結婚内祝いののし…名前なしは非常識!安いのし付内祝いを再度贈るもあり?

冠婚葬祭
スポンサードリンク

結婚や出産などでお祝いをいただいたら、
祝ってくれた方には、内祝いを贈るという習慣があります。

 

内祝いには、『のし』を付けて贈るのがマナーとなっていますよね。

 

お祝い事の内容によって、のしの書き方もそれぞれ異なります。

結婚内祝いなら、『寿』や『内祝』とのしに記入します。

 

そして、その下に名前を書くのが常識ですが、
書き方は人によってさまざまです。

 

夫婦の名字、連名、あるいは両家の名字、夫婦の名前のみ、
といった書き方があります。

 

そしてこの名前についてですが、忘れずに記入しましょう!

 

結婚内祝いの場合、のしに名前なしの状態で贈ることは、
マナー違反と思われてしまいます

 

記入することで新しい名字をお披露目する、
といった意味もありますので、忘れないようにしてください。

 

それに、のしに名前なしの状態で届いたら、
「誰?」となってしまいますよね。

 

贈られた相手の気持ちも考え、
名前は忘れないように記入しましょう。

 

しかし、のしを付け忘れたり、名前なしで既に贈ってしまった、
といった場合もあるかと思います。

 

失礼なことをしてしまったと気になる場合は、
しっかり記入して、再度、価格が低めの内祝いを贈るとよいでしょう。

 

そうすることで、気持ちもスッキリしますし、
贈った相手の方も「お気遣いありがとう」と、
嬉しい気持ちになりますよね。

 

今後のお付き合いも考え、のしに名前を忘れたら、
再度、ちょっとしたお菓子などを贈る、といったこともアリですよ。

スポンサードリンク

結婚内祝いののし…結びきりって?一度きりにしたいお祝い用の水引!

慶事や弔事の品物に使われる『のし』ですが、
用途によって使う種類も異なります。

 

「のしって全部一緒じゃないの?」と、考えるかもしれませんね。

 

しかし、結婚祝いや内祝いに使用するのしは、
『結びきり』と決まっています

 

結びきりは、紅白の10本のひもを結んで、
結ばれたひもが上を向いているデザインです。

 

ぎゅっと結んだ固結びのイメージです。

リボン結びと違って、きつく結んだひもは簡単にほどけませんよね。

 

こういった理由から、結びきりには「一度きり」、
「一生涯結ばれる」などの願いが込められています

 

また、紅白のひもですが、赤が5本と白が5本です。

これらは両家の結びつきとして考えられています。

 

結婚によって両家の絆が生まれたこと、
手を取り合って一つの家族になった状態、
などが表現されています。

 

お歳暮やお中元に使用されるのしは、
結びきりではなく、ちょう結びです

 

リボン結びのようなデザインですね。

間違えてこちらを選ばないように気を付けましょう。

 

このように結びきりは、結婚に関する深い意味が込められた水引です。

 

品物を購入する際に、お店に「結婚内祝い用で」と伝えると、
結びきりのしで用意してくれますよ。

結婚内祝いののしを新婦のみの名で贈ることも…新婦のご近所さんとか?

結婚内祝いを贈る際に意外と悩むのが、
のしに記入する名前についてです。

 

一般的には新しい名字を記入する、もしくは夫婦連名にする、
といった場合が多いようです。

 

しかし、贈る相手によっては、新婦のみの名前の方が分かりやすい、
といったこともあります

 

例えば、結婚して新郎の名字に変わった場合です。

 

新婦のご実家のご近所さんなど、新婦側とはお付き合いがあるけど、
新郎とは会ったことがない、といった方々からも、
結婚祝いをいただくことはあるでしょう。

 

挙式していない場合や、招待していないけどお祝いをいただいた、
といったケースもあるかと思います。

 

そんな新婦のご実家のご近所さんなどに贈る内祝いであれば、
新婦のみの名前でもOKです

 

結婚後の新しい名字だけ記入しても、
「誰からだろう?」と思ってしまうかもしれません。

新婦の名前は必ず入れた方が分かりやすいでしょう。

 

新婦のことを小さい頃から知っているご近所さんなら、
なおさら新婦の名前を見た方が分かりやすいでしょう。

 

旧姓の方が分かりやすいのでは?と、思う方もいるでしょう。

しかし新しい名字に変わっているので、旧姓は避けるべきです。

 

名前書きにどうしようか迷ったら、夫婦連名にするか、
ご両親に相談してみましょう。

結婚内祝い…お菓子も内のしで!ネット通販店でもやってくれるはず!

結婚内祝いとして、お菓子を贈る方も多くいらっしゃいます。

 

お菓子にも当然のしは必要になります。

 

のしの付け方には、『内のし』と『外のし』の2種類があります。

 

内のしは品物に直接のしを付け、後から包装紙で包むことです。

外のしは包装紙で包んだ後に、のしを付けることです。

 

結婚内祝い用の品物には、内のしが適しています

配送で贈るとしても、内のしの方が汚れる心配もありませんよね。

 

内祝い用にお菓子を購入する際に、
お店の人に「内のしでお願いします」と伝えておくと、
そのように付けてくれますよ。

 

最近では、ネット通販でまとめて内祝いを注文する、
といった方も増えてきましたね。

 

ネット通販で注文する際も、伝えると内のしで手配してくれます。

 

ネット通販はほとんどの場合、注文手続き画面で、
のしを付けるか付けないか、内のしか外のしか、
などを記載する欄があります。

 

もし、何もない場合は、メッセージ欄などに一言、
内のしでお願いする文章を、付け加えておくとよいでしょう。

まとめ

結婚内祝いを贈る際は、のしをつけてから、
名前を忘れずに記入しましょう

 

忘れてしまったら、名前入りのしを付け、
再度お菓子などを贈ってもOKです。

 

のしは、『結びきり』のお祝い用を選びましょう。

 

結婚後新婦の名字が変わったら、
新婦のご近所へ贈る際は、新婦の名前のみでもOKです。

 

お菓子の内祝いも、『内のし』で贈りましょう。

ネット通販でも頼めば包んでもらえます。

 

のしの記入事項に悩んだら、ご両親に相談してみましょう!

タイトルとURLをコピーしました