魚の皮を使った高級製品ならtototo!財布やキーホルダー、iPhoneケースなど!

スポンサードリンク

魚の皮を使った高級製品として、
財布キーホルダーiPhoneケースなどがあります。

 

食用で消費された魚の余った皮を材料にしています。

 

魚の皮を使った高級製品の魅力は、
廃棄物を最小限に抑えられること、そして資源を再利用できるということです。

 

環境にも優しく、使うことで地球に貢献できます。

資源を大切にしたいと思っている人にぜひおすすめしたいです。

 

魚の皮はフィッシュレザーと呼ばれ加工するのにとても手間がかかります

魚の皮を丹念に加工することで、魚臭さが消えて、丈夫な革に生まれ変わります。

 

丈夫で長持ちする革製品を使いたいという人にもおすすめです

 

魚の種類によって皮の特徴が異なるので、商品の多様性に繋がっています。

 

魚の皮を使った高級製品は、富山県氷見市の「tototo」というブランドが作っています。

 

ブリの魚の皮を使ったiPhoneケーススズキの皮を使った財布
キーホルダーなどを製造、販売しています。

 

カラーバリエーションが豊富で高級感のあるアイテムが多数あります。

 

今回は、魚の皮を使った高級製品にはどんなものがあるのか、
代表的な商品やフィッシュレザーの特徴についてもお話ししていきます。

スポンサードリンク

魚の皮を使って作る理由とは?資源の再利用と商品の多様性に繋がるから!

魚の皮を使って作る理由として一番大きいのが、資源を再利用できるからです。

 

そして次に、魚の皮を使うことで商品の多様性に繋がるからです。

 

普段、食用として使われる魚の皮は、そのまま廃棄されてしまっています。

廃棄されている魚の皮は年々増えていて、環境問題となっています。

 

商品の多様性に繋がるとはどういうことかというと、
魚の皮を使うことで従来のレザー製品を上手く再現できるのです。

 

魚の皮には色々な種類があり、スズキや鯛、ブリなどといった、
見た目や手触りがそれぞれ大きく異なっているのが特徴です。

 

それぞれの魚の皮の特徴を活かすことで
ワニ革やヘビ革などといった、見た目や触り心地がそっくりよく似た革製品が出来上がるのです

 

通常、革製品の材料には希少動物の皮が使われており、
最近では動物保護や環境保護の側面で問題視されています。

 

資源を再利用するという側面と、希少な動物を保護するという側面、
魚の皮を使うことで二つの側面を活かした革製品が出来上がります。

 

ただ、魚の皮を使った革製品は加工に手間がかかるため高価です

 

ちなみに、魚の皮を使った財布の値段は、6万4350円です。

 

スズキの魚の皮を使った高級革製品です。

 

かなり値段が高いと思いますが、お洒落な人や自分らしさを大事にする人には、
とても魅力的に感じる財布なのではないかと自分は思います。

魚の皮を使った高級製品は加工に手間がかかるので大変!丈夫で長持ちで魚臭くない!

魚の皮を使った高級製品ですが、加工するのにとても手間がかかります。

 

何度も手間をかけて加工することで、魚臭さが消えるとともに
丈夫で長持ちする革製品に仕上がります

 

加工が完了するまでに約2週間かかるのですが、
その間には、15に及ぶ作業工程を通して丁寧に仕上げられます。

 

ですので、どうしても値段が高くなってしまうのですが、
丈夫で長持ちする革製品を探している人にはおすすめと言えます。

 

加工された魚の皮は色合いが豊かで本当に美しいです。

 

確かに値段は高いのですが、一度使ってみたいです。

 

「tototo」の作った高級革製品の一覧

・iPhone ケース (ブリの皮)1万1000円

・キーホルダー(ブリの皮)1万560円

・二つ折り財布(スズキ、ブリ、マダイの皮)各6万4350円

・カードケース(スズキ、ブリ、マダイの皮)各3万2340円

(tototo公式ホームページより引用)

まとめ

今回は、魚の皮を使った高級製品について紹介してきました。

 

魚の皮はフィッシュレザーと呼ばれ丈夫で長持ちするのが特徴です

普段、食用として使われる魚の余った皮を利用しています。

 

加工に手間がかかるため高価なのですが、丈夫で長持ちします。

資源を再利用して作られているというのは、とても魅力的だと思います。

 

色合いもきれいで美しいので、一度自分も使ってみたいと感じました。

 

興味のある人は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました