのため、免責補償を追加することをオススメします。

免責補償を追加することで、もしものときでも、
利用者の費用の負担を押さえられます。

 

費用は少々プラスされてしまいますが、
万が一に備えて入っておくと安心ですよ。

自動車保険1日保険は自分の車で加入不可!週1使用でも通常保険へ!

スポンサードリンク

1日自動車保険は、『車の持ち主が身内や他人』、
である場合が対象となります。

 

自分の車を週1日くらいのペースでしか使用しない場合でも、
1日自動車保険に入ることはできません

 

自分の車を普段使うことがほとんどないからといって、
車を運転する日だけ1日自動車保険に入ろう、
なんてことはできないんですね。

 

あくまでも『車の持ち主が身内や他人』、
である場合が対象となります。

 

ほかにも注意が必要です。

 

配偶者の車を借りて運転したい場合も、
1日自動車保険の対象にはなりません。

 

配偶者同士は家族なので、個人的に貸し借りをする車とみなされません。

そのため対象外となるんですね。

 

普段自分の車を運転することがほとんどない場合でも、
通常の自動車保険への加入が必要になります

 

確かに車を所有しているのに、普段ほとんど乗らない方であれば、
月々の保険料がもったいないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、車を運転する機会が少ないからこそ、
しっかりと通常の自動車保険に加入しておくべきです。

 

万が一事故を起こしてしまったら、自分の車だけでなく、
相手の車の修理代も発生してしまいます。

 

もし自動車保険に入っていなかったら、
莫大な費用が発生することも考えられますよね。

 

そのような事態になってからは手遅れです。

車を購入して運転する機会が少なくても、
必ず通常の自動車保険に加入しましょう。

自動車保険1日保険は本人名義でも友人が運転する場合は加入すべき?

友人と車で遠出して、交代しながら運転する、
といった場合もありますよね。

複数の友人とのドライブは楽しいものです。

 

友人の車をみんなで交代しながら運転するなら、
1日自動車保険に加入しておくべきでしょう

 

車の持ち主は通常の自動車保険に入っていると思いますので、
改めて他の保険に入る必要はありません。

 

車の持ち主以外の運転者は、
各自1日自動車保険に加入すべきです。

 

また、1日自動車保険が本人名義で、他の友人が運転する場合は、
補償の対象になりません

 

そのため、本人名義以外の方が運転して事故を起こしてしまったとしても、
かかった費用はカバーされません。

 

このような理由から、運転する方は各自加入しておきましょう。

 

いざというときに保険は頼りになりますし、加入しておくことで、
スッキリした気持ちで出掛けられますよね。

 

それになんといっても、車の持ち主である友人も、
安心することでしょう。

 

事故を起こしてしまってからでは遅いので、
責任をもって保険に加入しておきましょう。

 

1日自動車保険は保険料も安く、費用の負担も少ないです。

車を持っていない方で他の方の車を運転する場合は、
短い距離であっても、ぜひ加入しておくことをおすすめします。

自動車保険の1日保険加入も良いが…通常保険の一時限定解除も可能!

個人で借りた車を運転する場合は、
1日自動車保険の加入が最も望ましいでしょう。

 

しかし、車の持ち主が加入している通常保険のプランを利用する方法もあるんですよ。

 

それは、運転者を一時限定解除にすることです。

一時的に解除しておけば、誰が運転しても保険が適用されます

 

通常の自動車保険の場合、運転者を限定して契約する場合が多いです。

 

車の持ち主である本人配偶者家族といった感じで、
運転者を限定しているのが一般的でしょう。

その方が保険料はお得になります。

 

そのため、限定者以外の方が運転して事故を起こしてしまっても、
自動車保険は適用されません。

 

もちろん、運転者の限定なしプランもあります。

しかし限定なしの場合は、保険料もぐっと値上がってしまいます。

 

一時限定解除した場合の追加で発生する保険料は、
日割り計算でプラスされるので、
それほど値上がる心配もないでしょう。

 

そして一時限定解除は、タイミングを見て行いましょう

 

まず、補償開始日を確認することが大切です。

保険会社によって補償開始日は異なります。

他の人が運転する日に合わせて手続きを行いましょう。

 

そして、一時限定解除した契約を元に戻す手続きも、
忘れずに行いましょう。

 

そのまま運転者の限定なしプランで契約し続けると、
当然保険料も値上がったままになってしまいます。

忘れずに手続きをして再契約しましょう。

自動車保険1日保険は4ナンバーは使用不可!限定条件を確認しよう!

1日だけ保険に入れるシステムはとても便利ですが、
全ての車に適用されるわけではありません。

 

NGな車もあるので注意が必要です。

 

では、どんな車がNGなのかといいますと、4ナンバーの車です

4ナンバーとは、トラックや貨物自動車のことをいいます。

 

大型車はたくさんの荷物を積んで運ぶ目的があります。

そのため、商用や輸送など、利用頻度が明らかに高いため、
1日自動車保険は適用されません

 

また、運転しやすい普通車や軽自動車と異なり、
損害率も高くなるためです。

 

このように、1日自動車保険の適用は、
どんな車でもOKというわけではありません。

 

4ナンバー以外でも、レンタカーやカーシェアリング、
法人が所有する車などはNGです

 

ほかにも保険会社によっては、限定条件が異なる場合もあります。

申込む前に内容をきちんと確認しておきましょう。

まとめ

1日自動車保険の申込は、スマホとPC、コンビニでできます

スマホからは、携帯料金と同時決済も可能です。

 

コンビニからも加入できますが、ネットで事前に予約しておけば、
スムーズに手続きできますよ!

 

1日自動車保険にも、車両保険を付けることが可能です。

料金は少し高くなりますが、
もしもに備えて付けておくことをオススメします。

 

レンタカーは1日自動車保険は利用できません

免責補償を追加しておけば安心です。

 

週1程度しか自分の車を利用しない場合でも、
きちんと通常保険に加入しましょう。

 

1日自動車保険本人名義以外の友人が運転する場合でも、
きちんと加入しましょう。

 

車所有者の通常保険の運転者を、一時限定解除することも可能です。

その場合は、再契約を忘れずに行ってくださいね。

 

1日自動車保険は4ナンバーの車は使用できません

限定条件を確認しておきましょう。

 

他の人の車を運転する際は、
責任をもって1日自動車保険に加入しましょう!

タイトルとURLをコピーしました