メルカリがメルペイに人工知能による与信審査を導入!心配なことは?

スポンサードリンク

フリマアプリ「メルカリ」の、人工知能を使った与信審査をご紹介します。

 

メルカリでの代金の支払い方法として「メルペイスマート払い」があり、
1ヶ月の利用料金を翌月にまとめて後払いできるというサービスです。

 

メルペイスマート払いは一括での支払いだけではなく、
分割払いが可能な定額払いに設定することもできます。

 

これまで、メルペイスマート払いの定額払いを利用するためには
本人確認の他に所定の審査が必要とされていました

 

今回メルカリは、このメルペイスマート払いの定額払いにおいて
人工知能が審査を行い、限度額を決めるという取り組みを始めました

 

メルカリ利用者による代金支払いや商品発送などの実績から、
人工知能が独自にその人の信用力を分析します。

 

メルペイスマート払いの上限金額にはご利用限度枠というのが設けられており、
その金額の範囲内において、自分で自由に上限を決めるというものです。

 

今回は、メルカリの人工知能を使った与信審査の導入について、
詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

メルカリが人工知能を使った与信審査を導入!割賦販売法の改正が背景にある!

メルカリのメルペイスマート払いでは、1ヶ月の利用料金を翌月に後払いします。

 

メルペイスマート払いの支払い方法は一括もしくは分割のどちらかが選べます

 

分割で支払う場合は、限度額の上限を決めるために、本人確認や審査が必要です

限度額の上限や利用可能かどうかについては、割賦販売法に基づき審査されていました。

 

2020年6月に割賦販売法の改正が成立し、人工知能の与信審査が可能となりました。

 

メルペイスマート払いでは、自分で上限金額を決められるメリットはありますが、
分割払いによる手数料が発生するので、使い過ぎに気を付けなければなりません

 

与信審査が通ったとしても、自分で計画的に買い物をしないと大変なことになります。

 

メルカリが与信審査に人工知能を導入したことは話題となっていますが、
それと同時に、お金を返せなくなる人も現れるのではないかと危惧されています。

 

自分もメルカリを利用していますが、買い物にはメルペイスマート払いによる、
一括払いでの支払い方法を選んで利用させてもらっています。

 

自分の体験談では、メルペイスマート払いの一括支払いが便利だと思っています。

 

その月の上限金額は、あらかじめメルカリが決めた金額までしか使えませんが、
その金額の範囲なら自由に使えて、翌月にコンビニなどで支払えるので便利です。

 

メルペイスマート払いにおける一括での支払いなら
面倒な本人確認や与信審査が必要ないので気軽に利用できます。

 

与信審査が人工知能によって行われるというのは確かに画期的だと思います。

 

メルカリ利用者の実績をもとに、人工知能が信用力を分析するとありますが、
もう少し具体的に基準などを明確にしてほしいなと感じました。

人工知能を使った与信審査は今後普及していくのか?デメリットも考えられる!

割賦販売法の改正に伴い、人工知能を使った与信審査の導入が認められました。

 

分割払いにおける限度額の上限を人工知能が設定するわけですが、
これに関しては賛否両論の意見が多いでしょう。

 

人工知能が優れているということは、ニュースやテレビでも報道されていますが、
与信審査を人工知能が行うことに対しては、自分は正直不安を感じてしまいます。

 

与信審査を行う人工知能のモデルは、精度が非常に高いとされていますが
今まで以上に審査が通りやすくなってしまうデメリットもあるのではないでしょうか

 

人工知能がその人の経済状況やお金の価値観などを正確に分析し、
しっかりとした与信審査ができるかどうかが期待されています。

まとめ

今回は、メルカリでの人工知能を使った与信審査の導入について紹介してきました。

 

分割払いの限度額を人工知能が分析し審査するという仕組みです

 

人工知能は確かに優れていますが、与信審査の場合はどうでしょうか。

 

自分は正直不安なところが多く、審査が通りやすくなることで
お金に困る人も出てくるのではないかと思ってしまいます。

 

今後、人工知能を使った与信審査が普及していくのかどうか、
また、精度がどのくらい正確なのか注目していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました